COACH、中国で限定版NFTを使った施策を実行

コーチ・チャイナ(Coach China)とGQ ChinaのコンテンツチームであるGQLabは6つの限定版NFT作品を作成し、ユーザーに提供します。

NFT作品はシンガポールのスタートアップ企業ZKBoxの協力を得て、コーチの2021年秋のコレクション「COACH Forever II」 からインスピレーションを受けたものです。

6名に限定版NFT作品を提供

参照元:https://www.coindeskjapan.com/123548/

コーチ・チャイナとGQLabは「ユニークでインタラクティブなNFT」を作成。ユーザーはデザインアイデアやコーディネートを中国のSNSサービス、ウェイボー(Weibo)を使って投稿します。

その中で、優れた投稿を行った6名にNFT作品が提供される試みです。

NFTは現在、各分野で注目が高まっており、ドルチェ&ガッバーナ、ジバンシーなどの高級ブランドをはじめスポーツチーム、セレブなどが相次いで参入しています。

レイヤー2技術「ロールアップ」とは

一方、ZKBoxは「ゼロ知識(ZK)ロールアップ」のスタートアップ企業です。

この技術はレイヤー1の分散性とセキュリティを維持したまま、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティを改善するレイヤー2技術です。

フォビ・リサーチ(Huobi Research)によると、約2年前から存在しているロールアップの技術はまだ初期段階で最近、ようやく注目されるようになってきたといいます。

ZKBoxのPRディレクター、ハイラン・ジア(Hailan Jia)氏はZKロールアップをNFTに活用した事例はまだ数少ないと述べています。

同社の他にもさまざまなスタートアップ企業がZKロールアップに取り組んでいますが、まだ有望なユースケースはありません。

世界4大会計事務所のひとつ、アーンスト・アンド・ヤング(EY)も7月、ZKロールアップを使った独自プロトコルを発表。ロールアップ技術はイーサリアムのスケーリングの「基礎」になるだろうとイーサリアムの創設者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)は2021年1月に述べています。

参考:https://www.coindeskjapan.com/123548/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close