【仮想通貨NFT】時価総額15億ドルのOpenSeaの特徴と展望を解説

NFTが話題になってから急激に成長を遂げている大手マーケットプレイス「OpenSea」は、評価額が15億ドルにも昇るユニコーン企業となりました。ただ、OpenSeaが時価総額15億ドルといってもそのような評価額が付いた理由が分からなければ、マーケットプレイスとして起用する参考材料にはならないでしょう。

そこで本記事では、大手NFTマーケットプレイスであるOpenSeaに莫大な評価額がついた理由や今後の展望についても解説していきます。

NFTとは

NFT とは

通常、ブロックチェーン上に発行されたトークンは同じ種類であれば、誰が持っても同じ価値を保有しているため、仮想通貨のように決済や売買の手段に用いられています。一方、NFT (Non-Fungible Token) はブロックチェーン上で発行された代替不可能なトークンを指しており、デジタルコンテンツをこの世でたった1つの資産に変えられることから、市場で大きな注目を集めているのです。

ただし、NFTが証明するものは発行者や識別ID、現在の所有者といった情報であるため、実際の著作権を保有している人物とNFTの発行者を識別することはできず、著作権の保護に関しては今後の改善が期待されています。

NFTの仕組みと特徴

NFT 仕組み 特徴

ここからは、NFTに価値が見出される理由や、特徴についてを解説していきます。運用する上では当然重要なポイントであるため、きちんと押さえておきましょう。

唯一性

NFTが代替不可能であるのはブロックチェーン技術により、そのデジタルコンテンツが唯一無二の存在であるという「唯一性」を証明されているからです。現状ほとんどのNFTにおけるプラットフォームに起用されているイーサリアムブロックチェーンでは、ERC721という共通規格によってこの唯一性を担保していました。

そして、ERC721というベースに対してコンテンツの見た目、発行者、識別IDといった固有情報を付与することで、そのNFTがコピーのできない代替不可能なものへと変えるのです。より具体的に解説すると、あるゲーム内で獲得した「黒い猫」というNFTアイテムには、全く同じ固有情報を持ったものは2つとありません。

したがって、見かけ上同じ「黒い猫」であっても、そのNFTアイテムと所有者の組み合わせは世界に一つしか存在し得ないという仕組みです。

移動可能性

NFTは共通のブロックチェーンで作成された分散型アプリケーション(Dapps)内であれば、ユーザーの任意で移動させられます。たとえば、ゲームAに登場する「スコップ」は同じDappsのゲームBでも利用することが可能であり、アイテムとして仮想通貨を用いて売買や交換できるということです。

このような一つのサービスから他方のサービスにアイテム、価値を移動できる仕組みはデジタルコンテンツや知的財産の分野において革新的な技術であり、NFTだけでなく仮想通貨取引所においてもその仕組みが採用されています。

作成者

NFTの作成においては権利や資格といった条件が一切考慮されず、誰でも自分自身のアイテムとして発行することが可能です。
そのため、現在市場に流通しているNFTは特定の団体が独占的に保有しているものではなく、実際の発行者となるアーティストや運営している組織といった様々な発行者が存在しています。

そして、実際にNFTを取引する上では、ブロックチェーン上に構築されたプラットフォームを有するNFTマーケットプレイスを活用するのが基本となっており、冒頭で触れたOpenseaはその中でも特に取引額が大きく、多彩なアイテムを取り扱っているのです。

NFTマーケットプレイスとは

マーケットプレイスとは

NFTの特性が理解できたところで、ここからはNFTマーケットプレイスを詳しく解説していきます。

NFTマーケットプレイスの仕組み

NFTマーケットプレイスとは、ブロックチェーン上に構築された売買プラットフォームであり、NFTの売買や交換等に特化しています。実際のところ、表面上の機能や操作感は通常のECサイト等とほぼ変わらず、売りたい方と買いたい方がマッチングする仕組みであるため、分かりにくい場合は「NFTを売買するウェブサイト」というイメージを持っておけば問題ないでしょう

ただし、通常のウェブサイトのように米ドルや日本円のような法定通貨で取引することはできず、基本的に同じブロックチェーン上で発行されている仮想通貨にしか対応していません。そして、現在流通しているNFTのほとんどはイーサリアムブロックチェーンによって発行されているため、取引を行う際は仮想通貨のETHが主な取引通貨となります。

NFTマーケットプレイスの市場規模

NFTの需要拡大に伴い、マーケットプレイスの取引規模は急激な成長を遂げています。その一例として挙げられるのがデジタルアーティスト「Beeple」による「Everydays -The First 5000 days-」というNFTです。

この作品はBeepleが5000日という膨大な時間をかけて描いてきたイラストを一つのNFTとして集約したデジタルアートであり、約75億円という落札額は歴史的な水準といえるでしょう。
また、2021年8月時点でのNFTマーケットプレイス全体における取引高は30億ドルを優に超えており、その内90%以上をOpenseaが占めています。

OpeanSeaとは

Openseaとは

ここからは、Openseaの概要や特徴を見ていきましょう。NFTマーケットプレイスの基本知識についても解説するため、初心者は是非参考にして下さい。

概要

世界的大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」の基本情報は以下の通りです。

会社名 Opensea
評価額 15億ドル*
設立 2017年
CEO デビン・フィンザー (Devin Finzer)
本部所在地 アメリカ ニューヨーク
事業内容 NFTマーケットプレイス運営

*評価額は2021年の資金調達時の情報に基づく

OpenSeaの特徴

Openseaは他のマーケットプレイスにはない特徴を持っており、それぞれがNFTを効率的に運用できるメリットともいえるでしょう。

多くのブロックチェーンに対応

NFTマーケットプレイスは基本的に対応しているブロックチェーンが決まっていますが、OpenSeaはイーサリアムを中心に様々なブロックチェーンに対応しています。具体的には、Klaytn・Polygon(Matic)・Tezos の3種類となっており、特にPolygonはガス代高騰に対するソリューションとして話題に挙げられることも少なくありません。

そして、OpenSeaは経済圏の拡大と市場全体の課題を解決するために、複数のブロックチェーンに対応してきた実績があり、今後も更なる発展が予想されています。

誰でも有名人の作品を購入可能

NFTマーケットプレイスではアーティストやスポーツ選手、芸能人のアイテムを誰でも購入できますが、ローンチしたばかりの小規模なところでは、そもそも取り扱っていないケースがあります。

一方、Openseaは業界最大規模の知名度を誇ることから、販売者側としても一定以上の販路が期待できるマーケットプレイスです。したがって、購入者は高額取引が期待できる著名人のNFTアイテムを手に入れるチャンスをより多く掴めるでしょう。

NFTを無料作成

通常のマーケットプレイスでは、NFTを発行する際にブロック生成作業(マイニング)に対する対価としてガス代を支払わなくてはなりません。しかし、OpenSeaはNFTの発行に際してガス代が発生しないため、販売者は低コストでより多くのアイテムが出品できるメリットがあります。

また、そういったNFTの減価になる要素が削減できることから、購入者にとっても良質な作品が比較的安く手に入る可能性を持ったマーケットプレイスといえるでしょう。

販売方法は主に2つ

OpenSeaの販売方法は主に2つとなっており、まず1つ目は一般的な店舗やウェブサイトで物を販売する時と同様、あらかじめ設定した価格で販売する方法になります。そして2つ目がオークションによる競売方式であり、販売者ではなく購入者同士の競争によって価格が決定する仕組みです。

当然購入希望者が多い作品ほど高値がつきますが、価値が見出されなければ低価格で落札されてしまいます。したがって、不特定多数の中で埋もれてしまわないよう、常時情報発信をしているサイトやSNSのリンクも併記して、自身のステータスや普段の活動が分かるようにしてみて下さい。

操作方法がわかりやすく日本語に対応

OpenSeaは他のマーケットプレイスに比べて直感的に操作できる仕様となっており、初めて利用する方にも扱いやすい売買プラットフォームです。また、自動翻訳で若干ニュアンスに違和感があるものの、日本語にも対応したサイトであるため、英語が不安な方でも簡単に利用できます。

資金調達

ニューヨークを本拠地としているOpenSeaは、2017年の創業以来トップリーダーとしてNFTマーケットプレイスを牽引する成長速度を見せています。そして、そういったポテンシャルを支えているのはCEOを始めとする運営陣の働きはもちろん、資金面等の支援をする投資家からの資金調達です。

実際にOpenSeaは2017年の半ばの時点で15億ドルの評価額、シリーズBラウンドでは1億ドル、シリーズAラウンドでは2300万ドルの資金調達に成功しており、ブロックチェーンへの投機機会として有望であること、そしてそういった市場のパイオニアとして優位性が高いことを如実に示した結果といえるでしょう。

また、OpenSeaはユーザー体験向上のために調達資金を積極的に投資に活かす姿勢も持っています。具体的には、先ほど触れたガス代高騰問題のソリューションとなるブロックチェーン「Polygon」の実装が代表的であり、OpenSeaはそういった取り組みを持って、仮想通貨市場確固たる地位を誇るCoinbaseと同様、市場の中心的存在になるプラットフォームの実現を目指しているのです。

売上の成長

OpenSeaは2021年8月の時点で約6万件/1日という膨大な取引量を記録しており、2021年3月に最高記録となった数値の約8倍にあたることから、依然として高い需要を維持している様子が伺えます。また、取引額に関しては2021年4月の約400万ドル程度でしたが、4ヶ月後の2021年8月時点では約4倍にもなる1.6億ドルを記録しました。

そういった売上の推移を深く理解するために、各分野におけるNFT需要の拡大に触れておきましょう。

まず、スポーツ分野ではアメリカのバスケットボール・野球選手のトレーディングカードやファインプレーのハイライト動画をNFT化したものが人気となりました。そして、アートはもちろんゲーム、アイドルといった多分野にまで波及し、それらコンテンツ量も日々驚異的な速度で増加しています。

また、あくまで一過性の要因となりますが、新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウンによって在宅時間が飛躍的に伸び、インターネットに触れる時間が増えたことも挙げられるでしょう。以上がNFTの爆発的な売上向上に寄与している要因であり、今後も市場のニーズやトレンドに合わせて新たな活用方法が見出されていく予想がされています。

成長阻害の要因

成長阻害原因

OpenSeaの成長阻害要因としては、数年前の段階から指摘されていたガス代高騰問題が挙げられます。現在はPolygonの実装によってある程度回避する方法はありますが、未だイーサリアムほどのメジャーなブロックチェーンとはいえず、逆に依存度が今後高まればPolygonですら処理能力の限界を迎えてしまう可能性があるのです。

以上のことから、ブロックチェーンを利用していく上で顕在化する問題を常に解消し、素早い周知と解決こそがOpenSeaにとって成長の要といえるでしょう。

これからの展望

展望

OpenSeaのCEOであるフィンザー氏は今後の展望について、ユーザビリティの高いプラットフォームになることを提言しています。具体的な施策としては、取引コストの低減や様々な支払い方法の実現等多岐に渡りますが、OpenSeaの規模、資金力を考えるとこれらが実行される可能性は十分に見込めるでしょう。

まとめ

OpenSeaはNFTの黎明期から取引可能なプラットフォームとして最先端を走り、ユーザーファーストのアップデートにより多くの投資家から親しまれてきました。

そして、OpenSeaは最大手というポジションに甘んじることなく、これからも更なる発展を続けていく期待も持てるため、NFTのチャレンジを検討している方は是非OpenSeaで気になるアイテムを探してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close