OpenSeaとは? 最大規模のNFTマーケットプレイスの使い方を解説

NFTを取引するためには、専用プラットフォームであるマーケットプレイスが必要不可欠です。

しかし、オンラインウォレットとの連携や購入、出品のやり方が分からないために、効率的な運用ができていないという初心者も少なくありません。

そこで今回は、NFT市場において最大の規模を誇るOpenSeaの使い方について解説していきますので、現在利用している方はもちろん、NFTを検討している方も是非参考にして下さい。

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイス

参照元: https://opensea.io/

現在の市場では大変多くのNFTマーケットプレイスがリリースされていますが、OpenSeaの取引規模はその中でもトップクラスとなっており、アクティブユーザー数100万以上、1日あたりの平均取引額は830万ドル、最高額に至っては1440万ドルと他とは一線を画す数字を誇っています。

したがって、OpenSeaを利用すれば出品者はより多くの販売チャンスに恵まれ、購入者も多彩なアイテムを入手することが可能であり、NFTの需要が拡大している現状においてそのベネフィットは更に高まっていくことが予想されています。

OpenSeaの使い方

ここからはOpenSeaの購入、出品方法を具体的に解説していきます。初心者は難しく思えるかもしれませんが、専門知識がなくても簡単に利用することができるため、是非参考にして下さい。

オンラインウォレットアカウントの作成

OpenSeaを利用する際は、まずオンラインウォレットのアカウントを作りましょう。

これはブロックチェーン上に自身のアドレスを構築、そして購入したNFTと支払いに利用するイーサリアムを格納するために必要となります。

今回は多くのマーケットプレイスで採用されているMETAMASKを例に見ていきましょう。

参照元: https://metamask.io/download.html

公式サイトにアクセスしたら、Googleやスマホといった利用環境を選択してインストールして下さい。

ちなみにこの際、登録料等が請求されることはありません。

参照元: https://metamask.io/download.html

次に右側の「ウォレットの作成」をクリックして、自身のメールアドレスやパスワードを登録すればアカウントの作成は完了です。

参照元: https://metamask.io/download.html

ここまで特に難しい操作はなく、基本的には即日で利用することが可能です。また、Googleにインストールした方は拡張機能にセットしておきましょう。

購入方法

オンラインウォレットを作成した後は、OpenSeaの公式サイトにアクセスして紐づけ作業を進めていきましょう。ちなみに購入する際は特にアカウント等を作成する必要はありません。

参照元: https://opensea.io/

まずはトップ画面の右上にある人型アイコンをクリックしましょう。

参照元: https://opensea.io/

そしてMETAMASKのシンボルマーク下にあるSign inをクリックすれば紐づけ作業は完了です。

ちなみにこの作業をしないでNFTを購入(できない仕様ですが)しても、OpenSeaから持ちだして格納するためのブロックチェーン上の受け皿がありませんので、知識の一環として覚えておきましょう。

参照元: https://opensea.io/

次にトップ画面の「探索」をクリックして出品アイテム一覧からNFTアイテムを探していきましょう。この際、アイテムカテゴリーや出品時期を絞ってソートするとより効率的になります。

参照元: https://opensea.io/

気になるアイテムをクリックすると購入画面にジャンプします。

この時、支払いに利用するイーサリアムがない場合はチェックアウトして「Add Funds」で仕入れるか、仮想通貨取引所を利用してオンラインウォレットに格納して下さい。

そして「But now」あるいは「今すぐ購入」をクリックすれば完了です。

出品方法

OpenSeaで出品する場合は出品者アカウントを作成する際手数料が発生するため、最初にオンラインウォレットに0.06ETH(約120ドル)を格納しておきましょう。

参照元: https://opensea.io/

そしてトップ画面から「作成」をクリックします。

参照元: https://opensea.io/

次に「MyCollections」の「Create a collection」をクリックしましょう。

参照元: https://opensea.io/

この画面にジャンプしたら、ショップ名や紹介文、アイテムカテゴリー等を入力して最後に「Create」をクリックして下さい。

この時、冒頭で触れた手数料が発生するため、一度残高を確認しておきましょう。そして無事アカウントが作成できたら自身のデジタルコンテンツを登録して「Sell」をクリックし、以下の注文方式を選択します。

  • Set Price…値段を決めて出品する方式
  • Highest Bit…オークション方式
  • Bundies…NFTをセット販売する方式

最後に「Post your Listing」をクリックして、出品するためのガス代を支払えば完了です。

出品できるカテゴリー

OpenSeaで出品できるカテゴリーは以下の通り幅広く、NFT特有のユニークなものもあります。

  • NFTアート…イラストやVRアート、写真
  • ドメイン名…ブロックチェーン上で利用できるドメインネーム
  • バーチャルワールド…仮想空間やゲーム上で利用できるアイテム
  • Music…音源のNFTアイテム
  • トレーディングカード…NFT化されたスポーツ選手やキャラクターのカード
  • グッズ…一点物のコレクタブルアイテム
  • スポーツ…スポーツ関連のNFTアイテム
  • ユーティリティ…ブロックチェーンコミュニティへのアクセス権

ちなみに初心者はイラスト等が作成しやすいため、NFTアートからチャレンジすると良いでしょう。

ガス代(手数料)について

ブロックチェーン上で取引(売買やNFTの発行)する際は、膨大な件数の中から優先的に処理させるために、ガス代と呼ばれる手数料を作業者に対して支払うことになります。

そしてOpenSeaでは、購入時と販売時それぞれで必要になり、NFTの発行自体は無料で行うことが可能です。特に処理件数が増える週末は高額になることがあるため、注意しながら運用していきましょう。

関連記事: NFT仮想通貨の購入方法 -かかる税金やガス代についても解説-

OpenSeaの提携企業とは

提携企業の多さはNFTマーケットプレイスの認知度や信頼性の裏付けであり、特にOpenSeaは大手や業界の有名どころが集まる傾向があります。

クリプトアートジャパン

企業ではありませんが、クリエイター支援プロジェクトであるクリプトアートジャパンと提携し、「燃えるアート展」にて出展されたNFTアートが販売されました。

ちなみにオリジナルであるアナログ素材のアートを爆破焼却した動画もセットで販売されており、大きな話題となっています。

コカ・コーラ

これまで様々なコレクターズアイテムをリリースしてきた飲料業界大手のコカ・コーラ社も、初のNFTアイテムをOpenSeaでオークション方式で出品しており、旧型の冷蔵庫等を模したユニークなデザインは約6,200万円という高額で落札されました。

gumi×double jump tokyo

NFT市場の主要企業であるdouble jump.tokyo株式会社は、関連企業である株式会社gumiと共同で、同社の連結子会社が運営する人気ゲーム「ブレイブフロンティア」のキャラクタードット絵をOpenSeaで販売しており、リリースから早々に完売というヒットを記録しています。

まとめ

今回解説したOpenSeaは世界でも最大規模の取引量を誇るNFTマーケットプレイスであり、アクティブユーザー数も100万を超えていることから、知名度、信頼性共に業界トップクラスといえるでしょう。

そして企業や団体が新たなアイテムをリリースする際も起用されることが多いため、NFTを購入する上では大変有利な環境であり、もちろん出品者も効率的に販売することが可能です。

また、初心者の最初のマーケットプレイスとしても大変おすすめであるため、現在NFTを利用した資産形成を検討している方は、本記事を参考にオンラインウォレットの作成から始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close