NFTアート「クリプトパンクス」の販売額が過去最高に

NFTアート「クリプトパンクス(CryptoPunks)」の販売額が過去最高を記録しました。

業界データを追跡しているCryptoSlamによると8月23日、クリプトパンクスの販売額は8600万ドル(約94億円)を超えました。

8月現時点までの販売額は3億3200万ドル(約365億円)。これまでの月の最高販売額は7月の1億3520万ドルだったことからも市場の熱狂ぶりがうかがえます。

8月のクリプトパンクス1個あたりの平均価格は19万9069ドルにのぼり、先月の2倍以上となっています。

VISAの参入がNFT市場の熱狂に拍車

参照元:https://www.coindeskjapan.com/120302/

市場の熱狂の大きなきっかけとなったのがクレジットカード大手VISA(ビザ)の存在です。

ビザは23日、「クリプトパンク 7610」を8月19日に購入したと発表しました。

クリプトパンクスのクリエーター、Larva Labsによると、クリプトパンク 7610の価格は49.50イーサリアム、約15万ドル(約1700万円)です。これはgmoneyという名前のユーザーがわずか1カ月弱前に取引したときの2倍以上だといいます。

ビザの暗号資産責任者、カイ・シェフィールド(Cuy Sheffield)氏はブログにて「NFTは小売、ソーシャルメディア、エンターテインメント、コマースの将来に重要な役割を果たすと考えている」と述べました。

ビノコウロフ氏「大手金融機関の参入はNFTマーケットの価値を向上させる」

CryptoSlamのデータによると、過去1カ月、16~184件だったクリプトパンクスの1日あたりの取引件数が、23日は300件以上となりました。

Synergia Capitalのリサーチ責任者、デニス・ビノコウロフ(Denis Vinokourov)氏は、ビザの動きについて「おおむねPR以外のなにものでもないが、デジタル資産の基盤となるインフラが長年にわたって改善されてきたことを示すだけでなく、これらの資産がいかに早くメインストリームになり得るかを示している」とコメントしています。

機関投資家向け暗号資産プラットフォームのアンカレッジ(Anchorage)を利用して取引や資産の保管ができるようになったことは、伝統的な大手金融機関がNFTに前向きであることを示しているといい、同氏は「大手金融機関の参入は、今後のNFTマーケットプレイスの価値を総体的に向上させる可能性が高い」と語りました。

参考:https://www.coindeskjapan.com/120302/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close