「360°VR 京まふバーチャルNFTギャラリー」の出展作品が決定

株式会ゼノトゥーンは株式会社NOKIDと共同で開催する、京都国際マンガ・アニメフェア2021におけるリアル・バーチャル連動イベント「360°VR 京まふNFTギャラリー powered by NFTown」の出展社および出展作品の一部を発表しました。

御室ムスメ、火消魂、安田現象スタジオなどが出展

出展作品は、以下の通りです。
■御室ムスメ
真言宗御室派総本山、仁和寺様より、仁和寺の裏・成就山88ヶ所(以下OMURO88)のお堂を擬人化した「御室ムスメ」の88体の全キャラクターイラストが初のNFT化。各キャラクター限定1点のNFTや、限定8点ずつの阿波、土佐、伊予、讃岐のキャラクター集合イラスト等の作品を出展。また、本イベントに連動して、仁和寺拝観者に向けた無料イベント「御室ムスメ無料NFTラリー」は9月19日からOMURO88にて開催されます。

■KAMINO絵師展

嵯峨天皇が造った旧嵯峨御所大本山大覚寺を母体とする嵯峨美術大学様より、令和の世の平安をもたらすことを願って企画された、安斎レオ教授プロデュースによる「KAMINO絵師展」の作品を出展。「旧嵯峨御所大本山大覚寺」「いけばな嵯峨御流」「嵯峨菊」をテーマにデジタルで描いた美しい作品をギャラリーで楽しめます。

■和蝋燭擬人化イラスト

京都芸術デザイン専門学校様からは、同校コミックイラストコースの学生が行政や職人と連携して制作した、京都の伝統産業である和蝋燭の擬人化イラストをギャラリー展示。NFT購入者は、京都伏見の「有限会社中村ローソク」を訪れると、イラストがプリントされた桐箱に詰め合わされた和蝋燭を受け取れる権利がついてきます。アフターコロナの伝統産業活性化に向けた新しいNFT販売の試みが行われます。

■火消魂

株式会社RSが火消魂ブランドのオリジナルキャラクターとして2020年に誕生した、纏(まとい)ちゃんと相棒のタマのVTuber動画をNFTギャラリーに展示、纏ちゃん・タマちゃんのイラストをNFT販売します。NFT購入者は「火消魂オリジナル雑貨」を実店舗(京都店・浅草店)にて受け取る権利がもらえます。

■安田現象スタジオ by XENOTOON
3DCGスタジオ「安田現象スタジオ by XENOTOON」監督であり、TikTokでアニメ作家・クリエイターとして国内トップのフォロワーを持つ「安田現象」が制作した14秒の3DCG作品「似合うよ?」を京まふNFTギャラリーで展示。本作品のみ、大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」でのオークション販売を予定しています。

安田現象NFTを無料配布

参照元:PRTimes

今回のNFT出展作品は、XENOTOON/NOKIDブースのVR体験コーナー、およびYouTube上で全世界に向けて配信される京まふNFTギャラリーをVRデバイス・PC・スマートフォン等で鑑賞できます。

ギャラリーでお気に入りのNFTがあれば、CryptoGames株式会社のNFTプラットフォーム「NFTStudio」のアカウント登録をすることで、暗号資産やウォレットを保有していない場合でも、クレジットカード決済にて購入できます。

なお、安田現象作品の初のNFT化を記念して、「似合うよ?」の1シーンを切り取った京まふ10周年記念ロゴ入りの来場証明書がNFT化。本NFTは、XENOTOON/NOKIDブースの来場者全員へ無料でプレゼントされるそうです。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000060790.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close