エンジンコインのマイニングは難しい⁉︎ やり方と注意点について詳しく解説

エンジンコインを含む多くの仮想通貨は、マイニングを行うことで報酬として獲得することができます。しかし、マイニングを行う上で必要な準備は多く、一般人には難しいという印象を持たれがちです。

本記事では、エンジンコインを含む仮想通貨のマイニングのやり方について解説し、注意点についても紹介します。

エンジンコインのマイニングとは!?

エンジンコインは運用して増やす他に、マイニングによって獲得することも可能です。

しかし、エンジンコインを含む仮想通貨のマイニングは難しく稼ぐ難易度が高いため、普通に運用をして増やした方が良いと考える人も多くいます。今回はマイニングの特徴を紹介するとともに、マイニングは本当に難しいのか解説していきます。

そもそもマイニングとは?

マイニングとは、日本語で「採掘」という意味を指しており、パソコンを用いて電子取引の承認を行うための複雑な問題に解答することを指します。

マイニングの問題を解くことで、報酬として新たに発行された仮想通貨を獲得することができます。マイニングという名称も、まだ発行されていない通貨を掘り起こすことをイメージして呼ばれています。

マイニングを行うにあたっては、設備や専門知識が必要となるため、難しい印象を持つ人が多くいます。しかし、マイニングで報酬を得られれば無料で仮想通貨が獲得できるため、興味があれば挑戦することをおすすめします。

一般的な運用よりも稼げる可能性がある

マイニングを行うことで、普通にエンジンコインを運用するよりも稼げる場合があります。

仮想通貨は、一般的に円や米ドルのような法定通貨を用いて購入する人がほとんどです。

そのため、購入時の価格よりも仮想通貨のチャートが上昇した状態で売却すれば得をし、下落した状態で売却すれば損をします。

しかし、マイニングは設備さえ揃えてしまえば、お金を使うことなく仮想通貨を獲得し、好きなタイミングで売却することで利益を得ることができます。よって、元手がゼロの状態でもエンジンコインを獲得できるため、運用するよりも利益が大きくなり稼げる可能性があります。

ビットコインのマイニングより稼ぎやすい

エンジンコインのマイニングは、ビットコインのマイニングを行うよりも稼ぎやすいといえます。

その理由として、ビットコインのマイニングが非常に難しいことが挙げられます。ビットコインは仮想通貨の中でも人気が高く、マイニング人口も他の仮想通貨より多いのが現状です。

実際に、エンジンコインのようなアルトコインの中には、マイニング人口が少ないおかげで比較的稼ぎやすい通貨が数多く存在しています。よって、仮想通貨のマイニングを行う場合、ビットコインよりもエンジンコインの方が稼ぎやすいと言えます。

関連記事: エンジンコイン(ENJ)とは!? 特徴や今後の将来性について解説

エンジンコインマイニングのやり方とは!?

エンジンコインを含む仮想通貨のマイニングには、3つのやり方があります。

自分1人でマイニングを行う以外の方法もあるため、設備や知識が不足していると感じた場合は、協力者を見つけてマイニングに挑戦することも有効な手段です。

1人でマイニングを行う

1人でマイニングを行うことを「ソロマイニング」と呼びます。ソロマイニングは、文字通りマイニングに関する設備や作業を全て自分だけで行う必要があるため、非常に難易度が高いです。

実際に、有名な通貨のマイニングに関しては、グループや企業といった組織でマイニングを行っていることがほとんどです。

どうしても1人でマイニングに挑戦したいと考える場合は、あまり知名度が高くなく競争相手の少ない仮想通貨を狙うことが重要です。知名度が低い通貨であれば、マイニング人口が少なく報酬を得やすくなるため、1人でも報酬を得るチャンスが増えます。

複数人で協力してマイニングを行う

複数人で協力してマイニングを行うことを「プールマイニング」と呼びます。

プールマイニングは、マイニングに参加する人口が増えた現在では最も主流のマイニングのやり方となっています。複数人でマイニングを行うため、端末への負担も軽くなり家庭用パソコンでも参加することができます。

一方で、もらえる報酬については1人で行うよりも少なくなってしまう点には注意が必要です。また、プールマイニングを行っているグループは国内外に数多く存在しているため、自分のレベルにあったグループを選ぶことが可能です。

企業に依頼して代わりにマイニングしてもらう

自分自身でマイニングを行う他に、企業にマイニングを依頼する「クラウドマイニング」という手法もあります。

クラウドマイニングでは、企業がマイニングを行うシステムを遠隔操作し、そのシステムを使ってマイニングを行います。このシステムによって、報酬が獲得できれば、その一部を配当のような形で得ることができます。

クラウドマイニングのメリットとして、自分自身はパソコン等の設備を用意せずにマイニングに参加できる点が挙げられます。

クラウドマイニングであれば、自分自身は資金を投じるだけで済むため、気軽に参加することができます。

マイニングの注意点

 

マイニングを行うにあたって、いくつか注意しておくべき点があります。マイニングは、パソコン等の設備の準備や、得た報酬に関しても税金がかかるため、マイニングを行う以外の部分で注意すべき点が多くあります。

マイニングに関する情報を集めるだけではなく、安全にマイニングを行うための注意点についても理解しておくようにしましょう。

マイニングを行うためのパソコンが必要

マイニングを行う場合は、マイニングに対応できるスペックを持つパソコンを用意する必要があります。実際にマイニングを行う際にはパソコン上で膨大な量の計算を行うこととなるため、処理能力の高いパソコンが必要です。

パソコンに関する専門知識を持つ人はマイニング用のパソコンを自作する人もいますが、知識を付けてパソコンを作るよりも、マイニングに適したパソコンを購入することがおすすめです。よって、処理能力の高いパソコンを購入するための設備投資が必要となる点には注意しておく必要があります。

マイニングで得た報酬に対して税金がかかる

マイニングで得た報酬は、運用で得た利益と同様に税金を支払う義務が発生します。基本的には所得税が法人税の課税対象となるため、確定申告時に計算をして納税すれば問題ありません。

しかし、仮想通貨を運用している場合、運用で得た利益に関して納税を忘れる人は少ないものの、マイニングに関する報酬については見落としがちであるのが現状です。

自覚なく納税漏れとなってしまわないように、マイニングで得た報酬についても記録しておくようにしましょう。

確実に利益を生み出せるわけではない

マイニングは、確実に利益を生み出せるわけではないという点に注意する必要があります。

そもそもマイニングは、問題を一番早く解いた人に報酬が支払われるため、問題に挑戦し続けても報酬が得られない可能性があります。

加えて、マイニングに挑戦するためにはパソコン等の設備や、プログラミングに関する知識等が不可欠です。よって、マイニングに挑戦するために資金や時間が必要となります。

マイニングに挑戦するための設備を揃える費用よりも、獲得できる報酬が少ない場合は、利益を生むことはできない点に注意する必要があります。

まとめ

マイニングは、いきなり自分で行おうとした場合、設備を揃えたり知識をつける必要があるため、決して簡単とは言えません。

しかし、本記事で紹介した通り、ソロマイニングだけではなく他の人と協力しながらマイニングを行う方法であれば、1人あたりの負担は軽減できます。

マイニングに興味があれば、自分自身で設備を整えたり情報収集するだけでなく、他の投資家や企業と連携して挑戦してみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close