NFTがもたらすマーケティング業界の変革!成功のコツと事例を徹底解説

近年アート作品を始めとするデジタルコンテンツは、NFTの登場とともに高額で取引されるケースが増えてきました。そして、ブロックチェーンの拡散性とNFTの話題性はマーケティングにも大変役立つ特徴ですが、「どのように組み合わせれば良いか」という悩みを持つ方も多いでしょう。

本記事ではそういった方に向けて、NFTとマーケティングの親和性と具体的な活用事例等を解説していきます。

NFTとマーケティングの親和性とは

NFT マーケティング

ブロックチェーン技術を応用した新しい技術として注目を集めているNFTは、特にマーケティングと親和性の高い領域といえるでしょう。

たとえばNFTはBtoCにおける一対一の関係性が成り立つことによって、ユーザーとのより親密な関係性が構築できます。そして、市場における認知度と親しみやすさが高まれば、次第に自社の商品・サービスのファンコミュニティが形成されるでしょう。

また、NFTは発行者の権限により二次販売等が可能となるため、NFTマーケットプレイスでさらに流通範囲が広げられます。すなわち、PRを伴わない一般層による自発的な取引が、ブランディングにも繋がるのです。さらに、現在はNFTの技術発展が著しいことから、これまでオンラインの世界とは縁遠かった業界でさえも、既存サービスの付加価値向上が行いやすくなっています。

NFTとは

NFT とは

ここからは、NFTの概要や仕組みについて確認していきましょう。仮想通貨との違いにも触れるため、相違点を押さえてぜひ有効活用してください。

NFTの仕組み

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称であり、替えの利かない固有情報を付与されたトークンとなります。したがって、従来のデジタルコンテンツでは困難とされていた唯一性の証明をブロックチェーン技術によって実現した技術であるため、複製や改ざんは実質不可能といえるでしょう。

また、所有者や売買の情報だけでなく、転売取引によって発生した利益を大元の作成者へ半永久的に還元する機能も追加できる特徴があります。

仮想通貨との違い

仮想通貨や暗号資産と呼ばれてきたトークンは「Fungible Token」に該当する、代替性トークンに分類されています。簡単にいえば法定通貨のように、同じ銘柄が同等の価値(価格)持っているということを指しており、仮想通貨とNFTにおける最大の違いともいえるでしょう。

そのため、初心者の中には「仮想通貨NFT」「NFTは仮想通貨の一種」と認識しているケースもありますが、厳密には誤りであり、共通しているのはブロックチェーンで構築されているポイントのみとなっています。

NFTが注目される背景

NFT 注目の背景

2020年以降、国内におけるNFTの認知度は加速度的に高まっており、これまでブロックチェーンに触れてこなかった層の参入も増えてきました。しかしながら、「なぜ注目されているのか」という背景を蔑ろにして、表層的な認知に留めてしまうと、最も重要な本来の価値は理解できません。

そこでここからは、NFTが注目される理由を3つ解説していくため、近年の社会動向に照らし合わせながらきちんと把握しておきましょう。

頻繁に高額売買される

NFTが注目される背景としてまず挙げられるのが、これまでに類を見ない売買価格の高騰ぶりが挙げられます。たとえば、これまで全く価値のなかったゲームアイテムやデジタル画像等が数万円〜数十億円という高額で取引されており、表面的には実体を伴う芸術作品と変わらない扱いといえるでしょう。

また、ビッグタイトルである「ポケットモンスター」シリーズのイラストを担当している「さいとうなおき氏」が2021年に販売した作品は約600万円 (13.69ETH) で落札されたことから、特にイラスト分野における相場の上昇は異次元の規模に発展しています。

新たなビジネスモデルが実現する

先ほど触れた通り、著名イラストレーターによる作品は頻繁に高額落札されていますが、その他の業界においてもその潮流は例外ではありません。たとえば、ミュージシャンがチャリティ企画として音源NFT販売し、利益を寄附する活動も活発化しています。

また、出版業界のような著作権ビジネスを行っている領域でも、電子書籍の中古本化やデジタル付録といったNFTとの組み合わせが進行しているのです。さらにファッション業界でもSNS上の自分自身を着飾るデジタルファッションへの流用が始まっていることから、NFTは各方面において新たなビジネスモデルを創出し得る技術ともいえるでしょう。

誰でも参入できる

一般的なビジネスは国籍や年齢、資格といった参入ハードルが高く、たとえ自国でローンチするとしても、ある特定の条件がクリアできないことから諦めざるを得ないケースも少なくありません。しかし、NFTのベースであるブロックチェーンはパソコンを持っている全ての方に開かれたフィールドでもあり、誰もが参入できる魅力があるのです。

事実、現在は完全に無名な一般人から世界的なアーティスト、誰もが知る芸能人等も続々とNFTを発行しており、NFTをビジネスに組み込む企業も増えてきています。

NFTがマーケティングに活用できる理由

NFT マーケティング 活用の理由

先ほどNFTに参入する企業が増えてきていることに触れましたが、そこで特に注目したいのがマーケティングとの相性です。実はNFTが持つ特性はマーケティングにおいて大変活用しやすく、現在最もおすすめの施策、あるいは手法といえます。

ここではその理由として「ブランディング効果が高い」「ユーザーとのダイレクトな関係性が構築できる」「ブロックチェーンの拡散性」の3つに焦点を当てて見ていきましょう。

ブランディング効果が高い

NFTは「誰もが取引できる」「SNSで自慢できる」という特徴を持っていることから、自社のブランディングにダイレクトな効果が見込めるでしょう。

通常、企業の商品を広告・宣伝するには莫大な広告費用を投入して、認知度の向上とイメージの定着を図る必要がありますが、ある種スタンダードな手法となっている現代においては比較的「平凡」ともいえます。すなわち費用対効果が年々低下しているのです。

一方、NFTを購入したユーザーが自ら積極的に流通させてSNSで拡散すれば、二次的に閲覧するユーザーにとっては大変信頼度の高い情報となり、認知向上へのアプローチを企業側で行う必要性も減少します。

ユーザーとのダイレクトな関係性構築

自社のNFTが購入されれば、通常の商品とは異なるコミュニケーション方法が確立できるでしょう。具体的には、NFTの発行者である企業がより近しい存在として購入者(ターゲットユーザー)に認識されるため、再びNFTを発行した際のリピーター化も期待できるのです。

さらに、口コミ等で拡散してもらえる好循環が発生するだけでなく、実体を伴うサービスと連携させて差別化を図れば、より効率的に関係性の構築が可能となります。

ブロックチェーンによる拡散性

先ほど触れてきた通り、NFTはSNSとの相性が良いことから、高い拡散性も見込めるでしょう。しかしそのベネフィットはあくまでもメインではなく、より注目するべきは基盤となるブロックチェーンの特性にあります。

たとえば、ブロックチェーン上にマーケットプレイスを構築すれば瞬間的に世界へ発信できるだけでなく、単純にNFTを発行するだけでも多くのユーザーへ「自社の存在」を知らせることが可能です。また、異なるゲームやプラットフォームにおける相互間機能も搭載されているため、企業の規模に関わらずネットワーク外部性が活用できる技術となっています。

NFT導入の成功例

NFT 導入成功例

ここからは、実際にNFTを導入して成功を収めたサービスを4つ解説していきます。

  • CryptoKitties
  • NBA Top Shot
  • マクドナルド
  • RTFKT

いずれもNFT市場における成功モデルとして認知されているため、自社のマーケティングにもぜひ反映させてみてください。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

CryptoKitties (クリプトキティーズ) は20017年にリリースされたイーサリアブロックチェーンベースのBCG(ブロックチェーンゲーム)であり、オリジナルの子猫を購入・交配させてレア度を高めていくシステムです。一見するとなんの価値もないようにも思えますが、「ゲームアイテムをNFTにする」という仕組みを市場に顕在化させたパイオニアのような存在となっており、1つの猫が数百万円以上で取引されるケースも少なくありませんでした。

この世で唯一の猫を所有できる、という所有欲を満たしつつユーザー同士のコミュニティ活性化を持って、サービス自体の活性化と市場の認知度向上に大きく貢献しています。

NBA Top Shot

CryptoKitties (クリプトキティーズ) がパイオニアなら、NBA Top Shotは最盛期を作りだしたモンスターコンテンツといえます。これまでは紙媒体が基本でしたが、NTSは確かな価値を持つオンライントレカであり、世界に名を馳せるスター選手のハイライト動画が数千万円以上で取引されました。

また、サービス全体の累計売上額は約380億円を超えており、市場におけるトップセールスを樹立しています。ネット上では共有できなかったコレクティブアイテムを昇華させただけでなく、簡単に取引できるシステムも爆発的なヒットの理由です。

当然今後もバスケットボール人気を下支えする期待が持てるため、NFTの成功事例としては外せないモデルでしょう。

マクドナルド

ファストフード大手のマクドナルドはNFTと縁遠い領域にも思えますが、日本でも販売していたハンバーガー「マックリブ」の発売40周年記念にNFTをリリースしました。また、Twitter上で「マックリブNFT」の抽選キャンペーンを開催し、マクドナルド公式アカウントをフォロー後、キャンペーンツイートをリツイートすることで応募ができる形式は拡散性を最大限に活用した手法であり、大変コスパの良い認知度向上施策となっています。

RTFKT (アーティファクト)

コレクティブアイテムを中心に取り扱うファッションブランド「RTFKT」は、NFTで構築されたバーチャルスニーカーを販売しました。そして、実体を持たずともスニーカーに対するコレクションニーズは健在であり、これまでに約3.3億円という記録的な価格で落札されたアイテムも存在するほどです。

また、RTFKTがNFTスニーカーのリリースに踏み切った背景としては、最も盛んな米国を始めとする世界的なスニーカーブームの人気に取り入る意図があったとされており、ブロックチェーンの話題性と拡散性を上手く活用した成功モデルとなりました。

NFTを成功させるマーケティングのコツ

NFT マーケティング コツ

次はNFTを組み合わせたマーケティングを成功させるコツについて解説します。

  • ファンとの接点を増やす
  • インパクトが見込める製品をNFTにする

以上2点を詳しく見ていきましょう。

ファンとの接点を増やす

NFTはユーザーが持つ「独占欲」「所有欲」が満たせることから、その特徴を活用してよりファンとの接点を増やすことが重要です。また、自発的なコミュニティの形成を促すのも効果的であり、通常のマーケティングによるコミュニケーションでは補完しきれない部分を満たすようにしましょう。

たとえば、Twitterを介したキャンペーンや、ネイティブトークンを発行した運営議決権の付与等は近年多くの企業が取り組んでいる主要となっているため、それらスタンダードを参考にしつつ、さらに一歩上をいった施策を立案してみてください。

インパクトが見込める製品をNFTにする

NFTはオンラインで共有できる特徴があるだけに、購買欲を掴むにはファーストインプレッションが最も重要といえるでしょう。ごくありふれた製品をリリースしても売上に結びつかないどころか、「革新的なNFTで平凡なことをしている企業」というレッテルが貼られかねません。すなわち群雄割拠の新興市場ではナンセンス極まりないのです。

したがって、視覚・機能・話題性において他では模範できないインパクトを持ったNFTの作成がブランディングと収益効果を高める鍵となっています。

まとめ

本記事ではNFTとマーケティングの親和性とこれまでの成功事例について解説してきました。NFTは法人・個人関係なく誰もが平等に参入できる領域であり、ユーザーとのコミュニケーションやブランディング等を従来とは異なるアプローチで狙っていけるでしょう。

一方、新興市場であるだけに平凡なコンテンツをリリースしても効果は見込めません。現在NFTを組み込んだ事業を検討している方は、ぜひ本記事で触れてきた成功モデルとコツを参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close