どうやって買うの!? NFTの買い方(購入方法)について解説

NFTは仮想通貨のベースであるブロックチェーン技術の新たなステージとして現在大変注目を集めています。

・デジタルコンテンツの資産化
・転売による売却益
・アーティストの活躍の場

NFTがもたらしたこれらの効果は従来の市場に根付いていた概念を一新するものであり、特別な資格やスキルも必要なく、基本的に誰でも参入することが可能です。

しかし、実際のところ仮想通貨の経験がない方は具体的な運用方法が分からず、オンラインウォレットやマーケットプレイス等の専門用語を前にして苦手意識ばかりが先行してしまうことが多くなっています。

そこで今回は、初心者でも簡単なNFTの購入方法について解説していきますので、現在興味がありつつも今一歩踏みだせていない方は是非参考にして下さい。

そもそもNFTは誰でも購入できる

初心者にとってはハードルが高く感じられるNFTですが、まず押さえておきたいのは「誰にでも購入できる」というポイントであり、高度な知識や何かしらの資格は必要ありません。

また、アカウント作成もECサイトの通販と同じようなイメージで問題なく、現在は需要拡大に伴って更にシンプルな仕様になっています。

NFTはデジタルコンテンツをこの世で唯一の資産にしたもの

NFTの購入を躊躇してしまう大きな要因として、その実態や高値で取引される理由が理解できないということが挙げられますが、これも現在の市場の認識を知れば容易に解消することができるでしょう。

NFTはそれまで改ざんやコピー、流出問題に対する脆弱性によって「価値のつかなかったデジタルコンテンツ」に以下の要素を付与できるトークンです。

・仮想通貨の取引記録を管理・構築するプラットフォーム(通称:ブロックチェーン)を利用して改ざんやコピーといった不正行為をほぼ完全に防止
・この世で2つと存在しない識別情報を発行

これらは従来のデジタルコンテンツの市場価値を大きく塗り替えるものであり、ユーザーはNFTに置き換えられたアート作品や動画等を購入することで、オリジナルを所有する世界で唯一の存在になるのです。

また、初心者はNFTを一般的な仮想通貨と混同してしまうこともありますが、NFTはビットコインやイーサリアムのように「通貨としての価値」は持っていないため、取引所で頻繁にトレードして差益を狙う類の性質はもっていません。

あくまでも仮想通貨と同じ発行方法を採用しているだけであり、データを置換したトークンと捉えた方が今後はスムーズに理解できるでしょう。

NFTにはどんな種類があるのか!?

次はNFTの具体的な種類について解説してきます。革新的な技術の応用が活発になっており、現在は様々なデータがNFTとして市場で売買されています。

仮想空間で360°見渡すことのできるVRアート


市場ではVRアーティスト:せきぐちあいみさんの作品が約1,300万円で落札されました。

有名バスケット選手のプレー動画を切り抜いたトレーディングカード

現在NFT取引額の4割を誇るNBA Top Shotでは、スター選手であるレブロン氏のダンクシュート動画に約2,000万円の値がつきました。

関連記事: NFTの成功事例!! NBAトレーディングカードのモデルとは!?

NFT化されたバーチャルスニーカー

株式会社1SECがリリースしたデジタルファッション「AIR SMOKE1 TM」は、140万円で販売開始後、わずか9分で完売しています。

関連記事: NFTのスニーカーとは!? 日本でも注目されるバーチャルスニーカーを解説

バーチャル空間の土地

ブロックチェーンゲームの「The sandbox」の仮想空間上の土地をNFT化して販売し、開始8分で完売しました。

その他のNFTコンテンツ

VRではない通常のアートやTwitterのツイート、電子書籍等もNFTで高値でやり取りされています。

NFTマーケットプレイス?オンラインウォレットとは?

ここからは初心者が混乱してしまうNFTマーケットプレイスとオンラインウォレットについて見ていきましょう。一見すると難しそうな印象ですが、以下のような簡単なイメージを持っておけば問題ありません。

NFTマーケットプレイス

NFTコンテンツを作成したクリエイターによる販売、ユーザーが購入できるプラットフォームであり、NFTの取引情報構築等に特化しています。

オンラインウォレット

仮想通貨を保管しておくインターネット上の財布というイメージで問題ありません。複数の通貨を一元管理することができ、セキュリティを維持しつつ送金や入金に利用されます。

具体的なNFT購入の手順

ここからは、NFTマーケットプレイス最大手のOpen Seaの具体的な購入手順を見ていきましょう。

まずは公式サイトにアクセスして「探索」をクリックします。ちなみに販売する時は、「作成」を選びましょう。

以下のようにNFTコンテンツのサーチ画面が表示されますが、現状ではまだ購入はできませんので、右上の人型アイコンをクリックしましょう。

次に以下の通りオンラインウォレットである「META MASK」を開設するよう指示がありますので、ダウンロードを進めます。

以下の通り、右側を選んでウォレットを作成していきます。

パスワードとメールアドレスの登録が済めば、以下の通りウォレット開設は終了です。

次にもう一度Open Seaに入り直してウォレットと連携させましょう。人型アイコンをクリックしてSign inします。先ほどはget META MASKだった画面となります。

無事に連携できたらトップ画面から好きなNFTを開いて「今すぐ購入」をクリックします。

購入資金であるイーサリアムがなければ右側のAdd Fundsをクリックして入金し、左側のチェックアウトを押して購入しましょう。


ここまで正味10分程度となりますので、是非チャレンジしてみて下さい。

初心者におすすめのNFTマーケットプレイス

次に初心者におすすめのマーケットプレイスを2つほど解説していきます。

Coincheck NFT

Coincheck NFTは仮想通貨取引所でもあるCoincheck社が運営しているマーケットプレイスで、同じアカウントでNFTと仮想通貨トレードが可能となり、購入資金のイーサリアムも簡単に用意できます。

LINE BITMAX WALLET

LINE BITMAX WALLETは、LINEでNFTの取引ができるアプリケーションです。こちらも取引所と並行して運営していますので、同一のアカウントでスマホ1つで完結します。

NFTの活用方法とは!?

ここからはNFTの活用方法について解説していきますので、自身の目的を明確にして運用していきましょう。

転売して売却益を得る

NFTは投資の基本である資産価値の向上を利用して差益を得ることが可能です。

たとえば先ほど解説したNBA Top Shotは10万円程度で複数のカードを1パックで販売しており、その中に有名選手のレアカードが入っていた場合は、転売して数百万円の値がつくことがあります。

これはアート作品においても例外ではなく、クリエイターが指定した価格で仕入れて更に高く転売することが可能です。

NFTコレクション

NFTはこの世で唯一の資産になりますので、希少コレクションとして収集するのも有効です。

アート作品やファッションアイテムはコレクターからの人気も高いですが、ブロックチェーンゲームのNFTアイテムを集めているゲーマーも近年は多くなっています。

NFT購入の注意点

次にNFTを購入する際の注意点を見ていきましょう。参入前には是非押さえておきたい知識となります。

売却益に対して所得税がかかる

NFTを売却して得た利益に対しては、国税庁によって定めらた所得税が適用されることになります。また、課税対象になるタイミングは「売却した瞬間」ですので、その点もしっかり覚えておきましょう。

購入の際のガス代に注意

NFTマーケットプレイスによっては、購入する際にガスリミット(通称:ガス代)が発生することがあり、タイミングによっては5,000円程度が徴収されてしまいます。

一方、NFT Studioのようにブロックチェーン技術を改善してガス代がかからない工夫をしている場合もありますので、マーケットプレイスを選ぶ際は必ずチェックしておきましょう。

まとめ

仮想通貨の経験がない初心者にとっては不安が多いこともあるNFT市場ですが、現在は誰でも簡単に購入することができ、要領を掴めば資産を構築することも可能です。

アカウントの開設やオンラインウォレットの接続も決して難しい作業ではありませんので、本記事を参考に是非チャレンジしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close