テゾスの買い方を知りたい人必見!GMOコインの購入手順を解説

テゾスは独自色の強い暗号資産として、高い注目を集めています。ただ、まだまだマイナーな存在であることは否めず、どの取引所でも購入できるわけではありません。

その中で、日本の取引所の中ではGMOコインで購入可能です。では、どのようにしてGMOコインでテゾスを購入することができるのでしょうか?

この記事では、GMOコインでテゾスを購入する方法について解説します。

GMOコインでは簡単にテゾスの購入が可能

GMOコイン テゾス購入

テゾスは、2021年9月1日時点において時価総額ランキング第34位に位置する暗号資産です。2017年にはICOにおいて約250億円の資金調達を実施し、2018年にメインネットが開始されています。

まだまだ知名度では劣るテゾスではありますが、独自性の強い点に注目が集まっています。例えば、キッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)と呼ばれる仕組みを採用し、ブロック生成のことをベーキング、ブロックを生成する者をベイカーと呼ぶのです。

テゾスの保有量に応じて投票権が与えられ、保有者がその投票権を投票することによってブロックを生成するベイカーを決定する仕組みを取っています。また、マイニングのように暗号資産が付与される仕組みもあるので、比較的入手性が高い暗号資産でもあります。テゾスは、日本の取引所であれば主にGMOコインで購入可能です。

GMOコインでテゾスを購入する際に必要な準備

テゾス 購入 準備

GMOコインでは、比較的容易にテゾスを購入できます。具体的な購入までに必要な準備について、ステップ毎に解説します。

口座の開設

GMOコインでテゾスを購入するためには、まずは口座開設が必須です。口座開設は、オンライン上で完結できるため、比較的簡単に完了します。具体的な口座開設の流れを見ていきましょう。

GMOコインの公式サイトにアクセス

まずはじめに、GMOコインの公式サイトにアクセスしてください。なお、口座開設はPCやスマートフォンから行えますが、後述する本人確認書類の提出が容易に行えるスマートフォンからの申し込みをおすすめします。

登録ページにアクセスすると【口座開設】の画面が表示されるため、利用するメールアドレスを入力してください。そして、「私はロボットではありません」のチェックボックスをタップし、[無料口座開設]をタップしましょう

認証メールの受信

「認証メールを送信しました。」と表示された画面に切り替わると、先に登録したメールアドレス宛に認証メールが届きます。届いた認証メールに記載されているパスワード設定用のリンクがあり、それをタップして開いてください。

パスワードの設定

リンクを開くと【パスワード設定】の画面が表示されるので、パスワードの設定を行います。パスワードには文字制限があり、また容易に特定されやすいパターンを避けて設定しましょう。

同じパスワードを2回入力したら、 [設定する]をタップすればメールアドレスの登録とパスワードの設定が完了します。続けて、【パスワード設定完了】の画面にある[ログイン画面へ]をタップしてください。

すると、ログイン画面が表示されるので登録したメールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]をタップすればログインできます。

電話番号の認証

ログインが完了しても、そのまま購入開始することはできません。初めてログインすると、【電話番号による認証】の画面が表示されるので、使用している携帯電話の番号や固定電話の番号を入力してください。なお、ハイフンなしで入力できます。

電話番号を入力したら、[コードを送信]をタップすると【SNSによる認証設定】の画面が表示されます。この画面で、入力した電話番号が間違いないことを確認して[コードを送信する]をタップしましょう。

すると、約10秒程度で自動音声通話かSMSが入力した番号に通知されます。通知内で示された6桁の数字を画面に入力して、[認証する]をタップして認証が完了したら【認証が完了しました】の画面が表示されます。

顧客情報の入力

続けて、利用者情報の入力画面に移行します。【お客さま情報の登録】の画面が表示されたら、表示されている記入例を基にお客さまの情報を入力してください。

全項目の入力が完了したら、「規約への同意」欄にある各規約を確認しましょう。全項目に同意する場合、[上記規約に同意します]にチェックを入れて[確認画面へ]をタップします。

確認画面において、入力した情報に間違いがないかをチェックして、問題ない場合は[確定]をタップしてください。

本人確認書類の提出

申込者が本人であるかの証明書類を送付する必要があります。なお、本人確認書類の提出方法には、以下2つがあります。

  • かんたん本人確認:ご自身の顔と本人確認書類1点を撮影する方法
  • 画像アップロード:本人確認書類を2点アップロードする方法

かんたん本人確認は、スマートフォン限定のサービスとなっています。以下の本人確認書類のうち、1点を使用します。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書

かんたん本人確認の場合、スマートフォンから会員ホームにログインして【本人確認の手続き】→「かんたん本人確認」の[選択する]をタップしてください。次に、「本人確認書類」と「お客さまの顔」を撮影します。

ガイダンス通り進めるだけで書類の提出が完了します。画像アップロードの場合は、以下のうち2点の書類を提出しなければなりません。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

画像アップロードする場合、会員ホームの【本人確認の手続き】→「画像アップロード」の[選択する]をタップしましょう。次に、【本人確認書類のアップロード】の画面からプルダウンメニューより提出する本人確認書類を選択します。

そして、画面の指示に従って本人確認書類を撮影した画像をアップロードしましょう。すると、【書類に不備はありませんか?】の画面が表示されるので、問題ない場合は[書類を提出する]をタップすれば1点目のアップロードが完了です。

続けて、2点目の本人確認書類を同様の方法でアップロードしてください。

「口座開設のお知らせ」を受け取る

本人確認書類の提出が完了した時点で、GMOコインによる審査が行われます。審査に通過した段階で、口座開設のお知らせが届きます。

口座開設のお知らせは、登録方法によって受領方法が異なるのです。具体的には、以下の違いがあります。

  • かんたん本人確認の場合:「【GMOコイン】口座開設コード入力のお願い」という件名のメールが届く
  • 画像アップロードの場合:「口座開設のお知らせ」が郵送で届く

口座開設コードの入力

各々の方法で受け取った口座開設完了通知の中に、口座開設コードが記載されています。会員ページまたは『GMOコイン 暗号資産ウォレット』から、口座開設コードの入力が必要になります。

会員ページから手続きを行う場合、会員ページにログインした後に【会員ホーム】の口座開設手続き画面において「口座開設コード」を入力して、その下の[口座開設]をタップしてください。

ログイン後に口座開設が完了

鋼材解説コードを入力した後に、「口座開設が完了しました」という画面が表示されれば、口座開設完了です。最後に、ログインを行うことで一通りの口座開設手続きが完了します。

日本円の入金

実際にテゾスを購入するに当たっては、入金しなければなりません。ここでは、入金方法について詳しく解説していきます。

会員ページにアクセス

まずはじめに、会員ページにアクセスしてください。その後、ログインした後にメニューの【入出金】→【日本円】をタップします。

入出金画面から金融機関を選択

GMOコインでは、リアルタイムで入金できる即時入金と振込入金の2つが用意されています。スピーディーかつ容易に入金できる即時入金の方法について紹介すると、【日本円 入出金】の画面において、画面上段のタブから【即時入金】をタップします。

すると、対象金融機関が表示されるので、希望する金融機関を選んでください。

入金金額を入力する

【即時入金お手続き】の画面が表示されたら、入金したい金額を入力し[入金開始]をタップしましょう。次の画面で、入金したい金額を確認して、[進む]をタップします。

入金内容を確認

画面に「氏名」「電話番号」「ご入金金額」が表示されるので、間違いないことを確認して[入金お手続きへ]をタップします。そして、[Pay-easyに進む]をタップすると金融金の画面に遷移するので、画面の指示に従って入金の手続きを進めてください。

口座情報から入金を確認

【会員ホーム】→【口座情報】の画面にある、「日本円」において、入金した日本円の金額が反映されていることが確認します。入金額が適切に反映されていることを確認できれば、入金は完了です。

GMOコインでテゾスを購入する手順

GMOコイン テゾス 購入手順

入金が完了したら、テゾスの購入手続きに移行します。具体的な購入手順は、以下の通りです。

アプリ起動後にログイン

まずは、GMOコインのアプリをダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したら、アプリを立ち上げて登録したメールアドレスとパスワードを入力して、ログイン処理を行います。

販売所画面から「テゾス(XTZ)」を選択

ログインが完了すると、マイページが表示されます。画面下部のタブの【レート】をタップし、画面上部にあるタブからテゾスをタップしてください。

すると、テゾスの取引画面に移行します。

購入方法を選択

テゾスの購入画面において、まずは現在の価格を確認します。もし希望する価格でない場合は、しっかりと希望する価格であるタイミングを見計らって購入するようにしましょう。

実際に購入する際には、以下の2種類から選択します。

  • 金額指定(円)
  • 数量指定(XTZ)

金額指定で購入したい場合、「金額」に購入したい日本円の金額を入力して、[購入]をタップしてください。数量指定の場合、「数量」に購入したいテゾスの数量を入力して、[購入]をタップします。

注文内容を確認して「注文確定」をタップ

各々の方法で[購入]をタップすると、【注文確認】の画面が表示されるので、注文内容に問題ないか確認して[注文確定]をタップすればテゾスの購入は完了です。

GMOコイン以外のおすすめ取引所4選

おすすめ取引所

テゾスを取り扱う取引所は、他にも存在します。その中で、特におすすめしたいのは次の4社です。

  • bitFlyer
  • HitBTC
  • BITFINEX
  • Kraken

各業者の特徴について、詳しく見ていきます。

bitFlyer

bitFlyerは、暗号資産取り指揮所として非常に有名な存在です。大手損害保険会社と2種類の損害保険契約を結んでいることで、ユーザー資産の安全性を考えた補償体制が確保されているので、安心して取引できるのが魅力的です。

2014年1月に設立されていることから、取引所の運営ノウハウを十分有しています。三井住友銀行グループのSMBCベンチャーキャピタルや、みずほキャピタル、リクルートなどから融資を受けていて、経営的にも安定しています。

ビットコインの取引量は日本一であり、もちろんテゾスについても取り扱っていますよ。

HitBTC

HitBTCは、海外系の取引所でありますが、日本でも利用できます。2013年9月にHitSolution Inc.により設立されて以降、世界的にも多くのシェアを獲得しています。

取扱通貨が幅広く、ICO直後のかなりマイナーなコインまで多種多様であり、超マイナーコインも積極的に導入しているという特徴もあります。出金額が自由に設定できるのが魅力的で、また手数料がもらえるリベートシステムがあるので、通常は引かれることになる手数料が逆にプラスになる可能性があるのです。

日本語対応していないなどのデメリットもありますが、利用候補に入れたい取引所です。

BITFINEX

BITFINEXは、海外系の取引所でありますが日本円が入金できるサービスです。取扱通貨が多く新規上場が早いので、いち早く取引したい方にも向いています。

日本語対応こそしていませんが、日本人でも利用しやすいように配慮されています。過去、大きなハッキング被害が発生していますが、その経験から学んだ強固なセキュリティ体制によって、信頼を置いて利用可能です。

レンディングと呼ばれる、取引所を仲介して自分が保有している暗号資産を貸すことで金利がもらえる仕組みを採用しているので、保有しているだけでも利益を得られるチャンスがあります。

Kraken

Krakenは、2011年に設立された取引所です。当時は、まだ暗号資産に対する法整備が確立されておらず、一部の取引所ではセキュリティ問題をターゲットにしたハッキング被害が発生していました。

ただ、Krakenに関しては過去1度もハッキング被害に遭っていないのです。特別で信頼できるデジタル資産取引を提供することをモットーとしており、それが実証されていると言えますね。

取り扱う暗号資産は決して多くありませんが、コンプライアンスの徹底がはかられていることからとにかく安心して取引したい方に向いた取引所です。

まとめ

テゾスを取り扱うGMOコインは、簡単な操作で容易にテゾスを購入できる点が魅力的です。また、テゾス以外の暗号資産も多く取り扱っており、入金しやすいなどのメリットがあります。

今後の発展が見込まれるテゾスを購入したい場合は、GMOコインを中心に検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close