NFT×大学生のシナジーとは!メリット・デメリットと過去の事例を解説

身分や年齢といった条件は様々な場面で覆しきれない大きなハードルになりがちです。しかし、ブロックチェーンはそれら一切を排除した極めて自由度の高い新興技術といえるでしょう。

そして現在、一線で通用する知識と若さを兼ね備えた世代である、大学生の参入が新たな変革を巻き起こしつつあるのです。そこで本記事では、NFT×大学生が生み出すシナジーと運用におけるメリット・デメリット、過去の事例についても解説していきます。

NFTは大学生にも適した資産形成手段

NFT 資産形成

まず結論として、NFTは大学生にも適した資産形成手段といえます。実際のところ大学生の本分は勉学とこれからの市場で活躍できるだけの知識、スキルを養うことであることから、特定分野における明確な目標意識がある場合を除き、なし崩し的にバイトや日雇い派遣で収入を確保しても、将来に役立つ職業経験には繋がりにくいでしょう。

また、「時給=時間」を切り売りする働き方であるため、シンプルに学業に支障がでる可能性もあります。一方、NFTは今まさに市場を賑わせているブロックチェーンに端を発する技術であり、ITリテラシーや知見を養うには申し分ない上に、NFTの販売やブロックチェーンゲーム等は時間に縛られるリスクを最小限に抑えることも可能です。

そして、比較的少数派ですが、マーケットプレイスの運営者になれば学生企業家としてすぐにでも市場の一線で活躍できるでしょう。

大学生におすすめのNFT運用方法とは

大学生 NFT運用方法

ここからは、NFTで稼ぐ3つの方法について見ていきましょう。より効率的な収入源を求めている方はぜひ参考にしてください。

NFTの販売

NFTの販売は最もスタンダードな方法であり、フォトグラフやイラストといった誰でも取り組めるものから、話題性の見込めるTwitterのツイートを出品することもできます。また、マーケットプレイスによっては自身でロイヤリティが設定できるため、アルバイトのように貴重な時間を切り売りせずとも、半永久的に不労所得が得られるでしょう。

さらに、美術大生や動画を専攻している方は、収益だけでなく自身のPRにも活かせるため大変おすすめです。

ブロックチェーンゲーム

BCG(ブロックチェーンゲーム)はNFTで構築されたアイテムや仮想通貨が手に入るため、イベントクリアがそのままマネタイズとなるだけでなく、レアアイテム等をマーケットプレイスに出品して稼ぐこともできます。スマホの操作に長けたデジタルネイティブ世代にとっては特に適した方法でもあり、海外では生計を立てているプレイヤーはおろか、家や土地を購入したプロまで存在することから、片手間でお金を稼ぎたい方はぜひチャレンジしてみてください。

起業してマーケットプレイスを運営する

マーケットプレイスとはNFTの売買に特化したプラットフォームであり、現在最も注目度の高い領域の一角です。参考までに、NFTの市場規模は7~9月期において106億7000万ドル(約1兆1945億円)と前年同期比3万8060%増の驚異的な躍進を見せており、当然NFT市場では必要不可欠な存在として認知されています。

加えて、ブロックチェーンを活用していることから、運営者になるための特別な資格や年齢制限等が設けられていない点も魅力といえるでしょう。IT知識を持つ友人と共同で立ち上げるか、不足しているリソースをクラウドソーシング等で補えば、たとえ在学中であっても運営がスタートできます。

大学生がNFTを運用するメリット

大学生 NFT メリット

ここからは、大学生がNFTを運用するメリットを見ていきましょう。現在最も活発化している市場でありつつ、なによりも将来的な知識付けに最適な環境でもあります。

より多くの知見を得るためにも、ぜひ参考にしてください。

時間の拘束が発生しない

文部科学省国立教育政策研究所の調査によると、大学生がバイトに費やす時間は平均9.3時間/週となっており、出勤や退勤、準備にも時間がかかることを考慮すればさらに拘束時間は長くなるでしょう。しかし、NFTはパソコン1つあればいつでも運用できるだけでなく、軌道に乗れば不労所得も得られるのです。

したがって、学業に専念したい方にとっては特に大きなメリットであり、空いた時間で私生活を楽しみつつ、さらなる知識吸収の時間に充てられます。

将来的な知識付けに役立つ

新興技術であるブロックチェーンは、現在様々な企業によって新たなサービスに活用されており、今後は金融に留まらず社会的インフラ、そして特許分野にまで波及する可能性もあるのです。一見すると飛躍し過ぎた発想にも思えますが、従来のシステムに大変革をもたらし続けてきたブロックチェーンには、将来的に社会構造自体を支える基盤技術になり得るポテンシャルを秘めています。

そういった「最先端の市場」に触れることで、経済、経営等の学習にも繋がり、社会的な価値のある人材へ育っていけるでしょう。

大学生がNFTを運用するデメリット

大学生 NFT デメリット

NFTの運用を始める際は、メリットばかりでなくデメリットも知っておかなければなりません。両方の側面を把握しておくことで自己防衛にも繋がるため、きちんと把握しておきましょう。

コストがかかる

マイニング作業が発生するNFTの販売においては、ガス代というコストが発生するケースがあります。さらに、取引量が集中するタイミングは5,000円以上に昇ることも多く、資金的に余裕がない場合は手痛い出費にもなるでしょう。

そして、転売においては仕入れコストも発生することから、自身の運用規模を想定して数万~数十万程度を準備しておく必要もあるため、運用の際は資金調達の方法やその後の収支を試算しておくようにしてください。

ITリテラシーが必要

NFTを取引する上では、ブロックチェーンの仕組みや発行されるプロセス、トークン規格といった知識が必要不可欠です。そのため、ITリテラシーが低いと機密情報の流出や不正利用の被害に遭う危険性が高まり、効果的な運用が行えない可能性もあります。

もし苦手な方は、IT分野に明るい友人を巻き込んで、共同でスタートするのがおすすめです。

大学生によるNFTの運用事例

大学生 NFT 運用事例

ここからは、実際にNFTを運用している大学生の事例を解説していきます。同じステージに生きる世代の成功モデルとして、ぜひ参考にしてください。

マーケットプレイスの運営

Suishow株式会社は世界初のNFTマーケットプレイス「MetaMart」をローンチ予定であり、ファッション分野で活躍するクリエイターを募集している将来有望なプラットフォームです。そして、その若き代表者こそ早稲田大学在学中の片岡夏輝さんであり、デジタルアセットの可能性を拡散するために精力的な活動を見せています。

実際のところ現在のNFT市場において最も活躍している大学生の1人といっても過言ではなく、将来的にも期待値の高い人材といえるでしょう。

古着×NFTアート

アートと古着を組み合わせたファッションショップ「arch」は京都在住の大学生によって誕生しました。捨てられるはずだった服を新たなアート作品へと作り替えるという斬新な発想は着実に人気を集めており、リメイク古着やアート服といった唯一無二のファッションが楽しめることも魅力といえます。

ただし、ここで注目しておきたいのは資金不足を補うお手本のような方法でしょう。というのも、創業者は「着て、観て、楽しむ」をコンセプトに見事クラウドファンディングでの資金調達を実現したのです。

「お金がない」といって諦めている方が最も参考にするべき成功モデルともいえます。

まとめ

本記事では大学生がNFTにチャレンジするメリットやこれまでの成功事例についても解説してきました。NFTは大学生にも適した新興技術であり、時間と将来的な知識付けの面でも大きなメリットがあります。

また、一定の資金やITリテラシーが必要な注意点もある一方、クラウドファンディングやクラウドソーシングが活発な現代において、全体的なデメリットは比較的小さいといえるでしょう。もし現在NFTに興味のある方は当サイトの販売方法等もチェックして、さっそくチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close