NFTセミナー「NFT取引における法的留意点」が開催

新社会システム総合研究所は2021年10月19日にNFTに関するセミナーを開催します。

新社会システム総合研究所とは

新社会システム総合研究所(SSK)は1996年12月6日に設立。創業以来20年以上にわたって法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画、開催してきました。

SSKセミナーは多様化するビジネス環境下でハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、テクノロジー情報などをスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としています。

また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売など顧客の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しています。

10月19日にセミナー「NFT取引における法的留意点」を開催

参照元:PRTimes

セミナーのタイトルは「NFT取引における法的留意点〜アート/ゲーム/スポーツで拡がるNFTビジネスの最新動向を踏まえて〜」。10月19日14時〜16時まで、東京都千代田区にある紀尾井フォーラムで行われます。

講師を務めるのはTMI総合法律事務所弁護士の五十嵐敦氏。NFTの仕組みをその元となっているブロックチェーンから分かりやすく説明します。

最近のNFTビジネスの動向を踏まえて、NFTにおける著作権の考え方やNFTビジネス・取引における注意点を解説します。

具体的な講義内容は以下の通りです。

1.NFTビジネスの展開
2.NFTとは何か
3.ブロックチェーンの仕組み
4.NFTを取得することの法的意味
5.NFTと著作権の関係
6.NFTプラットフォーム規約
7.NFT取引における法的注意点
8.NFTをめぐる様々な法的規制
9.質疑応答/名刺交換
本セミナーは会場受講のほか、ライブ配信での受講も可能。また、アーカイブ配信は2週間、何度でも視聴することができます。2021年になり、注目が高まっているNFT。アート、ゲーム、スポーツなどの分野でNFTコンテンツが様々なプラットフォームで取引されるとともに、日々新たなNFTビジネスが模索されています。

著作権やITビジネスに詳しい講師の話を聞けば、NFTを取得することによって法的にどのような権利を取得することになるのかを理解できるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close