Stormrite、ブロックチェーンエコシステムEnjinに参加へ

NFTを用いたブロックチェーン・エコシステムの開発をリードするEnjin Pte. Ltd.は、XboxおよびPC向けに開発中のオープンワールドアクションRPG「Stormrite」が、Enjinのブロックチェーン・エコシステムに参加することを発表しました。

Stormriteには、Enjin Marketplaceから購入できる装飾アイテムのNFT が導入される予定です。

このNFTは、Enjinのカーボンネガティブ(炭素排出量より相殺量が多い仕組み)で取引手数料のガス代を無料化するJumpNetブロックチェーンを用いて発行されます。

Kickstarterキャンペーンの成功を受けてStormriteが決断

参照元:PRTimes

今回の発表は、StormriteがKickstarterキャンペーンを成功させ、41,117ポンド(56,475米ドル)の資金を調達し、2つのストレッチゴールを上回ったことを受けたもの。インディーデベロッパーのKelechi Apakama氏によって開始されたStormriteは、2020年1月から活発に開発が進められています。

Stormriteのクローズドアルファ版は2021年第4四半期に公開を予定しており、その際には50ポンド以上を支援したKickstarterのサポーターに提供されるのです。

Stormriteは、4人で構成されるチームによって開発されており、2022年初頭にPCで最初のパブリックビルドを開始し、同年後半にはXboxでの発売を目指しています。

ゲームが公開されると、NFTのオーナーはEnjin WalletをPCとXboxのStormriteに直接リンクさせることが可能。

ゲームはリンクされたブロックチェーンのアドレスを読み取り、使用可能なNFTのリストを表示。プレイヤーは所有するトークンに応じてキャラクターや武器のスキンをカスタマイズすることができます。

Stormrite創業者「環境への影響を配慮」

Stormrite創業者のKelechi Apakama氏は「私は以前からNFTの大ファンでしたが、ゲームでの展開における可能性が、その技術採用のきっかけとなりました。NFT導入にあたり重視したことの1つに、環境への影響が挙げられます。Enjinは、ゲーム用NFTのエコシステムにおけるマーケットリーダーであるだけでなく、環境に配慮したソリューションを提供しているため、決断は簡単でした。『Stormrite』のゲームプレイとコミュニティ体験を次のレベルに引き上げるために、この技術の応用を検討することを楽しみにしています」とコメントしました。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000076962.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close