NFT関連銘柄として注目されるテゾスとは?特徴や将来性も解説

本記事では、NFT関連銘柄として注目されるテゾスについて述べるとともに、NFT及びテゾスの特徴について解説した上で、NFT市場の発展がテゾスの今後にどのように作用するかについて解説します。また、テゾス以外のNFT関連銘柄についても併せて紹介します。

NFTとは?

NFTとは

NFTとは、偽造が不可能な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータのことです。暗号資産(仮想通貨)と同じく、ブロックチェーン上で発行および取引されます。また、誰でも作成が可能であり、取引時に条件や機能を付与できる特徴があります。

唯一無二の価値を証明できる

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略で訳すと非代替性トークンのことをさします。デジタルデータはコピーや改ざんが簡単にできるが、NFTはブロックチェーン上で発行されるデジタルデータの一種となり、コピーや改ざんを困難なものとして唯一無二のデータとして扱われるものになります。

今後、この特徴を活かしてアート用のコレクターズアイテムとして、真贋判定として等さまざmな利用方法が模索されているものとなります。

誰でも作成可能

NFTは誰でも作成し、市場に流通させることができます。まずは、NFTマーケットプレイス(NFTの発行、管理、販売ができるサービス)に登録します。次にNFT等のデジタル資産を管理するツールでとなるウォレットを作ります。

その後、マーケットプレイスのアカウントを認証してください。認証ができたら、自分が作成したNFTを管理するフォルダを作成し、フォルダにNFT化したい画像や音声データを加えてNFTの発行を行えば作成は完了となり、後は出品するだけです。

取引時に条件や機能を付与できる

NFTにはさまざまな付加機能をそのデータに持たせることができます。例えば、実物のアートの場合だと画家が自身のアートを画廊に売却し、画廊がそのアートを競売にかけた場合、競売によって画廊が得た利益は画家には一切入りません。

さらに、最初の購入者が転売を行った場合も画家に利益は入ることはありません。しかし、NFTアートの場合は、アートが流通がする際に画家に購入代金の一部が支払われるといったプログラムを組むことができます。そのため、アートが流通するたびに画家は利益を得続けるといったことができます。

テゾスとは?

テゾスとは

テゾスは分散型アプリケーション、スマートコントラクトでの利用に適しているブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨です。「OCaml」という検証に適したプログラミング言語を採用し、Formal Verification(形式検証)を導入することによって、スマートコントラクトの安全性を数理的に証明できるように設計されています。

また、ネットワークを互換性のない 2 つの異なるブロックチェーンにフォークさせることなく自身をアップグレードできる自己改訂機能を備えています。

テゾスの今後と将来性

テゾス 今後

2019年にブラジルのBTG PactualがSTO(Security Token Offering)資金調達を実施する際にプラットフォームの役割として、テゾスを利用することを発表しました。そして、イーサリアムと同等にスマートコントラクトの機能も持っているため、ハードフォークでの対策や、資金調達の手段として将来性に期待が出来そうです。

NFT市場の発展に伴う価格上昇

テゾスは、2020年12月16日にGMOコインで取扱を開始しました。2021年1月2日にかけて下落しましたが、その後上昇トレンドに転換することになりテゾスの価格は2021年4月にかけて大幅に上昇、同月3日には高値568.473円を記録し、2020年12月16日の始値からみると、約2.6倍の価格となりました。

NFT市場は今後さらなる発展が見られるため、テゾスもそれに伴う上昇が予測されます。仮想通貨全体にかかわる情報も定期的に確認しましょう。

取引所の拡大による取引量の増加

テゾスは2020年12月8日にbitFlyer、12月16日にGMOコインに上場と、2020年の年末に国内取引所に相次いで上場しました。ビットコインやイーサリアムなどと比べるとややマイナーな仮想通貨ですが、この上場で日本でも認知度が高まりました。

海外取引所では、BinanceやCoinbase、OKEx、Huobi Global、Hotbit等で購入することができますが国内取引所でも購入できるようになったのでますます取引量の増加が見込まれます。

ステーキングサービスの採用増加

テゾスはステーキング報酬を受け取ることができます。ステーキングとは、仮想通貨(暗号資産)を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬がもらえる仕組みのことです。

ステーキングの仕組みには、Proof of Stakeと呼ばれるブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズムが関係しています。暗号通貨の取引や送金データを正しくブロックチェーンに記録するための仕組みになります。テゾスのようにPoSに基づいたブロックチェーンの暗号通貨でないとステーキングはできません。

テゾスの他に注目を集めるNFT関連銘柄6選

NFT関連銘柄

テゾスの他にも注目を集めるNFT関連の銘柄はいくつもの種類があります。その中でも知名度と評判が良いおすすめの銘柄6つの詳細を紹介します。テゾスの今後と将来性について記載してきましたが、テゾスと比較して他の銘柄の特色を把握することで新しい気づきがあるかもしれません。

AXS

AXSとは「アクシーインフィニティ」と呼ばれるNFTゲーム内で利用できる仮想通貨になります。NFTゲーム内でキャラクターを育成、対戦させることで、仮想通貨を稼ぐことができます。

また、育成や繁殖させたキャラクターを売買することができます。キャラクターは約500種類以上登場するため、それぞれのキャラクターにも固有の価値があります。投資家だけでなく、ゲームのプレイヤーもアクシーインフィニティを購入するメリットがあるため、さまざまな人に取引される仮想通貨となります。

マナ(MANA)

マナ(MANA)とはディセントラランド(Decentraland)の中で使用できる独自トークンになります。そしてVRゲームの中で使われる暗号資産(仮想通貨)のことです。

ディセントラランド内では、LANDという土地をマナを使って取得したり、自分の作ったアプリ、コンテンツなどを他のユーザーに利用してもらってマナを稼ぐことができます。また、ディセントラランド内のマーケットプレイスではアイテムやアバターを売買することができます。これらは全て所有権が明確な代替不可能のNFTトークンです。

フロー(FLOW)

フロー(FLOW) とは、クリプトキティなどをリリースしてきたDapperLabsが開発する新たなブロックチェーンになります。DapperLabsはクリプトキティを始めとする人気ブロックチェーンゲームをリリースしています。

暗号ネットワークの中でも一線を画すフローは、仮想通貨のマイナーやバリデータを、それぞれに特徴のある4つの役割に分けることで、スピードおよびスループットの改善を実現します。このことは、処理速度の向上につながりNFTにおいても、自由度の高い作品が表現できるようになります。

チリーズ(CHZ)

チリーズ(CHZ) とは、仮想通貨を利用してスポーツクラブとファンとの交流を生み出す取り組みなどをおこなっているプロジェクトおよびその仮想通貨となります。FCバルセロナやユベントスFCなど他にもさまざまな名門スポーツクラブと提携しています。

また、チリーズはファントークンと取引するための基軸通貨としての役割を持っており、アプリの「Socios.com」や仮想通貨取引所の「Chiliz Exchange」から、チリーズと各スポーツクラブのファントークンとを取引できます。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン(ENJ) はシンガポールの企業Enjin Pte. Ltd.が生み出したブロックチェーンゲーム開発のプラットフォームEnjin上で使用される通貨になります。Enjin Platformを利用するユーザーは世界に2,000万人以上存在しており、500万ENJ分のアイテムが取引されています。

また、MicrosoftやSamsungといった大手企業との提携実績があるため、今後も大手企業との提携が起こり価格変動に影響を及ぼす可能性が高いです。

サンドボックス(SAND)

サンドボックス(SAND)とは2021年第1四半期にリリース予定のブロックチェーンゲームです。そのゲーム内で使える仮想通貨をSANDと呼ばれます。サンドボックスはゲーム内でNFTである土地(LAND)を所有して、そのLANDの上でゲームやジオラマなどをつくることができます。

つくったゲームやジオラマを他のプレイヤーにプレイしてもらったり、探索してもらったりすることができます。もちろん自分が、他のプレイヤーのつくったゲームやジオラマで遊ぶこともできます。

まとめ

今回はテゾスとテゾスに関連する内容について述べました。テゾスは、ステーキングサービスといった珍しい特色を持ち、国内でも取扱ができるようになったため認知度をあげて今後ますます取引量が増加していくことになるでしょう。

本記事を参考に良いと判断できれば、テゾスの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close