テゾスはゲームで稼げる?仮想通貨を稼げるゲームと将来性も解説

暗号資産は、投機の対象としてだけでなく支払いなどでも使用できます。まだまだ日本では暗号資産で支払いできるお店などが少ないですが、オンラインゲームでは活発に取引されているのです。

注目度の高いテゾスの場合、ゲームで暗号資産を稼げるのをご存じでしょうか?また、ゲームでテゾスをどのようにして稼げるのでしょうか?

この記事では、暗号資産を稼げるゲームを紹介しつつ、将来性についても解説します。

テゾスはゲームで稼げる?

テゾス ゲームで稼げる

注目度の高い暗号資産であるテゾスは、ゲームで稼ぐことは可能です。NFTゲームと呼ばれるゲームをプレイすることで、収益化を計ることができます。

これまでのゲームでは、ゲーム内でレアアイテムを獲得しても第三者に転売することはできませんでした。ゲームの場合、課金してより魅力的なアイテムを手に入れたいというニーズが高いのですが、NFTゲームでは販売することができるので対価としてテゾスを獲得できます。

また、単純にプレイしてミッションをクリアするだけでも暗号資産を獲得できるゲームも多いです。

現状は対応ゲームが少ない

NFTゲームは、ゲーム内で獲得したアイテムを他のユーザーに販売する形で利益を得ることができますが、残念ながらまだまだ対応ゲームが少ないのが実情です。オンラインゲームは増える一方ですが、まだまだNFTゲームとして開発されている例は少ないのです。

また、コンシューマーゲームやスマートフォンゲームと比較すると、クオリティという観点では劣っています。NFTゲームのクオリティが低い理由には、資金面と技術面の両方に課題があります。

有名なゲームともなると、100億円以上もの開発費をかけていることがありますが、NFTゲームではまだまだ力を入れているメーカーは少ないです。開発費が低いが故に、グラフィックやサウンドという点でも見劣りします。

以上のことから、まだまだメーカーとしては様子をうかがっている段階であり、対応ゲームは現状では少ないのです。

他の暗号資産の方が稼ぎやすい

テゾスは知名度を上げていますが、まだまだ他の暗号資産と比較すると利用できるシーンが限られます。NFTゲームでは、支払う側と販売する側が同じ暗号資産を使用しなければなりません。

よって、支払う側としてもより知名度が高く、幅広く使用できる暗号資産で払いたいものです。そして、テゾスよりもビットコインなどのより知名度が高く流通量の多い暗号資産の方が稼ぎやすいのが実情です。

仮想通貨を稼げるゲーム6選

仮想通貨 稼げるゲーム

暗号資産が稼げるゲームとして、特に有名なものとして以下6つがあります。

  • Axie Infinity
  • Sorare
  • CRYPTO SPELLS
  • The Sandbox
  • My Crypto Heroes
  • CryptoKitties

暗号資産を稼ぐだけでなく、単純にゲームとしての見どころもあるものばかりですよ。各ゲームの特徴について、詳しく解説していきます。

Axie Infinity

Axie Infinityは、Axie(アクシー)というモンスターを集めてバトルを繰り広げる対戦ゲームとなっています。バトルする方法は、対コンピュータ戦となるアドベンチャーと、対人戦のアリーナの2つが存在します。

Axieは、バトルで使用するだけでなく、ブリードという仕組みで2体のAxieを合体させて新たなAxieを生み出せるのです。よって、成長要素もあるゲームとして遊び後耐えも十分です。

Axie Infinityでは、SLP(Smooth Love Potion)と呼ばれる独自の暗号資産を獲得できます。アドベンチャーモードをプレイするだけで1日50SLPが、デイリークエスト3つをクリアすれば1日25SLPを得ることができます。

毎日コツコツとプレイするだけでも、月10,000円以上獲得できるのが良いですね。

Sorare

ファンタジーフットボールゲームという位置づけのSorareは、現実のサッカーの試合の戦績がゲームのスコアに反映されるゲームです。リアルな世界で活躍している選手のデジタルプレイヤーカードを用いて、仮想チームについて購入したり販売できるのです。

イーサリアムのプラットフォームを活用したブロックチェーンテクノロジーによって、暗号資産をコツコツと稼げます。サッカーをテーマとしており、また現実世界とリンクしているという点が、ゲームファンだけでなくサッカーファンからも注目されているのです。

成績上位のユーザーは賞品が贈呈されるなど、思わぬ収入を得ることができる点も魅力的です。

CRYPTO SPELLS

CRYPTO SPELLSは、ブロックチェーンの仕組みを用いたトレーディングカードゲームです。従来のトレーディングカードゲームと違って、取り扱われるカードやアイテムなどはNFTとなっており、ゲームの内外でも価値を持つ資産を保有できます。

NFT技術が活用されており、ゲームを楽しみながら利益を得られます。ギルド機能によって、ギルドバトルなど幅広く遊べる点もあり、ゲームファンからの評価も高いです。

また、CRYPTO SPELLSでは他のゲームで保有しているカードを使用できます。これは、NFTコンバーターという機能を採用していることにより実現しているのです。

The Sandbox

The Sandboxは、イーサリアムブロックチェーンを活用したNFTゲームとなっています。イメージとしては、大人気ゲームであるマインクラフトと同様に、メタバースと呼ばれる仮想空間内でキャラクターを操作して遊べます。

決められたゴールや攻略順序はなく、オープンワールドを自由に行動可能です。無料ツールを使用し、ゲーム内で利用可能なキャラクターやアイテムを作成できますが、ボクセルアートと呼ばれるテクノロジーで誰でも簡単に作成可能です。

SANDと呼ばれる暗号資産を使用していますが、ERC-20トークンであり今後取扱う取引所が増えることが予測されています。LANDと呼ばれる、ゲーム上で得た不動産を他のユーザーに貸し出して、不動産収入を得ることが可能です。

また、LAND内で利用できるキャラクターやアイテムを、NFTマーケットプレイスで販売することで収入を得られます。

My Crypto Heroes

My Crypto Heroesは、double jump.tokyo株式会社という日本の会社が手がけるNFTゲームです。ゲーム内で獲得できるキャラクターや武器などは、NFTで作られているので自由に売買ができます。

ゲームの基本は、ヒーロー3体を1チームとしてエネミーとバトルするゲームとなっています。クエストの種類をノードと呼び、クエストをクリアすると経験値と同時にレプリカのエクステンションを入手可能です。

また、稀にNFTのエクステンションがドロップすることもあります。他にも、バトルの種類が多くさまざまな形で激しいバトルを繰り広げることが可能です。

MCH Coinと呼ばれる暗号資産を使用しており、ゲームのエコシステムに参加した対価としてユーザーに付与されます。MCH Coinを入手して、日本円に換金することもできますよ。

CryptoKitties

CryptoKittiesは、2017年11月にリリースされた、NFTゲームとしては老舗の存在です。猫を売買したり交配して。自分だけの猫を集めるというゲーム内容となっています。

目的やゴールは存在せず、ひたすら売買と交配のみを行うゲームとなっているので、シンプルなゲーム性なので誰でも簡単に遊べます。交配を駆使して、珍しい猫を誕生させることで高値で販売可能です。

現実世界と同じく、突然変異種が生まれることで希少価値が高く高値で売ることもできます。他にも、ネコをレンタルする機能などもあってユニークなゲーム世界となっています。

暗号資産をゲームで稼ぐ際の注意点

ゲーム 注意点

暗号資産をゲーム内で稼げるわけですが、注意すべき点もあります。主な注意点としては、以下のようなポイントがあります。

  • 参入障壁が高い
  • 法整備が万全ではない
  • 法規制の対象となる可能性がある

それぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

参入障壁が高い

ゲーム業界への参入は、以前と比較するとハードルが下がっています。特に、スマートフォン向けのゲームは個人で多くのクリエイターが参入しており、中には大人気ゲームとなるケースもあるのです。

ただ、暗号資産を稼げるゲームを構築するのは容易なものではありません。大手ゲームメーカーでは、バンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブが、2021年9月3日にブロックチェーンゲームの開発・運営を手がけているdouble jump.tokyo(DJT)への出資を発表しています。

これによって、本格的にNFTゲームに参入しようとしていますが、あくまでもすでにノウハウがある会社への出資という形です。それだけ、技術的にも参入が難しいのが実情であり、容易に開発できる環境が整うことが期待されている状況です。

法整備が万全ではない

NFTゲームでは、言わば金融商品を取り扱っている形となっていますが、まだまだ法整備が進んでいません。例えば、NFT化されたゲームアイテムやキャラクターを購入した場合、所有権や著作権などの権利は民法や著作権法等によって定められていません。

民法や著作権法は、今のデジタル社会を見据えたものとなっていないため、新しい技術が誕生すると追随できないのです。現状では、NFTゲームが各々で定める利用規約などでしか保証されません。

誰もがルールを守ってプレイしてくれるわけではなく、中には不正を働くユーザーは一定数存在します。よって、早急に法整備が進むことが期待されています。

法規制の対象となる可能性がある

現状のNFTゲームは法整備が求められている一方で、今後法規制の対象となる可能性も残されています。特に懸念されているのが、マネーロンダリングに利用されている可能性があることです。

マーケットプレイスにおいては、ゲーム内アイテムの売買が頻繁に行われていますが、意図的に価値を高めることが可能です。これによって、マネーローンダリングの対象として不正が横行する可能性があり、それに対して規制が入る可能性は十分考えられます。

また、NFTゲームによってはスマートフォンゲームで言うところの有料ガチャの仕組みを採用しているケースがあります。これは、日本国内では賭博法に触れる可能性があることが示唆されているのです。

以上のように、現状では利用できるゲームであっても、やがて法規制の対象となる可能性がある点は考慮したいですね。

今後のテゾスとゲーム業界の可能性

テゾス ゲーム業界 可能性

テゾスとゲーム業界の可能性としては、主に以下2つの動向に注目が集まっています。それぞれの可能性について、詳しく解説していきます。

仏大手ゲーム会社との提携

フランスの大手ゲームメーカーであるUbisoft(ユービーアイソフト)が、2021年にテゾスのステーキングに参加することが判明しています。Ubisoft(ユービーアイソフト)がベーカーとなって、トランザクションを検証してテゾスのブロックチェーンに追加する役割を担う形です。

ベーカーは、ステーク量に応じてテゾスネットワークの更新案に投票するガバナンスに参加可能です。Ubisoft(ユービーアイソフト)は,2021年3月にもNFTプラットフォームSorareと提携しており、バーチャルサッカーゲームであるOne Shot Leagueをリリースしています。

このような大手のゲーム会社から採用されることで、ますますテゾスの価値が高まることが期待されています。

テゾス上でトレーディングゲーム開発を計画

2020年4月に、テゾスの共同創設者であるKathleen Breitman氏が、ゲーム企業Coaseを設立しました。また、テゾスのブロックチェーン上で利用できるカードゲームのEmergentのリリースを発表しています。

Coaseのコアチームメンバーは、カードゲームとブロックチェーンのベテランで構成されており、またテゾスのことを熟知しているKathleen Breitman氏が入っていることでクオリティの高いゲームとなっているのです。ゲームユーザーからの評判も高く、瞬く間に人気ゲームとして注目されています。

まとめ

テゾスに限らず、多くの暗号資産がゲーム内で活発に取引されています。中には、数百万円もの金額が動くようなゲームもあって、市場規模は拡大中です。

まだ法整備が進んでおらず、グレーな部分があるゲームがあるのは事実です。ただ、ゲームをプレイするだけでテゾスを獲得できるのは魅力的で、ぜひプレイしてテゾスをコツコツと貯めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close