エンジンコインで億り人になるには⁉︎ 仮想通貨で成功した事例も紹介

仮想通貨はさまざまなリスクを持っている一方で、無理のない範囲で投資を行うことで大きなリターンが得られる投資対象でもあります。そして、仮想通貨で1億円以上の富を得た投資家は「億り人」と呼ばれています。

今回は、仮想通貨の中でもエンジンコインの投資によって億り人になる方法について解説します。

エンジンコインで億り人になれる理由

仮想通貨には200以上の種類があり、ビットコインのような有名な銘柄からほとんど購入する人がいないようなものも存在しています。

その中でもエンジンコインという銘柄は、積極的な運用を行うことで億り人を目指せる可能性を持っています。ここではエンジンコインへの投資によって億り人になれる理由について解説します。

そもそも億り人とは?

億り人とは、株式投資や暗号資産への投資によって数億円の資産を築いた人を指しています。また、億り人になる人の特徴として、大胆さと情報感度の高さが挙げられます。

大胆さを持つことによってチャンスだと感じた場面で資金を投じることができるため、結果として大きなリターンを得ることができます。

そして、情報感度が高ければ、色んな情報に触れながら投資対象を選んでいくことが可能です。

よって、投資で大きな資産を築くには、ある程度まとまった元手が必要だと思われがちですが、情報収集を続けながらリスクを恐れず投資できるかどうかが重要であると言えます。

値動きが激しい

エンジンコインはビットコイン等の有名な銘柄よりも運用している人口が少ないため、値動きの幅も大きいのが特徴です。

そして、値動きが大きければ資金を投じるタイミングによっては短期間で大きな利益を得られる可能性があります。

短期トレードで大きな利益を得るためには頻繁に資金を出し入れする必要があるものの、株式等と違って24時間取引ができるのも大きな強みであると言えます。

特に長期的に保有せず自分で積極的にトレードを行いたいと考える場合は、時間に縛られず値動きを分析しながら投資できる仮想通貨が適していると考えられます。

将来性が高い

エンジンコインは、将来的に価格を大きく伸ばす可能性を持っています。エンジンコインの現在の時価総額は仮想通貨の中でも50番目程度であり、決して高いとは言えません。

しかし、裏を返せば今後大きく価格が上がる可能性があると言えます。

特にエンジンコインはブロックチェーンゲーム内の通貨として広く用いられているため、大手ゲーム会社と提携することで大きな注目を集めると考えられています。

ゲーム業界からの期待も高く、未だ価格自体も大きく上がっていないことから、将来的に大きく価値を上げる可能性は十分にあると言えます。

億り人になる上で注意すべき点

仮想通貨を運用して億り人を目指す場合、注意しなくてはならないことがいくつかあります。

特に、税金関係の支払いについては、知らない内に高額の支払い義務が発生して納税できなくなってしまったというケースもあります。

仮想通貨を使って稼ぐことだけを考えるのではなく、資産を守るための知識も身につけておくようにしましょう。

税金が支払えなくなる可能性がある

仮想通貨を運用して大きな利益を得た場合、税金が払えなくなってしまうリスクがあります。

仮想通貨で得た利益には、所得税の支払いが発生します。特に注意すべき点は、仮想通貨を売却した場合や仮想通貨を別の銘柄と交換した場合です。

仮想通貨を売却した場合は、売却時のレートに応じた現金を手にすることになるため、その金額に対して所得税が発生します。

また、別の銘柄と交換した時点でも同様に所得税が発生するため、交換後に仮想通貨の価格が暴落した場合、税金の支払いに対応できなくなる可能性がある点にも注意が必要です。

チャートに振り回される可能性がある

仮想通貨はボラティリティが高く、日常生活の仕事の最中であってもチャートに気を取られてしまう可能性があります。

ボラティリティとは、金融商品の価格変動の大きさを指しています。

また、仮想通貨は株式等の金融商品とは違って、365日24時間チャートが変動し続けています。よって、自分が寝ている間にも価格が大きく変動する可能性があるため、必要以上にチャートを気にして生活に支障をきたしてしまうことも考えられます。

仮想通貨を運用する際には、チャートを確認する時間を決めたりすることで、生活に影響を与えない範囲で投資を行うようにしましょう。

一瞬で資産の大半を失う可能性がある

仮想通貨は値動きが激しいため、仮想通貨として資産を保有し続けた場合、価格の暴落とともに資産が大きく減ってしまう可能性があります。

仮想通貨として保有している金額が大きければ大きいほど暴落の影響を受けやすくなってしまうため、億り人に近づいた時ほど暴落に備えて対策を行う必要があります。

最悪の場合、価格の暴落によって税金の支払い等が行えなくなってしまう可能性もあります。

資産総額が大きくなった場合は、複数の銘柄に分散して投資したり、現金化することでリスクを抑えるようにしましょう。

仮想通貨で億り人になった日本人

最後に仮想通貨を運用して億り人になった日本人の事例を紹介します。

いずれの事例もビットコインを運用して資産を築いた事例ではあるものの、最初から仮想通貨に詳しいという訳ではありませんでした。

興味を持って早めに挑戦した人が利益を得られることも、仮想通貨の魅力であると言えます。

暗号資産で7億円の資産を築いた日本人

当初は株式投資を中心に行っていた日本人が、ビットコインを含む暗号資産に対して資金を投じ、7億円以上の資産を築くことに成功しました。

この投資家は、暗号資産へ投資を始めたきっかけとして、暗号資産の取引の公平性と日本円への不安を挙げています。

例えば、新たに上場する株式を購入しようと考えた場合、証券会社によって購入数の割り当てが決定されます。

この仕組みが公平性に欠けると感じ、誰でも平等に購入できる仮想通貨への投資に踏み切りました。

結果として、ビットコインの値上がり前のタイミングを逃さず自分の任意のタイミングで購入できたことが成功に繋がったと話しています。

資産10億超えの元メーカー勤務の日本人

食品メーカーに勤務していたサラリーマンが仮想通貨への投資をきっかけに10億円の資産を築いた事例もあります。

この投資家は仮想通貨へ投資する理由として、将来的な利用人口の増加と有名投資家の参入を挙げています。仮想通貨は今後、決済手段としての役割を担うことが期待されており、広く普及することでスマホ決済のように気軽に使えるようになると考えられます。

また、世界的大企業や有名投資家も仮想通貨への投資を公表しており、将来的な成長可能性が高いことが分かります。実際に、今後大きく仮想通貨の価格が上がることで、このサラリーマンのような事例も増えていくと考えられます。

脱サラして仮想通貨に手を出した日本人

脱サラをして、会社設立と同時期に仮想通貨への投資を始めた人も存在します。

この投資家は元々サラリーマンであり、会社設立の準備を進める上で出会った経営者にビットコインの話を聞いたことが仮想通貨への投資のきっかけとなりました。

当初は仮想通貨に関する情報がほとんど無い中で資金を投じる判断を下していることからも、大きな資産を築く上でリスクを取ることは不可欠であることが分かります。

結果として、現在はおよそ4億円の資産を保有しており、仮想通貨に投資することで大きな富を得ることができました。

まとめ

本記事では、エンジンコインを運用して億り人になる方法と注意点について解説するとともに、仮想通貨で大きな成功を収めた事例を紹介しました。

仮想通貨で成功を収めるなら、ある程度のリスクは覚悟するしかありません。

リスクを覚悟した上で大きな資産を築きたいと考えるのであれば、まずは気になる銘柄を少額でも運用してみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close