NFTって何?特徴・仕組み・注目を集める理由をわかりやすく解説

2021年になり急激に注目を集めるようになった「NFT」。

Twitter創設者のジャック・ドーシー氏が最初に投稿したツイートがNFTとしてオークションにかけられ約3億円の金額で落札されたことでも話題になりました。

この時に多くの人がNFTって何?と疑問に思ったことでしょう。

本記事では、そんないま話題の「NFT」とは何かをわかりやすく簡単に、事例を交えながら仕組みを解説していきます。

そもそもNFTって何?

そもそもNFTって何?

そもそもNFTとは何かと言いますと、Non Fungible Token(非代替性トークン)のことで、ブロックチェーンの技術を用いており、ビットコインなどの仮想通貨と親和性が高く同じデジタル資産として注目されています。

仮想通貨はデジタル上のお金のような役割を担っているのに対し、NFTはデジタル上の実物資産のような役割を担っています。

代替不可能なトークン

NFTは前述の通り非代替トークンということで、替えることができないデータということが特徴です。

まず、そもそもトークンとは何かを解説します。

トークンとは代用通貨、証拠品、商品との引換券という意味があります。わかりやすく簡単にトークンを説明すると、価値があるものとの交換チケットということです。

そしてNFTはこのトークンにシリアルナンバーのような特性を付け、データを偽造や複製ができないという点がここまで注目されている理由です。

この偽造や複製ができないという点が実物資産のような役割を果たし、デジタル資産としての価値を生み出します。

ブロックチェーンを活用している

NFTはブロックチェーンの技術を活用することで成り立っています。

ブロックチェーンはインターネットに接続された世界中のコンピューターでデータを共有、管理する技術です。

このことにより、データ改ざんなどの不正を防ぐことができ透明性が担保されます。この特性を活かしてブロックチェーンは仮想通貨や送金システムなどの金融系や、NFTなどのデジタル資産に用いられています。

仮想通貨やデジタル資産が成り立つにはこのブロックチェーン最大の特徴、不正ができない透明性が極めて重要になります。

データ上に所有できる資産

NFTは仮想空間やデータ上で資産として保有することが可能です。

これまでのデジタルデータは簡単にコピーなどで複製することができ、資産的価値を付けることが難しかったです。

しかし、データをNFT化することで非代替性が付き、現実世界の実物資産のようにデータに希少性が生まれます。

複製のできない絵画が価値があるように、NFTにも価値が付きます。

そして先ほど説明した通り現実世界の実物資産と違う点は、NFTはデータなので仮想空間で保有できることです。

この為、盗難や紛失のリスクが現実世界の資産より低く、安全性が高いです。

分割できないデジタル資産

NFTは同じくブロックチェーンを活用し、似た性質を持つ仮想通貨とは違い、分割できず1つのアイテムとして存在します。

NFTと仮想通貨の違いは、トークンが非代替性か代替性かです。

わかりやすい例として現実世界の一点モノの絵画と1万円札を比べてみます。

一点モノの絵画が現実世界の非代替トークン、1万円札を代替トークンとします。

一点モノの絵画は世界に1つのアイテムとして存在するため、そのトークンとしての役割が分割されることはありません。

逆に1万円札は数多く流通しており、誰が持っている1万円札でも同じトークンとしての役割を果たします。

このようにNFTは分割できないデジタル資産として存在します。

過去の記録を全て確認できる

NFTはブロックチェーンの技術を用いることで、1つのNFTを作成した人が誰なのか、その後に所有していた人が誰なのかを遡って記録として確認することができます。

ブロックチェーンの仕組みは取引の記録(ブロック)を過去から1本の鎖のように連鎖して残し、インターネットに繋がった世界中のコンピュータで共有、管理するため誰でもそのNFTの履歴を確認することができます。

ブロックチェーンは分散管理型のシステムですので、1つのコンピュータが故障などのトラブルになってもその記録が消失してしまう心配がありません。

NFTが注目を集めた事例

NFT 事例

それではここからNFTが注目を集めた事例について説明していきます。

  1. NFT化されたツイートが3億円で落札
  2. 高額落札されるデジタルアートの出現
  3. 高額取引されるゲームキャラクター

この3つの事例について詳しく見ていきましょう。

それぞれこれまでもデジタルコンテンツとして存在してきたものですが、NFT化されたことで資産価値が付加されたことが特徴です。

NFT化されたツイートが3億円で落札

この記事の冒頭でも書いた通り、NFTが世界中で話題になるきっかけの1つが、Twitter創設者のジャック・ドーシー氏のツイートがNFTとして3億円で落札されたことです。

世界中の多くの人が1つのツイートに3億円の価値が付いたことに驚愕したと思います。

このツイートはもちろん誰でも見ることができますが、この時に落札されたツイートはNFT化されたことで単一性が付与され、唯一無二の希少性が生まれました。

このことで単なるデータだったツイートに希少性のある絵画のような価値ができ、30億円の価格で落札されたのです。

高額落札されるデジタルアートの出現

これまで簡単に複製可能だったデジタルアートもNFT化されたことで高額落札されるものが出現してきました。

国外のオークションでは75億円でデジタルアートが落札された事例も生まれました。

落札された作品はデジタルアート作家ビーブル氏の「Everyday-The First 5000 Days」という1日1枚ずつ13年以上に渡って撮影された5000枚の写真のコラージュです。

落札したのは「Metapurse」という仮想通貨ファンドで、「私たちは、この作品が現代に置いて極めて重要なアートだと思っている。」とコメントしています。

高額取引されるゲームキャラクター

24×24ピクセルのNFTアート「クリプトパンク」が約7900万円で取引されました。クリプトパンクとは24×24ピクセルのデジタルキャラクター画像から作られるデジタルアートです。

NFTが注目されるようになり、ゲーム内のキャラクターや武器がNFT化され、高額取引される事例も出てきました。

このことでこれまではゲーム内でしか価値がなかったキャラクターやアイテムに資産的な価値が生まれ、新しいデジタル資産として注目されています。

ゲーム内でのレアリティがそのまま資産価値を高めるということになり、よりゲームプレイを楽しむことができます。

NFTが活用されている分野5選

NFT 5分野 

それではここからはNFTが活用されている分野を5つ選び説明していきます。

  1. ゲーム
  2. アート
  3. トレーディングカード
  4. ファッション
  5. 不動産

各種分野の具体例を交えて具体的に紹介していきます。

ゲーム

NFTと親和性が高いゲームですが、ブロックチェーンを活用して作られたNFTゲームが徐々に人気になっています。

NFTゲーム内のアイテムはNFTマーケットで仮想通貨による売買が可能でプレイしながら稼げると話題です。

NFTゲームは既存のゲームと比較しますとまだまだ完成度に差があり、プレイ人口は少ないですが、今後はマーケットの拡大により大手ゲームメイカーの参入も続々と増えることで品質の向上に期待がされます。

キャラクターやアイテムがそのままデジタル資産になるなど、これまでのゲームにはない面白さが魅力です。

アート

先ほども説明した通り、アートもNFTによって新しい作品が増えています。

デジタルアートのNFT化はもちろんですが、既存の絵画や写真作品をデジタルデータに直し、そのデータをNFT化するという動きも出てきています。

事例として絵画をNFT化した後に、その元となった絵画を燃やしてしまうというアートパフォーマンスもあり、大きな話題となりました。

アートもデジタル化が進む中、このような事例は今後も増えてくると予想されます。

特に絵画よりデジタル化が進んでいて、複製のしやすさが特徴だった写真作品ではNFTの普及でこれまで以上の価格が付く作品が増えてくるかも知れません。

トレーディングカード

NFTトレーディングカードも急激に人気を高めてきました。

海外ではNBA選手などのNFTトレーディングカードが発売され、短期間で高値が付いています。日本でも大手メーカーがNFTトレーディングカードへの参入を発表しており、コンテンツ力が強い企業がマーケットの拡大を図ると予想されます。

また、アイドル業界も進出を狙っており、これまでの売り上げを担っていた生写真ビジネスをそのままNFTトレーディングカードに転用しグッズ販売の新しいマーケットを作り出そうとしています。

カードゲームもペーパレス化が進んでいますので、NFTトレーディングカードの今後に注目です。

ファッション

ファッションでもNFTに対する期待が高まっています。

仮想空間の中でNFTファッションが大きな話題になっています。

バーチャルスニーカーブランド「RTFKT」が7分間で約3億円以上の売り上げを記録するなど、バーチャルスニーカーは北米を中心に人気となっています。

仮想空間で着用するアイテムにも現実世界のレアアイテムのような高額価格が付いており、VRなどが発展していく中で、これからまだまだ伸びていく分野です。

不動産

不動産でもNFTによる新しいマーケットが誕生しています。

ブロックチェーンの技術を用いたVRプラットフォームの注目が集まっています。知名度が高いプラットフォームではVR不動産の価格が高騰し、バブルのようになっています。

仮想空間の土地にもNFT化されたことで単一性が付き、現実世界のように土地としての価値が生まれました。

これまでの最高価格として、仮想空間の4万1216平米の土地が約6200万円で売買されるなどの事例もあります。

仮想空間の土地にも資産価値が付加され、不動産の新しいマーケットとして今後に注目です。

まとめ

今回の記事ではNFTの特徴やブロックチェーンを活用した発行の仕組み、現在注目を集めている理由や実際に活用されている分野を紹介してきました。

NFTがどんなものか理解していただけましたでしょうか。

NFTはすでにさまざまな分野で活用され、新しいマーケットを生み出しています。

これまでデジタルコンテンツを扱っていた分野はもちろん、全く扱っていなかった分野にも活用され始めています。

これからさらにマーケットは拡大していくNFTから今後も目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close