Flowとは?ガス代が高騰するNFT市場のソリューションを解説

デジタルコンテンツに識別情報と堅牢なセキュリティを付与するNFTは、資産運用はもちろん新たなビジネスモデルの確立にも活用されています。

一方、需要の拡大に伴いガス代も高騰しており、市場全体の問題として取り上げられることも少なくありません。

そこで今回は、ガス代高騰のソリューションとして注目されているブロックチェーン「Flow」を解説します。NFT関連銘柄としても有望であるため、是非参考にして下さい。

ブロックチェーン Flowとは?

参照元: https://ja.onflow.org/

ここからはブロックチェーンFlowの開発企業やガス代を削減できる理由について見ていきましょう。

開発企業 Dapper Labs

Flowを開発したDapper Labsは、ブロックチェーンゲームやNFTサービスを手掛けており、NFT市場の黎明期から活躍しているバイオニアともいえる企業です。

同社が2017年にリリースしたブロックチェーンゲーム「Crypto Kitties」は世界規模の人気を誇り、リリースからわずか半年程度で約19億円という売上を達成、そして2020年にサービスを開始した「NBA Top Shot」は、NBAスター選手の動画をトレーディングカードとして取引できるシステムが話題を呼び、NFT市場全体の4割近い売上を達成しました。

そして、そういった大ヒットを連発している実績は必然的にFlowへの期待値を高める要因となっており、今後の企業提携やサービスへの実装に注目が集まっています。

ガス代高騰へのソリューション

Flowは従来のブロックチェーンにはなかったトランザクション(取引)承認スキームを採用しており、処理速度の大幅な向上とガス代削減を実現しました。

具体的には、これまで1つの工程として実行していた承認手続きを以下の4つに分割し、作業負荷を分散させて効率化を図っています。

  • 収集(Collection)
  • 合意(Consensus)
  • 実行(Execution)
  • 検証(Verification)

これによって、2Dキャラクターの3D化といった更に容量の大きいNFTの発行が可能となり、決済処理のスピードも従来の数百倍というスペックを達成しました。

FlowのNFTマーケットプレイス VIV3

ここからは、Flowのブロックチェーンを採用したNFTマーケットプレイスであるVIV3について解説していきます。業界内でも今後の展開に期待が高まっているため、是非参考にして下さい。

NFTが無料で発行できる

先ほど解説した通り、Flowのトランザクション処理速度は大変水準が高いことから、ガス代を大幅に削減することが可能です。したがって、VIV3におけるNFT発行に手数料は一切発生せず、クリエイターにとっては利便性の高いサービスとなっています。

NFTアートがメイン

VIV3はCrypto KittiesやNBA Top Shotと提携していながらも、現在出品されているNFTアイテムはアートがメインとなっています。

また、人気アーティストのNFTが販売されることもある一方、取引規模は他のマーケットプレイスと比べればまだ小さい印象であるため、現在は成長段階のプラットフォームといえるでしょう。

トップクラスのポテンシャル

VIV3はまだ成長段階のマーケットプレイスでありながら、そのポテンシャルは業界でもトップクラスとされています。

まず開発企業であるDapper Labsの人気コンテンツを扱える点はアドバンテージであり、同社はゲーム業界大手のSQUARE ENIXや、同じく大手のレコード会社であるWarner Music とも提携しています。

したがって、今後より斬新なNFTアイテムを取り扱う可能性は十分にあり、主要クラスの規模に拡大する期待も持てるでしょう。

提携企業について

ここからは、開発企業であるDapper Labsと提携している企業について見ていきましょう。

Coincheck

2020年10月、仮想通貨取引所であるCoincheckと提携を結びました。

そして同社はNFTマーケットプレイスにてCrypto Kittiesで利用できるNFTアイテムの販売を検討すると共に、デジタル資産の管理やブロックチェーンゲームにおいて高いパフォーマンスを誇るFlowとの連携も視野に入れています。

double jump.tokyo

Dapper LabsはFlowの日本市場進出と海外展開を行うため、人気ブロックチェーンゲームであるMy Crypto Heroes等を手掛けるdouble jump.tokyoとも提携しています。

両社は互いに高い技術と人気コンテンツを保有していることから、今後の新たな取り組みには注目した方がいいでしょう。

NFT関連銘柄としてもおすすめ

NFT関連銘柄とは、NFTの発行機能を持ったブロックチェーンの基軸通貨であり、現在有望な投資対象として注目されています。

そして当然Flowもその1つであり、以下の理由から今後の価格高騰が見込まれています。

  • Flowをプラットフォームとした新たなサービスのローンチ
  • 仮想通貨取引所への上場
  • Dapper Labsの新たな取り組みによる需要拡大

一方、現在上場しているのは全て海外の仮想通貨取引所であり、このうち日本在住者でも取引できるのは次の3社です。

  • OKEx
  • Hoo
  • Gate.io

Flowは現在2,500円程度と買い集めやすい価格帯であることに加えて、ブロックチェーンを活用するサービスが増えれば価格が高騰する可能性が高いことから、NFT関連銘柄の中でもおすすめの通貨といえるでしょう。

まとめ

現在のNFT市場は取引量の増加に伴いガス代が高騰しており、タイミングによっては5,000円ものコストを支払う必要があります。

そしてFlowは、そういった市場全体の問題に対するソリューションとして開発されたブロックチェーンであり、いずれはイーサリアムのような主要プラットフォームにまで発展する可能性を秘めています。

したがって、Flowへの投資を始めるなら価格が比較的安価な今がチャンスともいえるため、本記事で興味を持った方は是非チャレンジしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close