オークションで高額落札されるNFTが続出⁉︎ 落札事例についても解説

NFTは仮想通貨を用いて購入する他に、オークションで落札して手に入れることも可能です。

特に希少価値が高いNFTについてはオークションに出品され、高額で落札されるケースが多く見られます。

今回はオークションに出品されたNFTの事例と、NFTを出品する方法について解説します。

なぜNFTはオークションで高額取引されるのか!?

ここではNFTの特徴及び、NFTがオークションで高額落札される理由について解説します。

NFTは高い希少性を持つ商品が多く、結果として高値であっても購入したいと考える人が多数存在しています。NFTの希少性の高さの理由や、資産として保有する上で優れている点についても説明していきます。

NFTとは!?

NFTは日本語で「代替不可能なトークン」という意味を持っており、製作者や保有者について暗号化された記録を持つ資産として取引されています。

NFT化されている作品はさまざまであり、絵画等の美術品や豪華な特典が付与されたライブチケット等もNFT化されています。

また、NFT化された作品はデジタル空間内で展示したり、他の人と売買することで取引を行うことが可能です。デジタル空間は現実世界とリンクしながら、新たな生活を楽しむことができる環境として人気を集めつつあります。

現在では海外を中心に注目を集めていることから、今後は日本国内においても知名度が上がっていくことが予想されています。

関連記事: 話題のNFTゲームとは!? 人気の理由やおすすめ銘柄をご紹介

代替不可能であることによって高い希少性を持つ

NFTの最も大きな特徴は、その名称の通り偽造や複製をされることが無く、オリジナルとして保証されている点が挙げられます。

NFTの複製品等を作成することが不可能であることによって、NFTは唯一無二の存在として高い希少性を持つこととなります。

特に現実世界で偽造品やレプリカが多数作成されているアート業界にとって、NFTの登場は大きなメリットとなることが予想できます。

また、デジタル空間に出品することで自分の作品を多くの人に見てもらいやすくなるため、結果として現実世界の展示会等よりも人気を高めやすいということも特徴です。

今後はデジタルアートを専門として、自身の作品の希少性を高めていくアーティストの出現も予想できます。

長期的に資産として保有することが可能

NFTはデジタル空間に保有する資産であるため、劣化や盗難の危険性がない状態で長期的に資産として持ち続けることができます。

特に絵画や不動産に関しては、現実世界には存在していないような独特なデザイン性を持つ作品に触れることもできます。

また、美術品やトレーディングカード等は作品の製作者やモデルの知名度によって価値が上がるケースもあり、長期的に資産として保有することに適しているとも言えます。

NFTは資産として管理する際のコストも現実世界の資産に比べて抑えられることから、今後はデジタル空間内で資産形成を行う方法も主流になっていくと考えられています。

NFTをオークションへ出品する方法と注意点について解説

ここではNFTをオークションへ出品する方法と、出品時の注意点について解説します。

オークションでは自分自身が製作した作品をNFT化する方法と、他人が製作した作品を購入後にNFT化した上で出品する方法があります。

いずれの方法でもオークションに出品できるため、自分に合った手段でオークションへ参加するようにしましょう。

誰でも自身の作品をNFT化して出品することが可能

NFTは必要な手続きを行えば、誰でもNFT化して上で販売することが可能です。

例えば、自身が描いたイラストをスキャンしてNFT化した上で販売することも可能であり、個人として活動するアーティスト等は小規模でも自身の作品を売り出すことができます。

現状では絵画であれば展示会等を開いて作品を知ってもらう機会を作る必要があり、個人の作品を展示するためにさまざまな費用が必要となります。

今後は気軽に誰でも自分の作品をNFT化することもできるようになり、デザインやキャラクターを個人で作成して稼ぐということも簡単になっていくと予想されています。

出品する際にはNFTのマーケットプレイスを利用する必要がある

NFTをオークションに出品する際には、NFTの取引が行われているマーケットプレイスを利用する必要があります。

NFTはデジタルデータとして取引されており、ネット上のマーケットプレイスでオークションや売買によってNFTを入手できます。現状では「Rarible」や「OpenSea」といった取引所が有名であり、さまざまなジャンルのNFTが盛んに取引されています。

一方でマーケットプレイスの多くは海外の取引所であることから、日本人にとって使いにくいと感じる場面が多くあります。

日本初のマーケットプレイスも誕生し始めているため、今後は日本人でも気軽にオークションへ参加できる環境が整備されいていくと考えられます。

関連記事: NFT主要マーケットプレイス一覧比較 日本国内・海外のプラットフォームの特徴とは!?

作成者の許可を得て出品しないとトラブルになる可能性がある

NFTは作品製作者の許可を得ずに出品した場合、トラブルとなる可能性があります。

NFT化するにあたって、ネット上の画像や記事は製作者でなくても簡単にNFT化することができてしまい、製作者と出品者の間で権利関係が不透明となってしまうことがあります。

具体例として、著名な美術家であるバンクシーの作品を許可を得ずにNFT化した事例があります。

これはバンクシーの作品をCG化した上でNFTとしてオークションに出品しており、許可がないにも関わらずバンクシーの名前を使用しているのが問題視されています。現在はNFTに関する法整備が途中であるため、トラブルに巻き込まれないためにも出品する際には十分に注意が必要です。

NFTがオークションで高額落札された主な事例

ここではNFTがオークションで高額落札された事例について解説します。

高額落札された作品ジャンルは多岐に渡っており、自分の興味が湧く分野や作品を見つけて出品者や入札者としてオークションへ参加することをおすすめします。

75億円で落札されたデジタル絵画「The First 5000 Days」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Diane Zaccar Abela(@dianezaccar)がシェアした投稿

デジタルアートの分野としては、「The First 5000 Days」というデジタル絵画が日本円にして約75億円で落札されたことが話題となりました。

製作者はデジタルアートを専門にしており、今回の作品意外にも高額落札されたデジタルアートを生み出しています。

デジタルアートは資産として長期的に保有するために購入したいと考える人や、将来的にNFTが更に価値が上がると予想して投機的に購入している投資家もいます。

デジタルアートの分野はNFT化された商品の中でも特に注目が集めっており、今後も多くのアーティストが参入してくると予想されています。

NFTトレーディングカード「トップ・ショット」が100万円以上の価格で落札

NFT化されたトレーディングカードである「トップ・ショット」も100万円以上という高額で落札された事例があります。

「トップ・ショット」はスポーツ選手が試合中に見せた名場面等をカード内イラストとして収録しており、選手の知名度や試合の重要度によってカードの価値も高まることがあります。

トレーディングカードによってはゲームをプレイする際に使用できるものもあり、デジタル空間内で人気を高めつつあります。

また、トレーディングカードのNFT化についてはスポーツ業界に限らず、アイドル業界やアニメ業界といったさまざまな業界が参入しやすい分野であると言われています。

今後は、ライブチケット等の特典を付与したアイドルのNFT化されたトレーディングカード等が市場に増えると考えられます。

関連記事: NFTの成功事例!! NBAトレーディングカードのモデルとは!?

NFT化されたニューヨーク・タイムズ記事が8,000万円を超える価格で落札

2021年3月にニューヨーク・タイムズ紙の記者がNFTに関する記事が公開されるとともに、記事内の写真をNFT化してオークションサイトへ出品しました。

結果としてその画像には8,000万円を超える値がつけられ、落札されることとなりました。

当初の目的としてニューヨーク・タイムズの記者はNFTのオークションに関する人の動きを見たいという考えがあり、オークションで得た収益は寄付に充てられています。

また、今回落札した購入者にはいくつかの特典が付与されており、商品以外の特典を与えることも簡単に行えることもNFTの特徴であるといえます。

今回の事例によってメディア記事に関してもNFT化は容易であることが証明され、改めてNFT化できるジャンルの幅広さを証明した事例となりました。

まとめ

NFTの取引は海外を中心に盛んになっており、今後も高額落札される事例が生まれると考えられます。また、今後NFTの知名度が上がるとともに、オークションへの参加者や取引量も更に増えていきます。

NFTに少しでも興味があれば、自分の好きなジャンルやコレクションしたい分野を見つけ、積極的にオークションへ参加していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close