テゾスを購入したい人必見!おすすめの販売所と購入時の注意点を解説

暗号資産の銘柄が増えている中で、独特な進化を遂げている暗号資産としてテゾスが有名です。テゾスでは、特に独自のスマートコントラクトを持っているなどの特徴があるため、注目度が高く取引しているトレーダーも数多く存在します。

では、具体的にテゾスはどのような特徴がある暗号資産であり、どの販売所で購入できるのでしょうか?この記事では、テゾスの概要を紹介するとともに、テゾスを購入できるおすすめの販売所について解説します。

テゾスとは?

テゾスとは

暗号資産の銘柄の一つであるテゾス(XTZ)は、誕生の起源は2014年にさかのぼるといわれています。2014年と言えば、まだ暗号資産が誕生したばかりの状態であり、ビットコインのみが取引されていた状況です。

そのような状況下で、テゾスはプラットフォームという観点ではイーサリアムと密接な関係性であるために、イーサリアムの主要な競合相手と位置づけられています。テゾスは、分散型アプリケーションであるdAppsなどで利用されているプラットフォームとしても有名です。

独自のシステムを複数取り入れているのが特徴で、ブロックの作り方にもオリジナリティが見られます。また、他の仮想通貨には見られないポイントも多く、多くの方からの関心が寄せられてことが特徴です。

テゾスの特徴

テゾス 特徴

暗号資産であるテゾスには、主に以下の特徴があります。

  • アルゴリズムにLPosを採用
  • 独自のスマートコントラクトを持つ
  • ハードフォークが不要
  • ベーキングが可能

それぞれが、他の暗号資産に見られない特徴となっているので、しっかり理解して購入する際の判断基準として活用しましょう。それでは、具体的な特徴について解説していきます。

アルゴリズムにLPosを採用

暗号資産では、コンセンサスアルゴリズムと呼ばれるブロックチェーンがブロックを追加する際のルールとして、以下のような種類があります。

  • PoW(Proof of Work)
  • PoS(Proof of Stake)
  • PoI(Proof of Importance)
  • PoC(Proof of Consensus)

この中で、テゾスはPoSを採用しています。また、PoSの中でもLPoSと呼ばれるアルゴリズムを採用しているのが特徴です。PoSはトークンの所有量を基準として、ブロックを生成する権利が付与される形式を採用しており、PoWと異なり特殊なハードウェアや大量の電力消費は不要です。

LPoSは、直接的にブロック生成に参加することができ、また他のトレーダーに自分が持っている投票力を委任できるのです。
この仕組みによって、テゾスはブロック生成者の数は固定されません。さらに、ブロック生成に参加するために必要となるハードウェア等の条件もハードルが低く、より多くの人がブロック生成に関与できるのが特徴です。

独自のスマートコントラクトを持つ

テゾスでは、独自のスマートコントラクトを持っている点も特徴です。具体的には、フォーマル・ベリフィケーション(Formal Verification)と呼ばれる方式を導入しており、契約内容の検証を技術者が数学的な視点から行うことができるのです。

契約の正当性をより厳格に検証できるシステムとなっており、エラーや不正アクセスのリスクを低減できます。スマートコントラクトでは、ブロックチェーン上で自動的に契約できるというメリットがある一方で、エラーやバグが発生する可能性もあります。

この際に、ブロックに記録されたデータは修正が難しいのです。テゾスではOCaml(オーキャムル)という独自のプログラミング言語を用いて、安全性のチェックを確実に行うことができます。よって、従来の暗号資産と比較しても安心して使用できることをアピールしています。

ハードフォークが不要

暗号資産では、データを記録するためにブロックチェーンを使用しています。ただ、ブロックチェーンの仕様が変更となることで暗号資産が2種類に分裂してしまいます。

この現象を、ハードフォークと呼びます。具体例として、ビットコインではこれまでに何度もハードフォークを繰り返しており、多くの派生が誕生しました。

ハードフォークによって暗号資産の価格が大きく変動しますが、安定した暗号資産で運用したいのにハードフォークが発生するのは困りますよね。テゾスでは、システムの仕様が変更されてもハードフォークは発生しません。これは、分裂で生まれた新しい通貨と互換性を持てる構造を採用しているためです。

ベーキングが可能

暗号資産では、マイニングによって暗号資産を入手することができます。また、他にもステーキングと呼ばれる方法で暗号資産を保有しているだけで報酬を得られる仕組みがあります。

テゾスでは、LPoSを採用しておりXTZを保有することで報酬を獲得可能です。テゾスでは、ステーキングのことをベーキングと呼んでいます。

実際には、マイニングと同様で個人でベーキングをするためには、大がかりな設備投資が必要です。よって、実質的にはデリゲートサービスを利用するのがスタンダードな方法となっています。

テゾス購入におすすめの販売所

テゾス 販売所

魅力的な特徴が満載のテゾスですが、実際に取引したい場合は販売所を経由して行うのが一般的です。主に、テゾスを取り扱っている販売所の中でおすすめしたいのが以下の販売所です。

  • GMOコイン
  • bitFlyer
  • HitBTC
  • BITFINEX
  • Kraken

各販売所の特徴について、詳しく解説します。

GMOコイン

GMOコインは、2020年12月16日よりテゾスの取り扱いが開始されています。テゾス以外にも多くの暗号資産の現物売買とレバレッジ取引ができる点が評価されています。

また、ほとんどの手数料が無料になっているので取引しやすいのが特徴です。GMOコインでは、全ての取扱銘柄で価格やチャート、騰落率といった相場に関する情報をリアルタイムに配信しています。

また、銘柄毎に関連性のあるニュースも掲載しているので、取引する上でとても参考になります。2017年には、金融庁から「暗号資産交換業者」として認可されており、信頼性も高い点が魅力的です。

bitFlyer

bitFlyerは、テゾスの取り扱いをいち早くスタートした販売所として有名です。まだ暗号資産が広く認知されていない頃からサービスを提供しており、国内最大級の取引所として知られています。

ビットフライヤーでは、暗号資産の取り扱い銘柄を続々と増やしており、いち早くテゾスの取り扱いを開始したのです。ビットフライヤーは販売所と取引所として利用できますが、テゾスにおいては販売所でのみ購入できます。

少額から購入できるのも魅力で、テゾスの場合は最小0.000001XTZから取引を開始可能です。リスクを考えて、少額取引からスタートさせたいという方にも、ビットフライヤーは最適な選択肢となります。

HitBTC

HitBTCは、世界的に見ても広いシェアを誇る販売所です。HitBTCの最大の特徴は低い手数料である点です。

他の販売所でも低い手数料もしくは無料に設定されていることが多いのですが、なんとHitBTCでは手数料がマイナスになることもあり、リベートシステムと呼ばれています。イメージとしては、為替相場でいうところのスワップポイントのように、逆に利益を得られるチャンスがあります。

他にも、1日の出金制限が存在しない、スマートフォンアプリが使用しやすいなどが特徴です。日本の販売所でテゾスの取扱がなかった時代に、広く使用されていた販売所としても知られています。

BITFINEX

BITFINEXは、仮想通貨の取引所として有名な存在です。BITFINEXでは、取引量に応じて取引手数料が0%ですので気軽に取引可能です。

レバレッジ取引も可能であり、少額資金でも多くの利益を得るチャンスがあります。2020年からは、テゾスのステーキングに対応しています。

ステーキング年利は3%〜5%で、ステークの最低単元は1XTZ〜と比較的取引しやすい条件となっているのです。セキュリティ対策に力を入れており、アカウントの設定がユーザーにより変更された場合、数日間はアカウントに利用制限がかかり、仮にハッキングされてもすぐに引き出せないなどの対応が取られていて安心です。

Kraken

Krakenは、2011年に設立された歴史のある取引所です。取引手数料は最小で0%となっており、また最大レバレッジは5倍と利用しやすいのが特徴です。

様々な取引手法に対応した取引所となっていますが、一時日本でのサービスが途絶えた時期があります。2021年10月時点では、再び日本人向けのサービスが再開されましたが、グローバルのサービスとは一部異なる点には注意しましょう。

Krakenでは信頼を大事にしており。業界最高水準のセキュリティを構築しており、信頼を置いて取引できるのが魅力的です。また、テゾスのステーキングに対応しており、金利は6%で毎週の月曜日と木曜日に報酬を得られます。

テゾス購入時の注意点

テゾス購入 注意点

魅力的な銘柄であるテゾスですが、購入時には注意すべき点があります。主な注意点としては、以下があります。

  • 国内取引所の取扱いが少ない
  • ハイレバレッジ取引のリスク
  • 訴訟に伴う通貨価値の低下

それぞれの注意点について、詳しく見ていきます。

国内取引所の取扱いが少ない

テゾスは、GMOコインなどの日本の大手販売所で購入できます。ただ、それ以外の国内取引所では取り扱っていないのが実情です。

これは、まだテゾス自身の知名度が低いために取り扱っている取引所が少ないのです。ただ、今後は知名度の上昇に伴い取り扱う取引所が増える事が見込めますし、信頼できる海外の取引所で取引するのもよいでしょう。

ハイレバレッジ取引のリスク

暗号資産でも、レバレッジを効かせて取引できる取引所があります。ただ、暗号資産の場合は為替相場取引よりも厳しくレバレッジが規制されています。

具体的には、日本の金融庁では為替相場取引では最大25倍に規制しているのに対し、暗号資産取引では最大4倍となっているのです。これは、暗号資産は値動きがとても大きく、高リスクであることを意味します。

海外の取引所では、最大100倍で取引できますが、テゾスでも値動きが激しいため、ハイレバレッジ取引することによるリスクをしっかり理解した上で取引しましょう。

訴訟に伴う通貨価値の低下

テゾスでは、過去から控訴が発生しています。2017年には、アメリカの証券取引法に違反する未登録証券として、テゾスを売ったことが違法だとして、投資家たちがテゾス財団などを控訴したのです。

その後、財団の内部分裂が発生するなど混乱し、プラットフォームの立ち上げが遅れた歴史があります。控訴自体は棄却されて、2018年6月にプラットフォームは無事に立ち上がりましたが、ネガティブな過去を持った暗号資産というイメージは完全に払拭されていません。

今後も、同様に訴訟が発生するリスクは否定できず、通貨価値の低下が起こる可能性に注意する必要があります。

まとめ

テゾスは、独自のコンセンサスアルゴリズムを採用するなど、見どころの多い暗号資産です。また、ステーキングによって定期預金などと比較して高利回りで運用できます。

テゾスを取り扱っている日本の取引所が少ない点や、控訴による価値低下などのリスクがありますが、魅力的な暗号資産であることには変わりありません。今後は、テゾスに注目して取引のターゲットとするのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close