NFT主要マーケットプレイス一覧比較 日本国内・海外のプラットフォームの特徴とは!?

近年注目を集めているNFTは国内や海外のマーケットプレイスにおいて取引されています。これらのNFTマーケットプレイスはそれぞれ特徴をもっており、自身に合ったマーケットプレイスを探す必要があります。今回はNFTのマーケットプレイスについて解説するとともに、国内及び海外の主要なマーケットプレイスについて紹介します。

NFTのマーケットプレイスとは!?

NFTマーケットプレイスとは、NFTの売買を行うことができるプラットフォームを指します。NFTに関するあらゆる取引は、NFTマーケットプレイスで行えると考えても問題ありません。

NFTマーケットプレイスでできる主な取引として、NFTの新規発行自身が作成したNFTの販売、またマーケットプレイス内のNFTコンテンツを売買が挙げられます。

また、アート作品や音楽等の作品もNFTとして取引されることから、投資目的の利用に限らずアーティストの新たな活動場所としても注目を集め始めています。NFTの普及とともに、今後はさまざまなコンテンツの取引が可能になると考えられています。

NFTマーケットプレイスは国内外に多数存在する

NFTマーケットプレイスは日本国内や海外に複数存在しています。特に海外ではNFTに対する注目の高まりから、大企業も含めさまざまな企業がNFT事業及びNFTマーケットプレイスの開設に参入する動きが見られます。

また、NFTマーケットプレイス自体の役割に大きな違いはないものの、顧客を呼び込むためのキャンペーンや独自のサービスを打ち出しているNFTマーケットプレイスも増えつつあります。よって自分自身のニーズに合ったNFTマーケットプレイスを選んで取引を行う必要があり、今後は国内だけでなく、海外のNFTマーケットプレイスの動向についても注視していくことが大切です。

NFTマーケットプレイスの一覧

NFTマーケットプレイスは国内や海外に複数存在していますが、特に海外に多く見られます。今回は海外と国内の主要なマーケットプレイスが持つ特徴について紹介します。

海外のNFTマーケットプレイス

ここでは海外のNFTマーケットプレイスについて解説します。NFTの取引自体が海外を中心に盛んであることから、複数のNFTマーケットプレイスが開設されています。それぞれの特徴を把握した上で取引する場所を選ぶようにしましょう。

OpenSea(アメリカ)

OpenSeaとは、アメリカのNFTマーケットプレイスであり、業界最大手として強い信頼を獲得しています。

デジタルアート作品等を制作するアーティストの作品も多数取引されている実績があります。初めてNFTマーケットプレイスを利用したいと考えている初心者にとってはおすすめのサービスといえます。業界内の認知度の高さからも、今後ユーザー増加に伴う取引量増加が見込まれます。

参考: OpenSea

Sorare Marketplace(フランス)

Sorare Marketplaceは、フランスにおいて開設されているNFTマーケットプレイスの一つです。

主な特徴として、現実のサッカー試合結果と連動するトレーディングカードゲーム「Sorare」を扱っている点が挙げられます。Sorareは一般的なトレーディングカードゲームとは異なり、選手のステータスが現実の試合結果によって変動するシステムが採用されています。

今後は更に規模を拡大し、より多くのプレイヤーをSorare上でトレーディングカードとして扱えるようになると予想されています。

参考: Sorare Marketplace

Rarible(アメリカ)

Raribleは主にデジタルアート作品を扱うNFTマーケットプレイスです。

創業自体は2020年であることから比較的新しいNFTマーケットプレイスであるものの、業界大手のOpenSeaと同水準のユーザー数やNFT取引量を記録しています。

デジタルアート作品に興味を抱くユーザーはRaribleを積極的に利用していることから、今後もアート作品の取引量は増えることが予想されます。またRaribleでは独自トークンの「RARI」を発行しています。RARIを保有しているとマーケットプレイス内の投票等に参加することができるため、自身が気に入っているアーティストの人気を押し上げることも可能です。

参考: Rarible

Foundation(アメリカ)

FoundationはアメリカのNFTマーケットプレイスであり、アーティストの登録を行う際に事前審査制度を採用しています。

アーティストに対して事前審査を行うことで、低品質なデジタルアート作品が取引されることを未然に防ぎ、アート作品の品質を向上させるよう管理しています。

このような背景からアーティストからの信頼も強く、著名なアーティストでFoundationを中心に活動しているという人も見受けられます。今後もさまざまなジャンルのデジタルアート作品を中心にNFT取引が増えると考えられます。

参考: Foundation

SuperRare(アメリカ)

SuperRareは今年3月に大規模な資金調達を発表し、近年大きく取引量を伸ばしているNFTマーケットプレイスです。SuperRareにおいても、Foundationと同様にアーティスト登録の際に事前審査制度を採用しています。

サービスとしては2018年からスタートしていることから、デジタルアート作品の取引に関するノウハウの蓄積は業界内でも上位であるといえます。また急速な成長を遂げていることから、投資先としても注目を集めており今後の成長に大きな期待を寄せられるNFTマーケットプレイスとなっています。

参考: SuperRare

MakersPlace(アメリカ)

MakersPlaceはサンフランシスコを拠点として運営されているNFTマーケットプレイスであり、普段使うウェブサービスと共通した操作性で初めての人でも使いやすい点が特徴です。

また、MakersPlaceではイーサリアムの他にクレジットカードを決済手段に用いることも可能となっています。NFTマーケットプレイスにおいてクレジットカード決済に対応しているものは多くないため、利便性の面では独自の強みを持っているといえます。

一方で現在の対応言語は英語のみであることから、日本国内における普及には時間がかかると考えられます。

参考: MakersPlace

Enjin MarketPlace

Enjin MarketPlaceはゲームアイテムを中心に扱うシンガポールに拠点を置く企業によって運営されているNFTマーケットプレイスです。

運営会社自体がソーシャルゲームに関する事業を積極的に行っていたことから、NFTの取引内容もゲームアイテムが多い傾向にあります。またゲーム事業とNFTに関するノウハウが蓄積されていることから、「マインクラフト」のように著名なゲームでNFTの導入を検討している作品との開発を行った経緯もあります。今後はゲームとNFTを繋ぐ重要な役割を担うと考えられます。

日本国内のNFTマーケットプレイス

現状、NFT投資は海外のマーケットプレイスで盛んに取引されていますが、日本国内にもNFTを扱うマーケットプレイスは存在します。しかし国内におけるNFTへの関心も低いことから、海外と比べて数が少ないというのが現状です。

Nanakusa

Nanakusaは日本で初めてリリースされたNFTマーケットプレイスです。扱っている商品として、デジタルアート作品の他に動画のNFTも多数扱っているという特徴があります。

また、NanakusaではNFTを発行する際のプロックチェーンをイーサリアムとポリゴンの2種類から選択することができます。

イーサリアムは「ガス代」という手数料が高くかかってしまうことがデメリットとされており、手数料を低く抑えたい場合はポリゴンを選択できることが強みといえます。日本初のNFTマーケットプレイスであることから、今後日本国内において更に知名度を上げていくことが予想できます。

参考: Nanakusa

Coincheck NFT

Coincheck NFTは、仮想通貨取引所として有名なコインチェック社が運営するNFTマーケットプレイスです。Coincheck NFTでは、Coincheckの口座を保有していればNFTの購入や保有を行うことが可能となります。

一般的には、新たにNFTマーケットプレイスで取引を行う際にアカウント作成等の作業が必要となってくるため、Coincheckの口座を持っているだけでNFTに関する取引を行える点は非常に利便性が高いといえます。

今後は仮想通貨の取引とともにユーザー数も更に増えていくことが考えられます。

参考: Coincheck

TOKEN LINK

TOKEN LINKは、自社で開発しているソーシャルゲームである「CrossLink」のゲーム内におけるNFTアイテムの取引を皮切りに誕生したNFTマーケットプレイスです。

TOKEN LINKではゲーム内のアイテムを世界中のプレイヤーと取引することが可能であり、ゲーム内のアイテムはそのまま資産として保有することができます。またCrossLinkは位置情報をブロックチェーン技術を組み合わせたゲームであり、ゲーム内で土地の取引等のビジネス的な取引を行うことを可能としています。

参考: TOKEN LINK

まとめ

今回はNFTを扱う国内・海外の主要なマーケットプレイスについて解説しました。

今回紹介したNFTマーケットプレイスだけでもそれぞれが特徴を持っており、今後も更に多くのNFTマーケットプレイスが誕生していくことが考えられます。

また日本国内のNFTマーケットプレイスは海外よりも少ないのが現状です。これは、海外よりも日本国内においてNFT自体の認知度が低く、企業もNFT事業に対して積極的に参入していないということに起因しています。

しかし、将来的には日本国内においてもNFTマーケットプレイスの数が増えていくことが予想できるため、数が増えても自分に合ったNFTマーケットプレイスを選んでいくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close