NFTとビットコインの違いとは!? 関係性について考察

NFTとビットコインは、どちらもブロックチェーン技術を用いて作られた暗号資産であり、近年注目が高まりつつある分野です。

これらの資産は似た性質を持ち共通点がある一方で、利用する場面や用途が異なる場合があります。本記事ではNFTとビットコインの特徴を述べた上で、両者の違いについて詳しく解説します。

NFTとビットコインのそれぞれの特徴とは!?

ここではNFTとビットコインのそれぞれが持つ特徴について解説します。

NFTもビットコインもデジタルデータとして保有できる資産であり、暗号資産に関して知識が浅い場合、両者の特色が分かりづらく感じることもあるかもしれません。実際に保有する前に、NFTとビットコインが持つ特徴を理解しておきましょう。

NFTの特徴とは?

NFTは、日本語で「代替不可能なトークン」を意味しており、特定のデジタル資産に対して暗号化されたデータを付与することで希少性のある資産を生み出しています。また、デジタルデータ上に存在する資産であることから、仮想通貨等と同様に暗号資産の一種として扱われています。

NFTの主な例としては、絵画やトレーディングカードといったオリジナルかどうかが重視される資産が挙げられます。現時点では日本国内における知名度は低いものの、海外の投資家を中心に新たな投資手段として注目を集めています。

関連記事: NFTの成功事例!! NBAトレーディングカードのモデルとは!?

ビットコインの特徴とは!?

ビットコインは仮想通貨の一種であり、数多く存在している仮想通貨の中で最も知名度の高い仮想通貨です。最近では日本国内でも注目が高まっており、ビットコインが最高値を更新した際には投資家の間でも大きな話題となりました。

ビットコインもNFTと同様にブロックチェーン技術を用いて作成されており、あらゆる情報を暗号化することでハッキングや情報漏洩の対策を行っています。

仮想通貨の中でも代表的な銘柄であることから、まずはビットコインの購入から暗号資産の運用を始めるという投資家も数多く存在しています。

NFTとビットコインの主な違いとは!?

ここではNFTとビットコインの主な違いについて解説します。

それぞれがデジタルデータ上の資産として保有できる一方で、持っている機能面についてさまざまな違いが見受けられます。資産として管理する上で効果的に運用するためにも、それぞれの違いと強みを把握しておきましょう。

決済機能を持っているかどうか?

NFTとビットコインは、決済機能を持っているかどうかという点で異なります。

NFTは、資産としてデジタル空間上に保有することが可能ですが、NFTそのものを使って何らかの決済を行うことはできません。一方でビットコインはさまざまな場面で決済手段として用いることが可能です。

具体例として、ウェブ上のサービスの購入時や、他の仮想通貨を購入する際にビットコインを決済手段として用いることもあります。この決済機能は個人間でも直接送金を行えることから、銀行間振込に代わって新たな送金手段として用いられることが期待されています。

代替可能かどうか!?

NFTとビットコインは、それぞれが代替可能かどうかという点でも異なります。

NFTはその名称の由来通り、「代替不可能なトークン」であることが大きな特徴です。NFT化された美術品やCDアルバム等は、製作者や現在の所有者に関する情報が暗号化した状態で記録されているため、唯一無二の存在として偽造や複製ができなくなっています。

これはNFTが具体的な形を持ち、資産として希少性を持っているからこその特徴であるといえます。

資産として具体的な形を持つかどうか!?

NFTとビットコインは、資産として保有した際に具体的な形を持っているかどうかという点でも異なります。

ビットコインはあくまで仮想通貨として存在していることから、日本円や米ドルのような法定通貨と同様に、決まった形で資産価値を持っているということはありません。

一方でNFTは絵画や、トレーディングカードといった具体的な形で資産としてデジタルデータ上に存在しています。

NFTに詳しくない人が見ても、ひと目で資産の具体的な形を判別することができるのがNFTの特徴といえます。

NFTが仮想通貨業界に与える影響とは!?

ここではNFTが仮想通貨業界に与える影響について解説します。

NFTの知名度や、資産として保有する人が増えることで仮想通貨業界にも大きな影響を与えることが考えられます。

長期的にNFTやビットコインを含む仮想通貨の将来性に関する重要な情報となるため、資産として保有することを検討している場合は特に注意が必要です。

ブロックチェーン技術の知名度が上がる

NFTの普及によって、NFTとビットコインの双方に用いられているブロックチェーン技術の知名度が上がっていくと考えられます。

ブロックチェーン技術によってビットコインやNFTの内部に記録されている情報は暗号化されているため、ハッキング等によるサイバー犯罪の可能性を限りなく抑えることができています。

またブロックチェーン技術は管理者が存在せず、ネットワーク上のコンピュータ同士で情報を管理し合っていることから、現時点で主流とされるサーバーよりダウンしにくいことも特徴として挙げられます。

ブロックチェーンによる情報管理が主流になることで仮想通貨に対する抵抗感も薄れることが予想できるため、仮想通貨の運用増加による通貨価値の上昇に繋がると考えられます。

仮想通貨の決済機能が注目される

NFTの保有者が増えることは、同時に仮想通貨の保有者が増加することにも繋がります。

その理由としては、NFTを購入する際に仮想通貨を決済手段として用いるケースが多いからです。

NFTも仮想通貨もデジタルデータ上で取引される資産であり、仮想空間内のプレイヤー間で直接NFTを売買する際においても仮想通貨を用いる場面が多く見受けられます。

つまり、NFTが資産として存在する仮想空間が発展することで、空間内の通貨として用いられる仮想通貨の利用者も増えるということになります。

将来的にNFTを購入する人が増加し、仮想通貨を決済手段として用いる機会が増えることで、現実世界における送金や電子決済の一種として利用される場面が増えることが予想できます。

まとめ

今回はNFTとビットコインの違いについて解説しました。

それぞれの特徴について述べた通り、NFTとビットコインは共通点も多く、お互いの発展によって双方の注目度が上がっていくことが予想できます。

そしてNFTは仮想通貨よりも保有している人が少ないため、今後注目が高まることで更に価値を高めていくと考えられます。NFTの特徴と強みを理解し、将来的な資産形成の一環として利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close