ERC721とは?NFTの標準とERC規格についても解説

NFTはデジタルコンテンツを唯一無二の資産に昇華できる技術であり、これまで価値のつかなかった作品が高額で取引されるケースも多いことから、資産形成を目指して参入する方も増加傾向です。

一方、NFTを取引していると「ERC721」という見慣れない文言を目にすることがあります。
理解しないまま運用を続けるパターンも少なくありませんが、NFTにおいては大変重要な意味を持っているため、本記事で詳しく見ていきましょう。

ERC721とはNFTのトークン規格

erc721 規格

ERC721とはイーサリアムブロックチェーン上で発行されるNFTのトークン規格を指しており、イーサリアムを改善する目的でコミュニティによって行われるEIP(Ethereum Improvement Proposals)において提案されました。これによって、異なるスマートコントラクトにおいても互換性を持ち、プラットフォーム、取引所の垣根を超えた昨今のスタンダードが確立されています。

そして、ERC721はデータに固有の名称・デザイン・トークンIDのような情報を付与し、NFTが持つ唯一性を実現しています。したがって、ERC721とはユーザーのデジタルコンテンツをNFTにするための標準的な規格であり、運用していく上では押さえておくべき重要な知識といえるでしょう。

ERCとは

ercとは

ここでは、具体的にERCの特徴について解説していきます。

他のプラットフォームとの互換性を維持する標準

ン上のスマートコントラクトの機能標準について提案するものであり、仮想通貨なら支払い、NFTは固有情報の付与と保護といった機能を定義する役割を持っています。そしてもう1つの重要な役割に挙げられるのが、異なるプラットフォームにおける機能の統一化とトークンの一括管理です。

例えば従来はXプロジェクトによって発行されたXトークンは、互換性を持たないためYプロジェクトで発行されたYトークンと同じオンラインウォレットで管理できませんでした。しかし同じERCの規格で作られたYトークンとZトークンは互換性が備わり、1つのオンラインウォレットで簡単に管理できるようになるのです。

NFTに対応したERC

現存するほとんどのNFTは以下の2つによって作成されています。

  • ERC721

2018年1月に提案されたERC721は現在最も利用されている規格であり、最低限の基本的な機能が定義されています。

NFTが注目されるきっかけになったものにNFTゲームの王道であるCryptoKittiesがあります。CryptoKittiesは猫を売買・交配してイーサリアムを獲得できる猫の育成ゲームですが、このゲームは早い段階からERC721を採用していることでも知られています。

  • ERC1155

ERC1155はERC20とERC721の特徴を併せ持つ、ハイブリッドな規格として知られています。この規格が出来た理由としては、ブロックチェーンゲーム内のアイテムやキャラクター等のトークンの管理が煩雑であったため、複数のトークンを扱えるERC1155が誕生しました。

しかしながらERC1155は、ERC721と互換性が無く、ERC721を取り扱うプラットフォームでは利用できないことに注意が必要です。

ERC721x

ERC721xとは、分散型アプリケーションプラットフォームのLoomNetworkから発表された規格です。従来はERC721トークンで複数アイテムの一括送信ができなかったため、ガス代がかかりの負担になっていました。

一方、ERC721xは一括送信はもちろんERC1155とは違って互換性も備えているため、他のプラットフォームでも取り扱える新規格となったのです。

仮想通貨に対応したERC

上記のNFTに対応したERCに対して、仮想通貨に対応した主なERCは以下の3つがあります。

  • ERC20

ERC20を適用したトークンはその利用規模の大きさからICO(仮想通貨の新規発行による資金調達)がしやすく、すでに45万以上のトークンがICOを行っています。

また対応している主なホットウォレットは、イーサリアムのウェブウォレットであるMyEtherWallet、ブラウザの拡張機能やスマホアプリで提供しているMetaMaskがあります。

  • ERC223

ERC20トークンではトークンを誤った方法で送付すると、送付された先のスマートコントラクト内でアクセスができなくなり、トークンが消失してしまう事態が起きてしまっていました。

この問題を解決するためにERC20の互換性を持たせた上で、ERC20の拡張として誤った送付を無くしたのがERC223です。

  • ERC621

RFT(Re-Fungible Token)と呼ばれるERC621トークンは、著作権の発生するアセットと特定のトークンを結びつけたことで不特定多数の人が閲覧可能となり、経済的報酬によるアート、文化の支援を目的としています。なおアセットは、紐付いているトークンの市場価格によってその価格が左右されることになります。

その他のERC

ERCには上記以外にもERC884やERC948という規格があります。ERC884はアメリカ・デラウェア州が2017年に制定した法案により認可されたIPO(株式公開)に使用できる規格です。これによりデラウェア州ではブロックチェーン上において資金調達をすることが可能になったのです。

次にERC948は、近年話題になっているサブスクリプションに適しているとされています。サブスクリプションは動画や音楽の配信、自動車のシェアサービスなど幅広いサービスにおいて適用されていますが、支払いの度に契約者の署名が必要になり、自動的な支払いができないという課題がありました。

そこで契約者が仮想通貨ウォレットから直接支払いを行い、その継続や停止が可能な手続きを標準化するために提案されたのがERC948なのです。

ERC721の可能性はまだ広がる

erc721 可能性

NFTに対応しているERCの代表格であるERC721は、規格の進化自体がNFTの発展へと直接的に繋がります。ERC20からERC721、ERC1155へと飛躍的に進化を遂げる規格は、更に驚くような機能が今後拡張される可能性が十分にあります。

ここでは特に実装される可能性のあるERC864とERC998について解説していきます。

ERC864

ERC864はNFTであるERC721トークンを分割して所有、すなわちNFTをシェアできるERCなのです。NFTを分割する場合は唯一の所有者が発生しないため、当初考えられていたERC721を利用したNFTのシェアは断念したそうです。

これはスタートアップに似ており、複数の共同創業者がいるスタートアップでは、誰一人としてそのスタートアップ企業を唯一所有しているとは見なされません。

ERC998

ERC998は代替可能なERC20トークンと代替不可能なERC721をセットにして一つのトークンにする規格です。

これはブロックチェーンの世界では特殊な考えかもしれませんが、私たちの日常には似たようなものが案外身近にあります。

例えばレストランで出てくる食事は前菜からデザートまで複数の食事が組み合わさって提供され、福袋では複数商品がセットになって購入できる場合もあります。

このように個別に販売できるものをセットにして、一つのERC998トークンとしているのがこの規格の最大の特徴になります。

まとめ

ERC721の規格を皮切りに、CryptoKittiesによる採用を始め様々な分野でNFTの活用、普及が進んでいます。その一方でトークンの消失やガス代の負担など様々な問題が出てきているのも事実でした。

しかしながらその問題を解決するために、多くの新しい画期的なERCが登場してきたことを本記事ではご紹介しました。そしてさらなるERCの進化による機能の拡張も十分に可能性があります。

ERCの進化と同様にNFTの市場もさらなる成長を遂げることも考えられるため、これから始めようと検討してみても遅くはないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close