オタクコインとは?特徴と注目の理由についても解説!

本記事では、オタクコインの概要を説明した上で、具体的な使い道や将来性について解説します。オタクコインをそもそも知らないまたは名前を知っているものの、どんな通貨なのかは詳しく知らない方はご参考ください。

オタクコインとは?

オタクコイン とは

オタクコインは、ブロックチェーン技術を用いたアニメやゲームといったオタク文化を好む世界中の人々をつなぐためのコミュニティ通貨です。

オタクコインが世界中で広がることで、自分が好きなアニメやゲーム等の業界の発展に貢献できる「コミュニティ通貨」の実現を目指しています。そして一般社団法人である「オタクコイン協会(Otaku Coin Association)」によって推進されています。

オタクコインの特徴

オタクコイン 特徴

3つの観点から述べていきます。

1つ目はオタク文化の発展が目的として作られたことです。2つ目はクリエイター支援を重視していることです。そして、3つ目に独自のマイニング手法が使われているのでこれらを順に解説します。

オタク文化の発展が目的

オタクコインには、オタク文化を好む世界中の人々をつなぐという目的があります。他の仮想通貨は銀行間の送金を安くするためとか、特定の国に属さない通貨として資産を守るためといった様々な目的で作成されていますが、オタクコインはオタクの文化を発展させることを目指す珍しい仮想通貨と言えます。

仮想通貨の特徴であるブロックチェーンによる仕組みを利用して世界のオタクコンテンツのファンとクリエイターつなげていくというの目的は、仮想通貨の特徴とオタクコミュニティの特徴とが合致しています。

クリエイター支援を重視している

オタクのクリエイターは低賃金で働く問題を抱えています。こうした問題にオタクファンからクリエイターを救うための方法を検討しました。

クリエイターを支援するために仮想通貨でやりとりをすることで支援を進めようとした際にオタクコインは工夫がされています。公式アプリを使うことで簡単に操作ができるため、ユーザーとクリエイターの距離を近づけることができ支援したいファンが力を貸すために手軽にオタクコインに触れることができます。オタクのITリテラシーが低くても対応しやすいことで支援率があがります。

独自のマイニング手法

オタクコインはマイニング方法が独特な仕様です。ビットコインは送金や処理に貢献した分だけ報酬としてビットコインがもらえます。それとは違い、アニメの視聴やコンテンツのシェアまたはレビューといった支援活動でマイニングができる仕組みになっています。

また、オタクコインを発行する運営によって無償の配布で得ることもできます。そのためオタクファンは、従来のマイニングの内容とは違いコンテンツや応援活動が好きな方なら気軽にオタクコインを手に入れることができるのです。

オタクコインの使い道

オタクコイン 使い道

使い道を3つの内容で確認します。

1つ目は運営に関する投票に利用できるようになります。2つ目はお気に入りのクリエイターを応援できるようになります。3つ目は決済通貨として用いることができます。これらの使い道を順に述べていきます。

運営に関する投票に利用できる

オタクコインは投票権を得るためのシステムを備えています。他の仮想通貨ではラリブルなども投票権がありますが、多くの仮想通貨がさまざなな理由で使用されることを想定しているのに対し、オタクコインはオタク文化という比較的狭い分野でのみ流通させようとしています。

そのため、この分野の運営に関してはオタクによる投票で民主的な運営を想定されて作られています。オタクコインを持つ方はファンであることがほとんどだと考えられるのでクリエイターを支援するよりよい運営が期待できます。

お気に入りのクリエイターを応援できる

クリエイターに対して投票するだけではなく、クリエイターの支援ができるよう仕組みを開発しています。オタクコインでは運営が開発したアプリを使うことで他のアプリと同様にウォレットを使用するように多くのオタクの人々が手軽に使える仕組みが用意されています。

アプリをダウンロードしておくことでオタクコインが簡単に付与されてユーザーが扱えるというウォレットアプリの実現は、オタクがクリエイターへの支援のハードルを低くすることに貢献しています。

決済通貨として用いることができる

オタクコインは通常の現金や仮想通貨のように使うこともできます。オタクコンテンツクリエイターへの応援以外にも、ショッピングに利用できるのが特徴です。

ショッピングの場合はファングッズなどオタク業界のコンテンツの購入のために簡単にオタクコインで購入できるので、日本でも海外からでも買い物ができるため便利です。またオタクコインでの購入はブロックチェーンの技術により手数料がほぼかからないように抑えることもできます。

また、オタクイベントの参加費用にもオタクコインを使うことが可能です。普段通りにチケットを買うときにオタクコインを使ってイベントに参加することができて便利です。

オタクコインの今後と将来性

オタクコイン 今後と将来性

オタクコインの今後と将来性を3つの点から述べていきます。いかにオタク業界に貢献できるか、そして認知されているかを確認しましょう。

日本のアニメ業界への注目による価格上昇

日本のアニメ業界は日本のみならず世界でも注目されています。海外ファンが日本のアニメをみてアニメグッズをかき集めたり来日したて爆買するといった内容はテレビや雑誌またはインターネットでもよく見るのではないでしょうか。

そんな海外ファンが日本のクリエイターを支援するためにオタクコインを購入することで価格上昇も見込まれると思います。

メタバースの成長に伴う知名度の増加

メタバースを利用しているゲームとしてThe SandboxやDecentralandがありますがメタバースのNFTと言っても、土地やアバター、デジタルアートなどそのユースケースは多種多様です。オタク要素に限らざうメタバースの発展に伴って、これからもまだまだ新たなユースケースが増えていき知名度が増加することでオタクコインも認知されやすくなるでしょう。

NFTアートの出品数増加

2021年6月、オタクコイン協会がはNFTゲームを開発している企業のCryptoGamesと共同でメタバースのDecentraland上に「オタクコイン画廊」を作りました。オタクコイン画廊には、オタクコインをモチーフに含んだNFTアートが複数展示されています。今後もこのような活動でNFTアートの展示数は増加すると思われます。

まとめ

オタクコインは、他の仮想通貨とは違う自分が好きなアニメやゲーム等の業界の発展に寄与できる「コミュニティ通貨」としての思想でできたことがわかったと思います。もし、これを読んでくださっている方もオタクファンであればオタクコインを購入して支援してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close