NFTのトークン化とは!? 仕組みや作り方も紹介

主に仮想通貨において用いられる技術として、ブロックチェーンがあります。

そのブロックチェーンの技術を活用して、新しいサービスが続々と誕生しています。特に、NFTと呼ばれる非代替性トークンが有名です。では、NFTのトークンとはどのような点が魅力的なのでしょうか? この記事では、NFTトークンの仕組みや作り方について解説します。

NFTトークンの特徴

NFTは偽造不可な鑑定書や所有証明書付きのデジタルデータのことを指しますが、基本的に仮想通貨と同じくブロックチェーン上で取引できます。その特徴を活かして、以下のような特徴があります。

  • 独自の価値を維持できる
  • Dapps間でのアイテム移動が容易
  • 誰でも簡単にNFTを作成できる

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

独自の価値を維持できる

NFTトークンの最大の特徴は、コンテンツに対して独自の価値を維持できる点にあります。

ブロックチェーンの技術を最大限活用して、コピー不可能なコンテンツを公開できるのです。
コンテンツにおいて、特に重視されるのがオリジナリティです。オリジナリティがないコンテンツは淘汰される傾向にあって、いくら魅力的なコンテンツを作り出してもコピーされることによって価値が急落します。

その点で、NFTトークンで紐付けられたコンテンツは、各々で識別されます。
これによって、デジタルコンテンツに対して明確な所有者が発生するため、安心して公開しやすいという特徴があるのです。
クリエイター側としては、権利が守られるという点でも利用価値があります。

Dapps間でのアイテム移動が容易

NFTトークンでは、共通のプラットフォームで生成されたDapps内の場合、アイテムの移動やキャラクターの移動、コンテンツの移動が容易です。

具体的には、Aというアイテムを生成した場合、ジャンルの異なるゲームにおいても使用可能となります。また、仮想通貨で取引可能になることが期待されています。現時点ではまだまだ利用できる範囲は限られていますが、技術的には実現できる状況が整っているのです。

Dappsは自律分散型アプリケーションのことを指し、特にブロックチェーンを活用して提供されるアプリケーションです。1つのDapps内の資産を別のDappsへ流用可能となる点は革新的であり、特にゲーム業界では注目を集めています。

誰でも簡単にNFTを作成できる

NFTトークンは、作成するのがとても難しいイメージがあるかもしれません。ただ、実際には誰でも作成することが可能で、利用して市場に流通できるのです。実際に作成するに当たって、特に知識がなくても作成できるのが魅力的です。手軽さもあって、実際に世界中で様々なコンテンツがNFT化されている事実があります。

具体的には、アート作品やゲーム内のアイテムなどのコンテンツ、音楽、電子書籍などといったものが多く見られます。様々なコンテンツがNFT化した際に、価格の推移を世界中の方が実験を試行錯誤して市場に流通させているのです。手軽さから、多くの有名企業がNFTトークンを利用しています。

例えば、スポーツブランドとして有名なNIKEでは、ERC721を用いてシューズをトークン化する特許を、2019年にアメリカ特許商標庁に申請しました。これによって、自分が購入したシューズをゲーム内のキャラクターに履かせるなどが可能となったのです。

NFTトークンの作り方

NFTトークンの作り方は簡単であり、誰でも作成しやすい環境が整っています。ここでは、具体的なNFTトークンの作り方について、ステップ別に解説します。

コンテンツを作成する

まずはじめに、NFTトークンに流通させるコンテンツを作成します。

コンテンツとは、画像や映像、音楽など様々な種類を公開可能です。興味を引くコンテンツとしては、独自性の高いコンテンツを作り出すことが重要です。また、多くのニーズがあるコンテンツを作成するのもよいですが、逆にニッチなジャンルのコンテンツを作るこという方向で進むのもよいでしょう。絶対に避けたいのは、コピーコンテンツでありあくまでもオリジナルコンテンツを作成してください。

コンテンツの詳細をプラットフォーム上に登録する

コンテンツを用意したら、次に利用するプラットフォームを決定します。

使い勝手の良さなどに着目して、自分自身にとってメリットのあるプラットフォームを利用することをおすすめします。プラットフォームの準備が完了したら、販売したいオリジナルコンテンツの詳細データを入力してください。主な入力内容としては、以下の項目があります。

  • 販売方式
  • 価格
  • 販売期間
  • タイトル
  • 作成日

プラットフォームにアップデートする

コンテンツの詳細を登録したら、コンテンツをプラットフォーム上にアップロードします。

アップロード自体はとても簡単で、添付ファイルをつけるようなイメージで簡単に登録可能です。容量の大きなコンテンツをアップロードする場合は、Wi-Fiなどの環境が整った場所で行うようにしましょう。アップデートが完了した時点で、NFTトークン上にオリジナルコンテンツを流通させることを可能です。

NFTのおすすめランキング

NFTにおいて、仮想通貨と密接な関連性があります。

例えば、ブロックチェーンゲームにおいてアイテムなどをNFT化することで、生成したり取引できるのです。そのような状況下で、NFT関連の仮想通貨を利用するというのも有効的です。ここでは、NFT関連の仮想通貨をランキング形式で紹介します。

1位: Enjin Coin (エンジンコイン)

Enjin Coin(エンジンコイン)は、特に日本人にとって扱いやすい仮想通貨として有名です。

誕生したのは2021年ですが、GMOコインでの取り扱いがスタートして、最高値となる400円を記録しています。これは、NFT自体の盛り上がりによるところも大きいのですが、その中でもEnjin Coin(エンジンコイン)は注目の存在です。

MicrosoftやSamsungと提携していることもあり、とても信頼がおける通貨です。マインクラフトが遊べるなど、ゲームが好きな方にとってもおすすめできます。

2位: Chiliz (チリーズ)


Chiliz(チリーズ)は、スポーツクラブとそのファンとの間を取り持つプロジェクトおよびその仮想通貨のことです。

当初はヨーロッパのサッカークラブを中心に事業展開していたのですが、徐々に方向をアメリカにシフトしており、その動きに注目が集まっています。

また、全世界にファンを持つサッカーチームであるユベントスやパリサンジェルマンのファントークンを上場して需要が拡大させています。国内ではまだ取引できる取引所はありませんが、注目しておくべき通貨です。

3位: Decentraland/MANA (ディセントラランド)

Decentraland/MANA(ディセントラランド)は、イーサリアムのブロックチェーンをベースとしている、バーチャルリアリティ空間のゲームのことです。

ランドと呼ばれる3Dバーチャル空間においてアイテムを生成したり、売買することが可能です。ゲーム内のアイテムは、全てイーサリアムのスマートコントラクトで管理され、ユーザーが所有権を保有できます。ゲーム内のデジタル資産は、DecentralandのトークンであるMANAを使用して専用のマーケットプレイス内で売買することが可能です。

4位: Flow(フロウ)

Flow(フロウ)は、DapperLabsが開発しているブロックチェーンです。Dappsの構築が容易であるため、NFTトークンを利用したい方に向いています。

開発者に優しい設計となっており、スケーラビリティ問題も解決できることが期待されている注目のブロックチェーンです。イーサリアム上で開発されているゲームも、Flow(フロウ)に移植される可能性が高いと見られています。NFT関連銘柄として高騰する、代表的な通貨として注目されています。

5位: Rarible/RARI (ラリブル)

Rarible/RARI(ラリブル)は、NFTマーケットプレイスの1つであり、デジタル作品などの取引が可能です。他の仮想通貨とは異なり、トークンの複製が不可能という特徴があります。

Rarible/RARI(ラリブル)を購入または販売をすると、毎週RARIトークンが付与される点が魅力的です。
また、ロイヤリティーの設定が可能となっています。3ヶ月間で価格は10倍ほど上昇するなど、今後の発展も期待されている通貨です。

NFTトークンを気軽に利用しよう

NFTトークンは、技術的な知識がなくても意外と簡単に作成することが可能です。

また、高い注目を集める市場だけに、利用次第では大きなビジネスチャンスを生み出す可能性もあるのです。

ただ、著作権などに注意して魅力あるオリジナルコンテンツを創作することが重要になります。併せて、利用する仮想通貨にも違いがあるため、より自分にマッチした通貨やプラットフォームを見つけて利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close