NFT仮想通貨の購入方法 -かかる税金やガス代についても解説-

仮想通貨の新たなステージとして近年盛り上がりを見せているのがNFT(Non-Fungible Token)と呼ばれるデジタル資産です。

これは従来のデジタルコンテンツ業界においてまさに革命ともいえる仕組みであり、高い有用性から現在の市場において、数千万円規模でNFTが売買されることも珍しくはなく、その流れに比例するようにNFTの購入を検討する方も大変増えてきています。

一方、初心者の方は「どこで購入できるのか」「どんな手数料が発生するのか」「税金について」等が分からないことも多く、複雑な情報を前にして購入を断念してしまうこともあるでしょう。

そこで今回はNFTの購入方法や税金、ガス代について解説していきますので、是非参考にして下さい。

NFT(Non-Fungible token)とは?

NFTとは、ビットコインを始めとする仮想通貨で採用されているブロックチェーン技術を応用したものであり、2021年に入ってから大きく注目されている仮想通貨の新しい形です。ここではまず、NFTの仕組みや具体的な利用方法について説明していきます。

NFTの仕組み

NFTで用いられるP2P(peer-to-peer)は1つのサーバーを介してデータの送受信を行う従来のネットワーク形態とは異なり、世界中のノード(スマホやパソコン等の端末)がデータを相互保管することで通信速度の向上匿名性の確保、サーバーダウン等のシステム障害を解消したシステムであり、高いセキュリティを維持しつつ全てのユーザーがデータを閲覧することができます

そしてブロックチェーンはそのP2Pをベースにした電子取引台帳システムで、ハッシュ関数という技術を利用して暗化したユーザーの取引記録(トランザクション)を1つにまとめてブロックを生成し、前回のブロックと組み合わせてチェーンのように繋ぎ合わせることで取引記録の整合性と不正取引の抑止を実現しています。

一方、従来のブロックチェーンでは「誰がどの取引をしたか」という識別まではできませんでしたが、このポイントを改良して各データの「改ざん不可能な識別情報」が発行されるようにし、世界で唯一のデジタルアイテムを生み出すことのできる非代替性トークンとしてNFTが開発されたのです。

したがって、ネット上にアップされたアートや動画等をNFTに変換すれば、ブランド品でいうところのシリアルナンバーを付与することに等しく、唯一性と資産価値を証明することが可能になります。

NFTの利用方法

NFTの仕組みを解説したところで、具体的な利用方法について解説していきます。初心者は仕組みが理解しきれないこともありますが、事例を参考にすることでイメージがつきやすくなるでしょう。

1. VRアート

VR空間に絵を描いて360°様々な方向から鑑賞できるVRアートですが、これまでは改ざんやコピーが容易であることからデジタルコンテンツとして楽しむ程度に留まっていました。

しかし、NFT化して資産価値を付与することで約1,300万円の高値がついたのです。これは識別情報と改ざん不可の唯一性が価値をもたらすことが証明された代表的な事例といえるでしょう。

参考: NFTアートが約1300万円で落札 世界的VRアーティストのせきぐちあいみさんに、“VR一点もの”オークションに挑戦した経緯を聞いた(IT media NEWS)

2. 動画コンテンツ

NFT市場では、15秒程度の動画をNFT化してトレーディングカードとして販売しており、NBAのスター選手のダンクシュート動画を切り取ったものが約2,000万円で落札されました。

従来の動画は拡散性の高さからこういった商材として扱われることはありませんでしたが、NFTartにすることで資産としての側面が生まれるのです。

参考:ブロックチェーン利用「NBAトップショット」で稼ぐクジラたち(The Wall Street Journal)

3. Twitter投稿

NFTに変換できればどんなものでも資産価値を付与することが可能であり、Twitterの投稿であってもそれは例外ではありません。TwitterのCEOジャック・ドーシーは最初のツイートをNFT化して出品し、およそ3億円で落札されており、NFTの多様性を示した事例といえるでしょう。

参考: ジャック・ドーシー氏、2006年の初ツイートをNFTに 現在のオファーは250万ドル(IT media NEWS)

NFT(Non-Fungible token)の購入方法

ここからはNFTを購入する具体的な方法について見ていきましょう。現在の市場では様々なプラットフォームが用意されており、初心者でも取引できるシンプルな仕様になっています。

売買プラットフォームを検討する

購入を検討する際は、売買裏っとフォーム(通称マーケットプレイス)を選定しましょう。多くの種類がありますが、以下はその中でもおすすめとなります。

1. OpenSea

2017年にリリースされたOpenSeaはNFTの老舗としての認知を獲得しています。OpenSeaが一定の基準に基づいて選定したプロジェクトのみがNFTとして出品されています。

2. CoincheckNFT

仮想通貨取引所として多くのトレーダーが利用しているCoincheckがリリースしたNFTマーケットです。複雑な取引方法はなく、初心者でも気軽に取り組むことができます。

具体的な購入手順

次は具体的な購入手順について見ていきましょう。今回はOpenSeaを例にして解説します。

1. MetaMaskをインストールする

MetaMaskはNFTを購入するために利用する仮想通貨を入れておくための電子上の財布のようなもので、CoincheckNFT等でも広く採用されています。

2. イーサリアム(ETH)をMetaMaskに送金する

NFTの購入資金として、仮想通貨取引所で購入したイーサリアムをMetaMaskに送金します。

3. OpenSeaとMetaMaskを紐づける

別のシステムである2つのアカウントを紐づければOpenSeaのウォレットとして認証されますので、下準備は完了です。

4. アートを購入する

以上が完了すれば、後はOpenSeaの取引プラットフォームでアート作品を購入するだけです。大まかに分けてステップは4つだけとなりますので、初心者でも簡単に手続きできるでしょう。

NFTを購入する際のガス代とは

ここからは、NFTを購入する際の手数料であるガス代について解説します。

ガス代とは

先ほど解説した通り、ブロック生成には暗号化処理と複雑な計算をするマイニングという作業が必要となり、作業するユーザーをマイナーと呼びます。

そしてマイナーは、処理件数が多くなりすぎて送金遅延が起こるスケーラビリティという問題を緩和するために、処理データに優先度をつけるガスリミット(通称:ガス代)という手数料を設定しています。

NFTのガス代の相場

NFT購入にはほとんどの場合イーサリアムを利用するので、「NFTのガス代」= 「ETHのガス代」という理解で問題ありません。

ガス代は取引が集中しているタイミングでは5,000円と高騰することもありますが、時期的要因によって変動する傾向があり、特に週末等は比較的安価に設定されることが多くなっています。また、実際の手数料を調べるには公式に配信されている以下のガスリミットチャートを参照しましょう。

ガス代ゼロへの試み

先ほどはイーサリアムのガス代はタイミングによって5,000円程度になることを解説しましたが、業界ではこの水準を問題視する声も上がっており、ブロックチェーンのアップデート等でNFTのガス代をゼロにする試みが活発化しています。

したがって、今後はNFT購入の際ガス代を気にする必要がなくなる可能性も高く、マーケットの動向に注目が集まっています。

NFT売却の日本における税金について

NFTを売却して利益がでた際に発生する税金の問題でしょう。ここからは日本における課税の仕組みについて解説していきます。

他の仮想通貨と同じく雑所得扱い

NFTは購入代金と売却益の差額が課税対象になり、雑所得の区分として扱われます。したがって、利益が年間20万円を超える場合は控除額を差し引いて、以下の税率を乗じた金額が課税されます。

NFTで上手く利益がでた際は、ある程度自身で計算してみると良いでしょう。

具体的な計算方法

雑所得として区分されるNFTの売却益ですが、課税対象になるのは「購入した時」ではなく、「売却して利益がでた時」になります。したがって、10万円で購入したNFTが300万円で売却できたと仮定した場合の計算は以下の通りです。

10万円(購入代金)-300万円(売却額)=290万円(売却益)

そしてこの290万円から控除額を差し引いて適用税率である10%を乗じます。

(290万円-97,500円)×10%=280,250円

以上の計算から、例に挙げた売却益に対して発生する所得税は280,250円ということになります。

まとめ

今回はNFTの購入方法や税金、ガス代について解説してきました。

これまでは改ざんやコピーに対する脆弱性から、資産として扱われることのなかったデジタルコンテンツですが、NFTが登場したことによって現在の市場では数千万円単位で取引されています。

その流れは様々な分野に派生しており、ゲームコンテンツや土地の売買、音楽までもが資産化され始めており、今後も大きく発展していくことが予想されています。これまで仮想通貨を取引してこなかった方も、今回の記事を参考に是非NFTバブルの波に乗って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close