STRAYM(ストレイム)とは?特徴やNFTアートの将来性も解説!

STRAYMは新しい仕組みでNFTアートを売買できる注目のNFTマーケットプレイスです。本記事では以下の内容を含めてSTRAYMについて説明します。

  • アート作品を少額から購入できる
  • STRAYMには知名度があるアーティストの作品が出品されている
  • NFTアートはこれから注目度が上がる

ぜひ本記事をSTRAYMを利用したNFT取引の参考してください。

STRAYM(ストレイム)の特徴

STRAYM 特徴

STRAYMは高額なアート作品の保有権利を分割して複数人で共同購入を行い、購入したアートの保有権利を売買する新しいサービスです。購入するには気が引けてしまう高額なアート作品でも、少額の金額で保有権利を持つことができます。

保有権利を持つアート作品の価値が高まれば持っている保有権利の価値も高まりますので、売却すれば利益を得ることができる仕組みです。

アート作品のオーナーになれる

冒頭で説明した通りSTRAYMの仕組みを利用すれば、誰でも手軽にアート作品のオーナーになれます。有名なアーティストの高額なアート作品でも少額から保有権利を購入することが可能です。

購入のための投資金額は100円からできますので、興味があれば手軽に行うことができます。また保有権利だけではなくアート作品自体を受け取りたいという場合は、保有権利を全額購入すれば可能です。

投資金額が少額の場合は分割の小口購入、資金に余裕があり実物が受け取りたければ全額購入と都合に合わせてアート作品のオーナーになれます。

アーティストのレベルが高い

STRAYMにはレベルの高いアーティストが出品しており、中には世界で活躍しているアーティストもいます。バンクシーや草間彌生といった世界中で人気の有名アーティストの作品も出品されており、こういったアーティストの作品の保有権利を購入することも可能です。

また今後の活躍が期待されている若手のアーティストから実力派アーティストまで幅広く出品されており、アーティストのレベルの高さがSTRAYMの魅力と言えます。アート系の情報メディアでも取り上げられており、アート系情報誌「美術手帖」にも2020年12月に開催した「STRAYM展2020」の記事が掲載されました。

直感的に操作できるサイト構成

STRAYMのサイトはアート作品を取り扱っていることもあり、非常にスマートなデザインで直感的に操作できるサイト構成です。トップページでアート作品が一覧表示されており、価格や価格変動率などを一目で確認することができます。

アーティスト名やキーワードで検索をすることもでき、気になるアート作品を素早く探すことが可能です。またLINE・Instagram・Facebook・TwitterといったSNSとも連携しており、普段使用しているSNSでアート作品やニュースなどの情報をチェックすることができます。

STRAYM(ストレイム)の主な目的

STRAYM 目的

これまで富裕層のみが保有していたアート作品を、購入の仕組みを工夫することでアート作品保有の大衆化を目指してSTRAYMのサービスが開始されました。本記事ではSTRAYMの主な目的として以下の2つを説明します。

  • アート作品購入のハードルを下げる
  • アートコレクター・コミュニティを増やす

アート作品購入のハードルを下げる

アート作品購入のハードルを下げるため、STRAYMは様々な工夫を行なっています。アート作品の保有率が低い要因を考えた場合、以下の3つのが挙げられるのではないでしょうか。

  • 保管・管理が難しい
  • 購入方法が分かりずらい
  • 購入価格が高額で適正価格を知らない

STRAYMではこのような要因を解決することができます。保管・管理はSTRAYMが行い、購入者は何もしなくて大丈夫です。

購入もサイトから簡単にでき、購入価格の問題も保有権利を分割することで解決しています。アート作品の適正価格は本来分かりずらいですが、STRAYMではユーザーの売買希望価格がリアルタムで確認でき相場を把握することが可能です。

アートコレクター・コミュニティを増やす

STRAYMはアートコレクター・コミュニティを増やすという目的もあります。前述の通りこれまでアート作品をコレクションしていたのは一部の富裕層のみでした。

そのためコレクター自体が少なく、コミュニティも閉鎖的です。STRAYMはそのような状況を打破し、新しいアートコレクター・コミュニティを作ろうとしています。

それがアート作品の共同購入という仕組みを生みました。1つのアート作品の保有権利を複数人で分割するのでアートコレクターの人数も増え、新しくアートをシェアするコミュニティができます。

STRAYMの取り組みはこのような目的があり、今後もさらに広がる可能性が高いです。

NFTアートの将来性

NFTアート 将来性

STRAYMはこれまでのアート作品だけではなく、NFTアートも取り扱っています。NFTアートはブロックチェーンなどのテクノロジー技術が躍進したことで、2020年頃から急激に市場が拡大しました。

本記事ではNFTアートの今後について、以下の2つの視点から考察します。

NFT市場の拡大に伴う取引量の増加

現在、NFT市場が世界中で拡大しNFTアートの取引が活発です。2020年頃からブロックチェーンをはじめ、仮想通貨がブームになったことでNFT市場が拡大しました。

世界中のアーティストがNFTアートを制作し流通させています。日本でも様々な企業がNFTマーケットプレイスのサービスを開始しており、国内外問わずにNFT市場は拡大中です。

また、NFTアートは従来のアート作品より投資マネーが流入しやすい傾向です。仮想通貨取引所のCoincheckや株式など様々な取引サービスを提供しているGMOグループがNFT事業に参入していることから、投資対象としてNFTアートの需要が伸びることが予想されます。

唯一性によって高い価値を生み出す

NFTはデジタルデータに付与される唯一性によって高い価値を生み出します。高い価値を生み出したNFTの事例として以下の3つをご参考ください。

  • NFTアーティストが出品したNFTアートがオークションで約75億円で落札
  • NFTアートとして出品されたバーチャルスニーカーが140万円で取引される
  • 仮想通貨Dogecoinのアイコン画像がNFTとして発行され、約4億円で落札

以上のようにNFTは高額で取引された事例は増えており、今後もさらに加熱することが予想されています。

まとめ

本記事ではSTRAYMの特徴やNFTアートの将来性について説明しました。

  • STRAYMは高額なアート作品の保有権利を分割し、複数人で共同購入が行える
  • 本来アート作品を保有するには高額な購入費用が必要だが、STRAYMを利用すれば少額の費用でアート作品のオーナーになれる
  • STRAYMはアート作品保有の大衆化を目指している
  • NFTアートはこれからさらに需要が拡大していく

本記事を参考にSTRAYMを利用してNFTアートの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close