NFT市場の人気イラストレーターは?購入方法についても解説

NFT市場は数千万円という高額で取引されるバブルの様相を呈しており、アート分野の発展は特に大きなものでしょう。2021年には多くの日本人アーティストがNFTアートを販売したことでも大きな話題となりました。

そこで本記事では、現在人気の高い4人のイラストレーター、そして具体的な購入方法についても解説します。NFTバブルのきっかけでもあるアート分野を押さえて、今後の資産形成を有利に進めていきましょう。

NFTアートとは

NFTアート とは

NFTはブロックチェーンを用いて発行されている固有情報が付属したトークンであり、実質的に改ざんができないことから、現実に存在する資産と同等の価値が見出されています。そして、デジタルイラストや写真、VRアートといったデジタルデータを「トークン化=NFT化」したものがNFTアートです。

したがって、これまでは複製や第三者による加筆、ネット上の盗難が容易であったことから固有財産として見なされなかったデジタルアートが、美術館に展示されている作品のように扱われることとなり、現在はまさに市場の革命が巻き起こっている最中といえるでしょう。また、絵画やフィルム写真といったアナログ素材をスキャンして出品するスタイルも確立されていることから、今後もより幅広い発展が見込まれています。

NFTアートの特徴

NFTアート 特徴

NFTアートの特徴としては、ブロックチェーン技術による証明と移動可能性、そして追加機能の付与といった3つが挙げられます。いずれも運用していく上では重要なポイントであるため、ここから解説する内容をきちんと押さえておきましょう。

唯一性が証明できる

NFTアートはネットワーク上において唯一無二の存在であることが担保されています。その背景としては、P2Pをベースとしたブロックチェーンが従来の主流であった中央集権型とは異なる「分散管理」を実現していることが挙げられるでしょう。

世界中に点在するノード(パソコン等の端末)が全く同じ情報を共有、運営することで高いセキュリティ性を維持しているのです。そして、NFTの発行時に付与される固有情報はユーザー全員が閲覧できることから、発行者と所有者の紐づけが可能となり、その資産性をより強固なものとしています。

誰でも取引できる

現実に存在する美術オークションは誰にでも開かれているとは言い難く、価格も高額なことから一部の富裕層にしか参加する機会が与えられていませんでした。しかし、NFTアートは誰でも発行・売買ができるだけでなく、アイテムやマーケットプレイスによって相場も幅広い利点があるのです。

そのため、新規参入者にとっては大変ハードル低く、パソコン1つあればどこからでも参加できる手軽さも魅力となっています。

アーティストに還元される

NFTアートは従来の美術品よりもアーティストの権利と制作活動の保護に適した技術とされており、今後の業界的な発展においても注目が集まっています。たとえば、従来は販売した利益のみが制作者の利益となっており、その後高額転売されたとしても一切還元されていませんでした。

具体的には、バンクシーの絵を手に入れた人物が元値の倍で売り払ったとしても、当のバンクシー本人には一銭もバックがないということです。しかし、ブロックチェーンによって発行されたNFTアートは二次流通以降も半永久的にロイヤリティが支払われるため、アーティストは自己の権利が守られるだけでなく、お金に困らない環境の中で継続的な政策活動が行えるようになっています。

NFTアートを販売しているイラストレーター

NFTアート イラストレーター

NFTアートは現在最も注目されている新興市場であることから、これまで大手企業のイラストを担当していたような著名イラストレーターが参加するケースも増えています。そこでここからは、NFTの出品が大きな話題となった4人のイラストレーターを見ていきましょう。

今後の投資のためにもぜひ参考にして下さい。

さいとうなおき

さいとうなおき氏は「ポケットモンスター」シリーズや「ポケモンカードゲーム」のイラストを担当してきた業界の著名人であり、若手にとってはまさに憧れのクリエイターたり得る存在です。そのポジションを活かして、近年は自身のテクニックを拡散するYouTuberとしても活躍しており、イラストレーター全体の活性化にも貢献しています。

そしてさいとう氏は2021年10月にイラストNFTを販売しており、約600万円 (13.69ETH)という高額 で落札されたことをツイッターに投稿しました。また、アーティストが自由に表現活動を行う世界を実現するため、という出品理由にも賞賛の声が少なくありません。

lack

Twitterフォロワー数50万人を誇るlack氏は、自身の作品をNFTStudioというイラストレーター特化のNFTマーケットプレイスにて販売しました。株式会社NOKID主催の360°VRのNFTイラストギャラリー「PROJECCT EMOTION」にて共同発行したことも大きな話題となり、全3作品が最低落札価格約100万円 (3.5ETH) から開始されたポイントも多彩なジャンルを手掛けるlack氏の人気度ゆえといえるでしょう。

kanju

地雷系女子のイラストで20万人以上のTwitterフォロワーを保有するkanju氏は、CryptoGames株式会社と共同で自身のイラストを販売しました。「地雷系」と名づけられたNFTアートは固定価格で約4万円という高額でリリースされましたが、超高画質イラストとサイン付きイラストも同時にもらえる特典によって、ファン垂涎のプロジェクトに仕上がっています。

まさよ

ビデオゲーム「キラキラモンスターズ」のイラストを担当するまさよ氏は、2021年9月に自身初のNFTを販売しました。そして、イラストのバリエーションは全6作品となっており、約5万円のパッケージには本人直筆のサイン付きイラストが含まれています。

まさよ氏は18万人のフォロワーを保有するほどのトップクリエイターであるため、興味を持ったファンも多いでしょう。

NFTアートが購入できるマーケットプレイス

NFTアート マーケットプレイス

ここからは、NFTアートが購入できるマーケットプレイスとして、OpenSea・SuperRare・NFT Studioの3つを解説します。市場においても特に需要の大きい分野であるため、興味があればさっそくアカウントを発行してみてください。

OpenSea

OpenSeaは世界最大の取引規模を誇るNFTマーケットプレイスであり、MetaMaskとイーサリムさえ準備すれば誰でも利用可能です。2017年のサービスローンチ以降2億円規模の資金調達に成功しており、その度にユーザーファーストのサービスを拡充させてきました。

現在はガス代が発生しないポリゴンブロックチェーンに対応している点も魅力であり、特定のアイテムジャンルに特化したラインナップではないものの、アート含めそれぞれが他とは一線を画す充実ぶりを実現しています。

SuperRare

SuperRareは2018年にサービスを開始したイーサリアムブロックチェーンのマーケットプレイスであり、アート作品に絞ることで高品質な市場を提供しています。また、ロイヤリティの付与や「転売作品の抽出機能」を備えたプラットフォームであることから、NFTの二次販売を通じたアーティストの支援に対しても積極的です。

NFT Studio

NFT Studioはイラスト作品に特化したマーケットプレイスであり、クリエイター審査を設けることで全体的な品質を維持しています。そして、サイドチェーンであるpolygonを採用しているため、ユーザーはガス代を負担する必要がなく、クレジットカード決済を導入している点も新規参入者にとっては利便性の高い魅力です。

NFTアートの購入方法

NFTアート 購入方法

ここからは、NFTアートを購入する具体的な手順を見ていきましょう。大きく分けて5つのステップで完結するため、初心者でも簡単に進められます。

1:仮想通貨取引所でアカウント作成

まずはNFTアートの購入資金を用意するために、仮想通貨取引所のアカウントを作成しましょう。その後日本円を用いて仮想通貨を購入していきますが、その際は銘柄の選定に注意してください。

実際のところ、多くのNFTはイーサリアムブロックチェーンにて発行されていますが、全てのマーケットプレイスが同じではないため、自身が利用を検討しているプラットフォームの対応通貨をきちんと確認しなければなりません。もし取引所に迷ってしまった場合は、国内大手のコインチェックか、業界最多水準の仮想通貨を取り扱っているバイナンスを選ぶのがおすすめです。

2:ウォレットを作成

NFTマーケットプレイスはブロックチェーンを用いて構築されているため、たとえアイテムを購入しても通常のブラウザでは保管や閲覧が行えません。そこで必須になるのが、インターネットに接続してトークンを管理するオンラインウォレットです。

NFTはもちろん仮想通貨の財布としても機能することから、ブロックチェーン関連のサービスを利用する際はマストツールといっても過言ではないでしょう。また、初心者は業界で最も知名度の高いMetaMaskを利用するのがおすすめであり、セキュリティの安全性はもちろんGoogle Chromeの拡張機能にセットすれば快適に利用できます。

3:ウォレットへ送金

オンラインウォレットの準備が完了したら、NFTを購入するために必要な分の仮想通貨を送金しましょう。そしてその際は、送金先のアドレスを極力間違えないようにしてください。

もし他人ウォレットに送金してしまえば、その後の処理に大きな手間がかかるだけでなく、そもそも発覚するまでの時間も無駄といえます。また、最悪の場合はそのまま資金が戻ってこないケースもあることから、自身の情報をメモに保存してコピペするだけの状態にするか、一旦少額で入金した後に全額を手配する等の対策をした方が良いでしょう。

4:NFTマーケットプレイスにログイン

資金の準備を整えた後は、希望のNFTマーケットプレイスにアクセスしてアカウントを発行します。その際、オンラインウォレットと紐づける必要があるため、もし複数を保有している方は必ず先ほどの手順で入金したものかどうかを確認してください。

5:NFTアートを検索し購入

ここまでの工程に進めば、いつでもNFTアートが購入できます。基本的に全てのマーケットプレイスはトップ画面から検索が行えるため、アーティストや作品名、ジャンル等で探していきましょう。

また、出品日や価格帯、販売形式等の情報でフィルターがかけられるケースもあります。膨大な数がラインナップされていますが、求めている作品を明確にして効率的に進めてみてください。

NFTアートの将来性

NFTアート 将来性

ここからは、NFTアートの将来性について解説していきます。市場自体は比較的まだ新興の部類に入るため、場合によっては不安を感じるケースもあるでしょう。

しかし、未だ未熟ということは今後成長していく余地も未知数といえることから、以下の内容を参考にこれから到来する新たな波を予測してください。

知名度に左右されない販路の確保

NFTは知名度に関係なく誰でも発行と販売が可能なメリットがあります。したがって、これまで表舞台にでることのなかった「才能」が脚光を浴びる可能性もゼロではなく、ブロックチェーンの拡散性によってクリエイターの販路拡大にも利用できるでしょう。

そういった背景によって今後はより多くのイラストレーターが流入してくる予想がされており、全体のクオリティに関しても飛躍的な向上が見込まれています。実際のところ、現在は粗悪な作品も一定数存在することから、投資家や愛好家にとっても喜ばしい好循環といえるでしょう。

価格高騰の伸びしろが見込める

従来のデジタルイラストはツイッター界隈で人気のクリエイターが「インフルエンサー」としての影響力拡大を目的として活用しており、無料で取引するケースも少なくありませんでした。しかし、NFTの登場によって現実の絵画と同等の価値を保有する存在にまで昇華されたことから、そういったモデルは今後徐々に縮小していくかもしれません。

事実、NFTアートにおける過去落札額は約75億円と途方もない規模であり、現在はある種の指標としても意識されているのです。すなわち、投資家の意見と認識さえ一致すればさらに上をいく作品が誕生する可能性もゼロではなく、もし実現すればもう1段階ステップアップした未曽有のNFTバブルが姿を現すでしょう。

幅広いビジネスモデルの誕生

NFTはデジタルコンテンツに特化したトークン技術ではありますが、現在は実体を持つサービスと連動したプロジェクトが増えてきています。たとえば選手の限定トークンが付帯したスポーツ観戦チケットや、出版本とセットになったデジタル付録が挙げられるでしょう。

一方、アート分野においては現物の絵画や写真をスキャンしてNFT化し、オリジナルを破棄する真逆のモデルも誕生しているのです。これらは一見すると相反するネガティブな流れにも思えますが、市場はむしろNFTの持つ実現可能性や多様性に注目しており、様々な企業やクリエイターが自由な発想を試し始めています。

また、今後は知的財産や不動産、特許分野における活用方法も見出されているため、アート分野においても新たなビジネスモデルの誕生は特にチェックしておくべきポイントです。

まとめ

本記事ではNFTアートの概要やおすすめのマーケットプレイス、具体的な購入手順について解説してきました。デジタルコンテンツと高い親和性を持つNFTはイラストや写真といったアート作品と特に相性が良く、これまでにもたらしてきた経済効果は既に膨大な域に到達しています。

そして、先ほど触れた将来性を考慮すれば今後の伸びしろも未だ未知数であり、さらなる技術発展とビジネスモデルの誕生が見込めるでしょう。もし現在興味を持っている方は、本記事で解説した手順を参考にしつつ、OpenSea・SuperRare・NFT Studioを活用して取引を進めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close