初心者にも分かりやすいRaribleを利用したNFTの買い方!

Raribleは現在、世界でも大きな人気を獲得しているNFTマーケットプレイスであり、独自トークンや審査不要の出品システムが魅力とされています。また、初心者でも簡単に操作できるインターフェイスも利便性が高く、最初に利用するプラットフォームとしてもおすすめです。

本記事ではRaribleにおけるNFTの買い方を解説するため、これからNFTを検討している方はぜひ参考にして下さい。

Raribleを利用したNFTの買い方

rarible NFT

ここではさっそく、Raribleを利用したNFTの買い方について見ていきましょう。基本的な購入の流れは以下の通りであり、通常のECサイトと大差のない手軽さを備えています。

  • RaribleでNFTを買う前に用意するもの
  • Raribleのアカウントを作成する
  • Raribleに出品されているNFTを見に行く

これらを実施すれば誰でも簡単にNFTを購入することができるため、それぞれの項目毎に詳しく解説します。

RaribleでNFTを買う前に用意するもの

RaribleでNFTを買う際は、あらかじめ次の2つを準備しておきましょう。

  • イーサリアム(仮想通貨)
  • MetaMask(オンラインウォレット)

Raribleはイーサリアムブロックチェーンを基盤に構築されているため、購入資金となる仮想通貨はイーサリアムを採用しています。そのため、現在保有していない方は仮想通貨取引所で事前に準備する必要がありますが、現在仮想通貨市場の中で最もメジャーな通貨の1つであるため、一般的な取引所であればどこでも手に入るでしょう。

そして無事に購入できた後は、マーケットプレイスで利用できるようにオンラインウォレットを開設しなくてはなりません。参考までに、オンラインウォレットとは仮想通貨やNFTを保管及び管理するための財布のような役割持っており、特に知名度が高いのはMetaMaskです。

インターネットに接続されていないコールドウォレットであることからハッキングに対するセキュリティが高く、最低限のリスクで運用できます。また、 Metamaskはイーサリアムブロックチェーンとの相性も良いことから、スムーズな決済を求める方はまずアカウントを持っておいた方が良いでしょう。

MetaMaskの詳細

先ほど触れた通りRaribleでNFTを購入するには、仮想通貨を保管するオンラインウォレットであるMetaMaskを用意する必要があります。ここでは一度MetaMaskの詳細について触れておきましょう。

ブロックチェーン上に存在する仮想通貨は通常のブラウザでは閲覧することができず、取引所等のプラットフォームを介してしか管理が行えません。しかし、MetaMaskはPCにインストールすればブラウザの拡張機能として導入可能であり、スマートフォンならアプリとして利用できます。すなわち通常の法定通貨と同じように送金決済が行えるのです。

また、MetaMaskで管理できるのはイーサリアムベースの仮想通貨であることから、Raribleとの親和性が大変高いツールといえるでしょう。もちろんRaribleの利用に限らずイーサリアムの発展自体が世界中で注目されているため、MetaMaskを利用してイーサリアムを保有することは今後の投資においても得策です。

参考までに、MetaMaskへのイーサリアム送金方法は以下の通りとなっています。

  • 取引所の口座開設
  • 開設した口座に日本円を入金
  • 取引所でイーサリアムを購入
  • MetaMaskをインストール
  • MetaMaskへイーサリアムを送金

これらを行えば誰でも簡単に格納できるでしょう。また、PCのブラウザ拡張機能を使ってMetaMaskをインストールする手順は次を参考にして下さい。

まずはGoogleChrome等のブラウザでMetaMaskにアクセスし、自身の利用環境を選択しましょう。

metamask ブラウザ

参照:METAMASK

次に右側の「ウォレットの作成」をクリックします。

metamask ウォレット

参照:METAMASK

そして、自身のメールアドレスやリカバリーフレーズを入力すれば以下のようにMetaMaskのプラットフォームが起動します。

metamask プラットフォーム

参照:METAMASK

もちろん利用料はかからず、様々なブロックチェーンサービスに利用できるため、すぐにチャレンジする予定がなくとも取り急ぎアカウントを発行しておいても良いでしょう。また、Googleであれば拡張機能にセットアップする表示がされるため、後の使い勝手を考慮すると基本的に実施しておくのがおすすめです。

Raribleのアカウントを作成する

イーサリアムとMetaMaskの準備ができたら、Raeibleの公式サイトにログインしてアカウントを作成していきましょう。まずはトップページ右上の「Sign in」をクリックして下さい。

rarible アカウント

参照:Rarible

次に接続するオンラインウォレットの選択画面が表示されるため、事前に準備していたMetaMaskをクリックします。

rarible ウォレット

参照:Rarible

そして自身のアカウント名が間違いないことを確認して、「接続」ボタンをクリックするとRaribleのサイト内規約が表示されるため、内容を読んだら同意しましょう。

また、Raribleは日本語に対応しています。もし英語表記が苦手な方は設定を変更して日本語表記に切り替えて下さい。

Raribleに出品されているNFTを見に行く

Rariblenアカウント作成が完了したら、マーケットプレイスにアクセスしてNFTを閲覧しにいきましょう。

rarible アイテム

参照:Rarible

Raribleではアート作品を中心にブロックチェーンのゲームアセットまで幅広くラインナップされています。
美麗なグラフィックアイテムが多数出品されているため、資産形成だけでなくコレクタブルの目的でも楽しむことが可能です。

NFTの購入手続きを行う

マーケットプレイス内で気になるNFTを見つけたら、サムネイルをクリックして詳細ページに進みましょう。

NFT 購入

参照:Rarible

上記の通り購入ページには即時購入のbuyと入札価格を決めるbidがありますが、オークション形式の場合は即時購入ができない点に注意して下さい。そしていずれかを選択すればMetaMaskが起動し、決済が行われます。

Raribleの特徴

rarible 特徴

ここからは、Raribleの特徴について解説していきます。

  • NFTが他のマーケットプレイスに比べて安価
  • RaribleでNFTを買うと独自のトークンRARIがもらえる
  • RARIを保有しているとRaribleの運営に関われる

それぞれ詳しく確認しましょう。

NFTが他のマーケットプレイスに比べて安価

Raribleは他のマーケットプレイスに比べてNFTの価格相場が安価な特徴を持っています。その理由としては出品時に審査が必要なく初心者にも使いやすいインターフェイスといった参入ハードルの低さが挙げられており、比較的若手のクリエイターが多い傾向です。

そして2021年10月には「lazy minting」という新機能をリリースしたことから、NFT作成時に発生するガス代が無料という付加価値が加わりました。中にはセレブご用達の完全招待制マーケットプレイス等も存在しますが、Raribleならそういった敷居の高さを感じずにフリーマーケット感覚でNFTが購入できるでしょう。

RaribleでNFTを買うと独自のトークンRARIがもらえる

Raribleでは独自トークンの「RARI」を発行しており、ユーザーはNFTを売買するだけで獲得することが可能です。購入資金としてはもちろん昨今は大幅に価格高騰が進んでおり、Raribleにおける利点だけでなく投資銘柄としても有望となっています。

一方、国内取引所では一切取り扱っておらず、購入する際は海外取引所を利用する他ありません。

RARIを保有しているとRaribleの運営に関われる

RARIトークンは先ほど触れた特徴のみならず、保有量に応じてNFTの展示方法や利用方法といったRaeibleの運営に関する議決権を持つことができます。したがって、保有者はただのユーザーというだけではなく、より深くNFTの世界に関われる特典もあるのです。

ただし、株式のような配当機能はついていないため、得られるベネフィットは事前に確認しておく必要があります。

RARIトークンの今後の展望

rari 今後の展望

RARIトークンを運用する上では、今後の展望について把握しておいた方が良いでしょう。現在は毎週75,000枚のペースで発行されており、今後も発行枚数、ユーザー数共に増えていく予想がされています。

また、RARIトークンはRaribleや海外取引所のみで取り扱っていますが、アルトコインの取り扱いが豊富な国内取引所等に上場する可能性もあるでしょう。さらに業界最大手のOpenSeaとも連携しているため、RARIトークンを利用したOpenSeaのNFT取引、あるいは逆にOpenSeaの利用者がRaribleでNFTを購入し、RARIトークンを保有することで取引量が増加する可能性があります。

NFTの将来性

NFT 将来性

NFTはデジタルコンテンツをこの世で1つの資産に昇華できる技術であり、アートや音楽等のサブカルチャー以外にも、不動産といったデジタル分野と関わりが弱かった業界にでも活用され始めています。本格的な実用化はまだこれからという段階ですが、これから様々な分野に波及していく期待も持てるでしょう。

様々なものがNFT化されている

NFTは現在ゲーム分野での実用化が進んでおり、昨今は不動産の権利やチケット販売でもNFTが導入され始めています。また、その他の注目度の高い分野は以下の通りであるため、今後乗り遅れないためにもきちんと把握しておきましょう。

  • アート分野
  • ファッション分野
  • 出版業界

また、今後信頼性が向上していけばインフラにも導入される可能性もゼロではないため、投資の観点からも注目しておくのがおすすめです。

海外だけではなく国内でも需要が拡大している

海外だけではなく、国内においてもNFTマーケットプレイスは増加傾向です。主要どころは以下の2社ですが、その他にも小規模ながら魅力的な特徴を備えたプラットフォームが続々と誕生しています。

  • Coinchack NFT(β版)
  • Adam byGMO(β版)

今後チャレンジを検討している場合は、できる限り多くのマーケットプレイスで無料アカウントを発行しておくのがおすすめです。

国内のNFTニュース

国内 NFT

2021年5月にブロックチェーンゲームのリードカンパニーであるCryptoGames株式会社と一般社団法人オタクコイン協会が若手クリエイターを巻き込んだコラボを行い、Rariblのマーケットプレイスでオークションを開催しました。その際、世界最年少となる14歳のWet Chihuahua氏も参加したことも大きな注目を集めており、NFTの多様性が再認識されたイベントともいえるでしょう。

まとめ

本記事ではRaribleでNFTを買う方法、そして独自トークンであるRARIの将来性についても解説してきました。Raribleではシンプルな手順を踏めば誰でもNFTの購入が可能となっており、クリエイター側も低コストで出品することができます。

また、RARIトークンを獲得すれば購入資金にできるだけでなく、議決権を行使して運営に携わることも可能です。Openseaとの連携も注目度を高めているポイントであるため、現在NFTを検討している方はぜひ利用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close