エンジンコイン(ENJ)の高騰理由とは?メリットや将来性を解説

ゲーム開発やNFTの発行において大変有用性の高いエンジンコインですが、価格が高騰している背景やユーザーにとってのメリットが分からなければ効果的な投資は行えないでしょう。本記事ではそんなエンジンコインの将来性も含めて詳しく解説していきます。

今から投資を始めても全く遅くはないため、資産形成のためにも是非参考にして下さい。

エンジンコイン

エンジンコイン 特徴

まずはエンジンコインの概要や獲得方法について解説していきます。アルトコインの中でも有望視されている銘柄の1つとなっているため、きちんと押さえておきましょう。

エンジンコインとは

エンジンコインはシンガポールの企業「エンジン社」が開発したエンジンプラットフォームによって発行されるトークンです。優れた処理能力によるゲーム開発とNFTの発行機能を備えたブロックチェーンプラットフォームであるため、近年話題に挙げられることが多く、国内外の大手企業とも既に業務提携を行っています。

以上のことから、ゲーム、NFT、仮想通貨といった多彩なマーケットにおいて広く影響を与え得る技術であり、各業界が発展することで直接的な資産価値の向上に繋がるでしょう。

ゲームで獲得できる

エンジンコインは仮想通貨取引所だけでなく、エンジンプラットフォーム上に構築されたブロックチェーンゲームでも獲得することが可能です。具体的には、ゲーム内の敵を倒した際のドロップ、イベントクリアの成果報酬等が挙げられるでしょう。すなわち、遊びながら現実的に価値を持つ通貨が入手できるのです。

さらに、他のユーザーへゲーム内アイテムを売却してもエンジンコインが稼げるため、従来にはなかった「遊びで資産形成が目指せる」仕組みを実現した革新的技術といえるでしょう。

マインクラフトがプレイ可能

エンジン社は米大手のマイクロソフト社と業務提携し、膨大なユーザー数を誇るマインクラフトとの技術的連携にも取り組んでいます。その一環として現在人気を博しているのが、エンジンプラットフォームを組み合わせた「エンジンクラフト」です。

従来のマインクラフトはビッグタイトルでありながら、機能面では通常のゲームに過ぎなかったため、アイテムや通貨が現実的な価値を保有することはなく、当然売買もできませんでした。しかし、ブロックチェーン上に構築することで仮想通貨とNFTの実装が可能となり、ユーザーにとっての新たなベネフィットを与えたのです。

そして、初心者が特に注目するべきはこういった特定のコンテンツではなく、今後も同じように需要の大きいゲームタイトルと連携される可能性があるというポイントでしょう。実際のところ既存ユーザーのより強固な定着に繋がる上に、新たな層を呼び込むこともできるため、エンジンコインの直接的な価格高騰に寄与する要素といえます。

エンジンプラットフォーム

エンジンプラットフォーム 特徴

次はエンジンプラットフォームのより詳しい情報を見ていきましょう。将来性を計る上では、ユーザーにとってどのようなメリットがあるのかを知ることも重要となります。初心者は是非参考にして下さい。

エンジンプラットフォームの概要

エンジンプラットフォームとはトークンとNFTの発行、ゲーム開発等に特化したブロックチェーンプラットフォームです。そして、イーサリアムをベースとしていることから、送金決済はもちろんスマートコントラクトも搭載しており、従来よりも格段に早い取引が行えます。

また、同じ環境で構築されたゲームであれば、たとえ開発者やタイトルが異なっていてもアイテムの移管や売買ができることから、オンラインゲームで見られたサービス終了と同時に全ての労力が無駄に終わってしまうリスクの解消にも成功しました。加えて、エンジンプラットフォームは特殊なスキルや専門知識が必要のない操作性も備えています。

したがって、オリジナルゲームを作成するために高額でエンジニアを雇う必要がなく、最低限のコストで大きな効果が見込めるコンテンツを作成できるのです。

エンジンプラットフォームのメリット

エンジンプラットフォームには以下のようなメリットが存在しており、収益性の高い投資とユーザーの快適な利用環境に貢献しています。

  • NFTが作成できる
  • 大手企業との提携
  • メルト機能

それぞれ詳しく確認しておきましょう。

NFTが作成できる

NFTとは非代替性トークンの略称であり、改ざんやコピーコンテンツの作成が比較的容易だったデジタルコンテンツを唯一無二の資産に昇華できる技術です。実際に取引が始まったのは2017年とまだ新興市場に分類されますが、アート作品が数十億円という金額で落札された事例もあるため、その成長速度は一線を画したものとなっています。

そしてもちろんエンジンプラットフォームは誰でもNFTの作成が可能となっており、ゲーム内アイテムとしても組み込むことが可能です。したがって、エンジンプラットフォームはNFT、仮想通貨の売買、ゲーム開発といった工程がワンストップで完結するツールでもあり、現状求められているブロックチェーンのニーズを最大限に備えているといえるでしょう。

大手企業との提携

先ほど触れた通り、エンジン社はマイクロソフトを始めとする国内外の大手企業と業務提携を結んでいます。その中でも特に話題となったのは韓国の一大IT企業であるサムスンとの技術的連携であり、同社が製造していたデバイスの仮想通貨ウォレットにエンジンコインが対応しました。

もちろんこういった動きはどのような仮想通貨であっても叶うわけではなく、エンジンコインが保有するIPコンテンツとの相性や優れた処理能力、他のプラットフォームとのシナジーがあるからこそ実現するのです。そして、ユーザーにとっても仮想通貨の価格上昇と新たな利用用途の拡大といったメリットが見込めるでしょう。

メルト機能

エンジンコインは共通規格としてERC-1155を採用しているため、同規格のトークンを意図的に消滅させて絶対量を減らし、全体の希少価値を高めることが可能となっています。そして、エンジンプラットフォーム独自のウォレットはその技術を応用した「メルト」という機能を搭載しており、利用価値のなくなったNFTアイテムをバーンして変わりにエンジンコインが得られるようになっています。

エンジンコインが高騰した理由

エンジンコイン 高騰理由

投資で利益を得るには過去の出来事を把握することも重要です。そこでここからは、エンジンコインが高騰した理由を詳しく見ていきましょう。

NFT取引の手数料が安い

エンジンコインの人気は2021年初頭に公開したジャンプネットがきっかけとされています。参考までに、ジャンプネットはPoA(プルーフオブオーソリティ)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、管理者が招待したノードしかマイニング作業に参加できない仕組みです。

一見すると処理効率が低下しそうにも思えますが、イーサリアム等と比較して消費電力を最大9割以上も軽減しており、低コストな運用によってガス代を支払う必要がなくなったスケーラビリティ問題のソリューションといえるでしょう。また、将来的にはNFT特化型ブロックチェーンである「Efinity」を統合する計画も発表されているため、今のうちからジャンプネットを活用してサービスを充実させようと考えるエンジニアや企業も少なくありません。

NFT市場の人気

エンジンコインはブロックチェーンゲームやNFTとの親和性が非常に高いため、市場の人気がそのまま資産価値の向上に繋がっています。また、先ほど触れたジャンプネットは昨今問題視されていたガス代を削減するソリューションとしても注目されていることから、業界内では今後の活動が注目されている先駆的立ち位置も確立しました。

そして、NFTは現在アートや音楽、ゲームコンテンツのみならず、ファッション、スポーツ、出版業界と大変幅広いジャンルで活用が検討されているため、そういった発展がエンジンコインの直接的な追い風になったことも高騰の背景に挙げられるでしょう。

仮想通貨取引所への新規上場

エンジンコインは2021年初頭に大きな価格高騰を見せましたが、その背景には仮想通貨取引所への新規上場が挙げられます。具体的な順序としては国内における主要取引所のコインチェックに次いでGMOコインという流れでしたが、比較的短いスパンであったにも関わらずそれぞれで強い上昇が見受けられました。

ただし、どちらも大きなインパクトがあったものの、長期的なトレンド形成には至っていないため、売買差益を狙う投機的なスタンスの投資家に実りのあるイベントであったといえるでしょう。

エンジンコインの将来性

エンジンコイン 将来性

次はエンジンコインの将来性を左右する要素を4つ見ていきます。投資を行う上ではいずれも重要なポイントであるため、きちんと押さえておきましょう。

NFT市場の活性化

先ほど触れた通りエンジンコインはNFTとの親和性が非常に高いことから、市場の活性化が直接的な資産価値の向上に繋がる期待が持てます。たとえば、現在はデジタルコンテンツから不動産や知的財産にまで活用方法が見出され始めているため、今後エンジン社が参入してくる可能性は高いでしょう。

また、NFTはブラウザ上にアップされている作品なら誰でも自分のアイテムとして販売できてしまう危険性を孕んでいますが、法整備が進むにつれて改善が見込める問題点でもあります。すなわち、既に一大市場でありながらまだ伸びしろが見込める発展途上の技術なのです。したがって、投資家の中には今からチャレンジしても遅いという認識を持っている場合もありますが、一般層に認知され始めた今だからこそ更なる活性化が見込める市場といえます。

大手企業との繋がり

エンジン社が世界的な大企業と提携していることは既に解説しましたが、プラットフォームの有用性を考慮すれば、今後も様々な企業とタッグを組む可能性はあるでしょう。そして当然ビッグネームであるほどエンジンコインの評価が向上する期待が持てるため、マーケットニュースは常にチェックしておくべきです。

特に大手ゲームメーカーであるスクエアエニックスは積極的にNFTを利用している実績があることから、いつどのような形でインパクトの大きな情報がリリースされてもおかしくありません。

ゲームコンテンツ

エンジンコインはゲーム開発に特化しており、爆発的な人気を誇るコンテンツが生みだされれば大きく価値が向上するでしょう。また、現在エンジンプラットフォーム上では数千を超えるプロジェクトが稼働しているため、有望なタイトルがリリースされる可能性は極めて高いといえます。

事実、エンジンクラフトがリリースされた際は仮想通貨の相場にも強い影響を与えたことから、今後の動向は欠かさずチェックしておいた方が良いでしょう。

国内仮想通貨取引所での上場

エンジンコインが購入できる国内仮想通貨取引所は現在2社のみと少ないため、今後新規で上場されれば大きな価格高騰が見込めます。ただし、国内で仮想通貨を取り扱うには金融庁による厳しい審査を通過する必要があるため、どのような取引所でも良いわけではありません。

運営体制や口座数が安定しているほど可能性が高いことから、次の取引所に注目してみて下さい。

  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin
  • Huobi Japan
  • SBI VCトレード

もちろんいずれも無料で利用可能です。そのため、まずは口座だけ開設しておいても良いでしょう。

まとめ

本記事ではエンジンコインの概要や機能、価格の高騰理由について解説してきました。エンジンコインは独自プラットフォームで発行されるトークンであり、ゲーム開発だけでなくNFTの発行にも対応しています。

そのため、ゲーム業界の発展はもちろん、NFT市場の活性化も有力な価格高騰要因となるでしょう。一方、エンジンコインの新規上場も特に注目するべきですが、金融庁の審査を通過できる取引所は限られていることから、素早く投資を行うには需要や経営体制等を考慮しつつ、的確に選定する必要があります。

現在エンジンコインの購入を検討している方は、そういった注意点も踏まえて効率的に投資していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close