NFTと株式の違いとは!? 金融資産としての特徴を比較

近年、NFTが新たな金融資産として注目を集めています。

NFTはデジタルデータとして所有することができる資産であり、現実世界において実体を伴っていないものの、資産としての価値を持つことが認められています。

ここではNFTの金融資産としての特徴及び、他の投資手段との比較について解説します。

新たな金融資産として注目を集めているNFT

NFTは株式等と同様に金融資産として、主に海外の投資家の間で注目が高まっています。ここではNFTが金融資産として、株式等の既存の金融資産とどのような違いがあるのか解説します。

NFTと株式の違い

NFTと株式の主な違いとして、資産として具体的な姿を持っているかどうかという点が挙げられます。

NFTは絵画や音楽といったアート作品やゲーム内で使用できるアイテムとして具体的な形を持って分かりやすく資産価値を推し量ることができます。

一方で、株式は企業の資本の一部であり、具体的にどれほどの希少性を持っている資産かどうか一目で判断することは難しくなっています。資産として分かりやすく価値を示したい場合は、NFTの方が第三者にどのような資産であるか伝えやすい資産であるといえます。

NFTが金融資産として扱われる理由

NFTは実体を伴わない資産であるものの、データ上の絵画や音楽、貴重なゲームアイテム等は現実世界のものと同様に資産として管理されています。NFTは実体を伴っていない資産ですが、仮想空間内で投資家達が直接売買等の取引を行うことができます。

よってNFTはあくまで実体を伴っていないだけであり、投資家の間では一つの金融資産の形として認識されています。

NFTの収益性やリスクは!?

NFTは新たな金融資産として注目される一方で、NFTに関する法律等の整備がまだ不十分であるという点がリスクとして挙げられます。

NFTはデータ上で所有者やオリジナルが簡単に判別できる一方で、NFT内部の音声データや情報は複製できてしまうという欠点があります。

今後NFT関連の法律が整備されると予想できますが、現時点ではNFTを所有するにあたって法律関係のトラブルに巻き込まれない注意が必要です。

主要な投資手段の比較

ここでは主要な投資手段である株式投資とNFTの比較について紹介します。初心者でも始めやすく情報も豊富に発信されている株式投資と比較した上で、NFTが持つ特有の強みについて解説します。

国内株式

国内株式へ投資することで、企業の株主になることができます。

株式はそのまま保有することができ、金融資産として長期的に蓄える投資家も多くいます。また株価は毎日変動しているため、購入時よりも株価が上がって状態で売却することができれば売買差益として利益を得ることができます。

一般的には投資初心者でも始めやすいメジャーな投資手法となっています。

国内株式へ投資するメリット

国内株式へ投資するメリットとして、株主優待のサービスが受けられる点が挙げられます。株主優待とは、一定数以上の自社株式を購入してくれた株主に対して、自社のサービスや商品を無償で提供する制度です。

株主優待を受けるにあたって必要な株式の購入数や受けられるサービスの内容は企業ごとに異なっており、サービスの内容は多岐にわたっています。また、株主優待の適用条件が変わらない限り、株式を保有し続ければ優待サービスは何度でも受けることが可能です。

国内株式への投資をおすすめできる人

国内株式への投資は自分の知っている企業や、自分が普段よく利用しているサービスを提供している企業に対して投資をしたいという人におすすめです。

国内株式は前述した通り、株主になることで優待サービスを受けられることがあり、投資をした上で自分が好きな商品を無料で手に入れることもできます。

また株主になるということは間接的にその企業のオーナーになるということであり、自分の好きな企業を応援していることにもなることから、投資に対する意欲も湧きやすいといえます。

海外株式

海外株式は国内株式と同様に、海外の企業の株式を購入することで企業のオーナーになることができます。海外株式を購入する際には日本円をではなく海外の通貨で購入する必要があるため、為替リスクを伴っていることが特徴です。

一方で米国株式等を含めて今後大きく発展していくことが予想できる銘柄が多いことから、海外株式を中心に保有する日本の投資家も数多くいます。

海外株式へ投資するメリット

海外株式は、価値が大きく上がる可能性を持っている株式が多いという点がメリットとして挙げられます。

海外に拠点を構えている世界的に有名な大企業や、新興国の企業は今後大きく成長する可能性を秘めています。海外株式はこのような企業に投資することができるため、自分の保有する株式の価値が大きく上がる期待を持つことができます。

株式投資によって長期的に資産を大きく増やしたいと考えている人には、海外株式への投資が特におすすめです。

海外株式への投資をおすすめできる人

海外株式は幅広い企業や国に対して投資をしたいという人におすすめできます。

国内で株式を購入できる企業と比較した場合、海外の企業数の方が圧倒的に多く、自由に投資先を選ぶことができます。中には世界的に有名な大企業も多く、新しい技術の開発をすすめているような新興企業も見つけることができます。

また、色んな国や企業の経済状況を把握することで投資に関する知識も蓄積されていくため、幅広い分野に投資をしたいと考える人にはぴったりであるといえます。

NFT

NFTはデジタルデータ上の美術品やゲームアイテムといった、さまざまな形で金融資産として扱われています。

特に絵画等の美術品においてはデータ上に作成者から所有者等のあらゆるデータが記録されているため、複製や盗難のリスクがほとんどないということが特徴として挙げられます。

NFTへ投資するメリット

NFTは実際に現物を保有する必要がない資産であることがメリットとして挙げられます。現物として資産価値を持つ美術品やトレーディングカード等の貴重品は、自分の管理によって現物の資産を所有し続ける必要があります。

しかしNFTは全てデータ上に存在する資産であることから、現物を管理するためのコストが必要ありません。また、劣化等の心配もないことから長期的に資産として所有する場合、実物を伴う資産よりも簡単に管理することができるといえます。

NFTへの投資をおすすめできる人

以下の2つの特徴に当てはまる人にはNFTへの投資をおすすめできます。

1つ目はNFTのようなデジタル資産に興味を抱いている人です。自分の興味がある分野への投資であれば、知識をつけるための勉強も苦にはならず、投資における判断力も上がることで勝ちやすくなります。

2つ目は株式よりも安定した資産へ投資をしたいという人です。NFTは株式よりも値動きが少なく、資産価値を一定に保つことができる金融資産です。

NFTはボラティリティが低く安定的に保有できる金融資産

NFTは、国内株式や海外株式への投資と比べてボラティリティが低く、長期的かつ安定的に保有できる金融資産であるといえます。

ボラティリティとは価格の変動の度合いを示すものであり、株式や仮想通貨のようにボラティリティが大きい金融商品は日々の資産価値が変動し続けます。

一方で、国債やNFTのようにボラティリティの小さな金融商品は値動きが少ないため資産価値が比較的安定していることが特徴です。

株式は国内外に関わらず、市場が開いている間は常に値動きをしており、資産としての価値も毎日少しずつ変化を繰り返しています。

しかしNFTは実体を伴っていなくとも、絵画やゲームアイテムといった一つ一つのアイテムごとに資産価値が定められています。アイテムの価値に大きな変動がないことから、NFTはボラティリティが高いといえます。

まとめ

NFTは金融資産としての知名度は低いものの、今後NFTの存在が広まるとともに投資対象としてメジャーになっていくと予想されます。

また実体を伴わない資産であることから、金や銀等の資産とは違って盗難や劣化のリスクがなく、長期的に何らかの形で資産を保有したいと考える投資家の間で人気が高まると予想できます。今後は投資対象及び資産としてのNFTに対する評価にしっかりと注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close