NFT関連事業とは!? 事業の種類や今後の展望について解説

仮想通貨は事業資金の調達や契約事を簡素化するスマートコントラクトといった機能も備えており、個人だけでなく企業においてもその多様性は大きなメリットになります。

そしてNFTにおいてもそれは例外ではなく、多くの企業が参入することで日々新たなプロジェクトやサービスが生まれているのです。

そこで今回はNFT関連事業の種類や今後の展望について解説していきますので、市場の動向を掴んで効果的に投資していきましょう。

NFT関連事業とは!?

ここではまずNFT関連事業について解説していきますので、今後の市場動向を捉えるためにしっかり押さえておきましょう。

既存製品のNFT化

従来はデータとして販売していた製品はもちろん、紙のトレーディングカード等の「物体を伴う製品」をNFTに置き換えて事業展開する企業が増えており、独自開発だけでなくブロックチェーン技術を持った企業との提携も大きな話題になることがあります。

一方、こういった情報はまだ一般的なニュース等で取り上げられることが少ない傾向ですので、専門の情報サイトや金融ニュースをこまめにチェックするようにしましょう。

NFTアイテムを新たに製作

NFTはゲームアイテムやアート作品だけでなく、骨董品や著作物、電子債券等のセキュリティ向上にも活用できることから、個性的なNFTアイテムを製作して新たに事業参入するケースも多くなっており、それまで一般層視点からは関連性の見出せなかったファッション業界や出版業界等も続々とNFT関連事業のローンチを発表しています。

NFTマーケットプレイス

投資家やクリエイターにとっては売買プラットフォームとしての性質が強いですが、NFTマーケットプレイスは基本的に運営企業が存在しており、そういった観点ではNFT関連事業ともいえるでしょう。

CoincheckやLINE BITMAX等、仮想通貨取引所が新たに参入するケースも散見されており、今後も拡大していくことが予想されています。

NFT関連事業の具体例

ここからは、NFT関連事業の具体例について見ていきましょう。

現在多くの企業が参入を発表しており、市場には新たなNFTアイテムが続々と登場しています。

スクウェア・エニックス社「デジタルシール」

大手ゲーム会社であるスクウェア・エニックス社は、人気コンテンツであるミリオンアーサーシリーズのキャラクターをNFTデジタルシールとしてリリースすることを発表しました。

また、同社は他にも数多くのビッグタイトルを保有していることから、今後もブロックチェーン技術を応用して新たなビジネスモデルを構築することが期待されています。

Virtual Worlds社「歴史的建造物レプリカ」

世界に名だたる歴史的建造物のデータ化を手掛けるVirtual Worlds社は、現在NFT市場において大変勢いのあるEnjin社と提携し、ピラミッドやスフィンクス等のレプリカをNFT化しました。

そしてこのジャンルは業界初の取り組みであることから大きな注目を集めており、今後はブロックチェーンゲームでの利用やマーケットプレイスでの売買にも対応して、更なる発展が見込まれています。

元記事: Enjin (ENJ) and Virtual Worlds Join Forces to Mint Photorealistic Digital Replicas of the Egyptian Pyramids as NFTs 

メディアドゥ社「電子書籍付録」

電子書籍出版をメインに取り扱うメディアドゥ社は、出版業界の流通ネットワーク構築を手掛けるトーハン社と提携し、年内中に購入者特典付録のNFT化を実施する予定です。

同社はこのプロジェクトを通して業界全体における購買層の拡大や、実店舗への流入に加えて紙出版物の売上増を狙っており、既にKADOKAWAや集英社といった大手どころとの連携をスタートしています。

NFT関連事業に投資に活用するには!?

ここからはNFT関連事業を投資に活用する方法を解説していきますので、初心者の方は是非今後の資産形成の参考にして下さい。

NFT関連銘柄に注目

NFT発行機能を搭載したブロックチェーン技術を持つ企業が新たなNFT事業のローンチ、あるいは他社との提携を発表した際は、NFT関連銘柄となる基軸通貨の価格に関しても高騰する可能性があります。

たとえばEnjin社がMicrosoft社と提携した際、同社が運営する世界的人気ゲームのマインクラフトにNFTを採用したことも大きな話題となり、それまで数円に留まっていたエンジンコインの価格が短期間で20円台にまで上昇しました。

また、こういったニュースは提携相手が人気コンテンツを保有する大企業、あるいは新たな分野であるほど話題性が大きくなりますので、情報をキャッチした際はすぐに仮想通貨を購入できる環境を整えておくのがおすすめといえるでしょう。

NFTアイテムがリリースされた直後に入手する

新たなNFTアイテムがリリースされた場合、発行元企業の定価、あるいは特典として無料で入手すれば、その後NFTマーケットプレイスで出品して更に高値で売却できる可能性があります。

ちなみにNBA Top Shotのトレーディングカードは、この流れが活用されている代表例の1つであり、定価10万円程度で購入したNFTを転売することで、数十倍の利益を得ている投資家も存在しています。

したがって、初心者はまずNFTマーケットプレイスとオンラインウォレットのアカウントを作っておくのがおすすめであり、基本的に売買しない限りは維持手数料等も発生しませんので、いつでも行動できるように準備しておきましょう。

まとめ:NFTの多様性は今後更なる市場の発展が期待できる

NFTには多くの企業にビジネスチャンスを与える多様性があり、特にこれまで通常のデジタルコンテンツであった人気製品のNFT化は資産価値の向上だけでなく、新たな購買層へのリーチが可能となることから、今後更なる市場の発展が期待できます。

したがって、NFTは投資家やクリエイターはもちろん、企業にとってもベネフィットが大きい技術であり、様々な事業のローンチに伴って、有用性についても飛躍的な向上が見込めるのです。

また、本記事ではNFT関連事業の投資への活用方法についても解説してきましたので、市場動向を適切にキャッチし、効果的な資産形成の参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close