ロイヤリティバンク、ノベルティへのNFT発行事業開始

株式会社ロイヤリティバンクは、商品のノベルティにNFTを発行する事業を始めると発表しました。

ロイヤリティバンク、NFT発行技術を特許出願中

ロイヤリティバンクは、ブロックチェーン技術と金融工学で文化創造とコンテンツと著作権運用のエコシステムを提供し、貢献する企業を目指しています。

アーティストのロイヤリティ(印税)に着目し、アーティストと作品の価値創造と資産運用に貢献し、投資家・パトロンとの創造的なコミュニティー構築に注力。大量のノベルティにNFTを発行する技術について特許出願をしており、出版ジャンルに関しては株式会社モバイルブック・ジェーピーと業務提携を進めます。

NFTノベルティ発行事業は新しい価値の創造

参照元:PRTimes

ノベルティはこれまで商品のオマケとして捉えられてきました。

そこに「唯一無二の本物の証明」であるNFTを付与したら、真贋の証明、所有の証明、さらには2次市場の可能性が生まれます。

ロイヤリティバンクは、NFT発行事業を新たな価値の創造であり、新しい経済圏の創出でもあると捉えています。

また、ノベルティは限定品として1回しか作られないことも多いため、NFTを付与することで持ち主が分かる世界に1つだけの証明にもなるのです。

しかし、大きな壁がありました。現在のブロックチェーン技術だけでは、Walletを作成する過程が一般的には難しく、Walletを持たないユーザーにNFTを届けることは、現実的ではなかったのです。

ロイヤリティバンクはこの問題を見事に解決。大量にNFTを発行する技術を確立し、何千・何万のノベルティ1個1個にNFTを発行、Walletを持たないユーザーにWallet付きで届けることを可能にしました。

特許出願中のこの技術により単なる「オマケ」でしかなかったノベルティの価値を高め、さらなる販促効果ももたらします。

ロイヤリティバンクは具体例として以下を挙げています。

  • 化粧品のノベルティにNFTを発行
  • 食玩のオマケのフィギュアにNFTを発行
  • 来店ポイントにNFTを発行
  • 来場者特典のノベルティにNFTを発行
  • 雑誌の付録にNFTを発行

なお、次のようなNFT事業も推進中としています。

  • NFT複製画事業
  • NFTオークション事業
  • NFTバーチャル美術館事業

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000086015.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close