フェイスブック、デジタルウォレット「ノビ」でのNFTサポート検討

フェイスブック(Facebook)はNFTのサポートに、子会社が開発を進めるデジタルウォレット「ノビ(Nobi)」を使うことを検討しています。

金融サービス責任者マーカス氏「間違いなく考えている」

参照元: https://www.coindeskjapan.com/120539/

同社の金融サービスの部門責任者のデビッド・マーカス(David Marcus)氏はブルームバーグのインタビューにおいて「(ノビの使用について)間違いなく考えている」と述べました。

フェイスブックはNFTのサポートを検討できる良いポジションにあります。

マーカス氏は、具体的な計画についての話は時期尚早としたうえで「ノビのような優れた暗号資産ウォレットを持っていれば、消費者がNFTを扱うことができる方法を考えるのは当然のこと」と述べました。

ソーシャルメディアの巨人であるファイスブックが金融サービスに進出することへの懸念について質問されたマーカス氏は、同社が通信分野に競争をもたらし、コミュニケーションコストを削減したことを考えれば、人々の信頼を得るための「公平なチャンス」を得るに値するとの立場を改めて表明しました。

「吟味されることや信頼についての議論は十分に理解していますが、私は盲目的な信頼を提唱しているわけではありません。長い時間をかけて人々の信頼を勝ち取るチャンスを求めているのです」と話しています。

マーカス氏は以前にも「ゲームを変えるチャンスは今」

マーカス氏は先日、フェイスブックの安定コインプロジェクトが直面している障害の増加についての報道を受けた自身のブログで「ノビ内で不換紙幣を提供するだけなら、まだ価値はある。インターネット上のお金のためのオープンで相互運用可能なプロトコルを作り、世界中の人々や企業のために真にゲームを変えるチャンスがあるとしたら、それは今だと強く信じています」とつづっています。

さらに「ノビは市場に出る準備ができている 。より安く、相互運用性があり、よりアクセスしやすいデジタル決済のメリットを提供するのを遅らせるのは理不尽だと感じています 」と書いています。

フェイスブックが米国のほぼすべての州でノビのライセンスと承認を確保していることも指摘。「まだそのようなクリアランスを受けていないところではローンチしない 」とも語っていました。

参考:https://www.coindeskjapan.com/120539/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close