世界初のウイスキー樽をNFT化したUniCask(ユニカスク)がイベント開催

株式会社UniCask(ユニカスク)が一般社団法人日本ブロックチェーン協会の定例会を開催。イベントに伴い、NFTプレゼント企画を行います。

9月14日にJBA定例イベント

参照元:PRTimes

UniCaskはウイスキーなどの蒸留酒の樽をNFT化して売買可能にするサービス「UniCask」を運営する会社。代表取締役であるクリス・ダイ(Chris Dai)が2021年9月14日に行われるJBA(一般社団法人 日本ブロックチェーン協会)の定例イベントに登壇します。

テーマは「実物資産×NFT」。 日本発信世界初のウィスキーNFTの実例が紹介されます。

また、UniCaskの仕組み、アートNFTやGamefiとの違いとも比較、メリットとデメリットの説明もなされます。

本イベントは完全無料で、事前申し込みのみで誰でも参加可能。NFTをプレゼントする企画も行う予定です。

UniCaskとは

UniCaskで発行するNFTには株式会社レシカが開発したNFT技術が活用されています。

現在アートやトレーディングカードなどのデジタルコンテンツに対してNFTを活用する動きが増えていますが、実物資産に対してNFTを紐付ける事は漫画やスニーカーなど以外では珍しく、ウイスキーなどの蒸留酒の樽にNFTを紐付けることは世界初の試み。特許も取得済みだといいます。

ウイスキーをはじめとする蒸留酒は一般的に樽詰めして寝かせる年数が長ければ長いほど質が良くなるため、経過した時間そのものが価値に直結しやすい商品です。

UniCaskではその時間をブロックチェーン上に刻むことで改ざんや不正を防止し、真実を記録し、より蒸留酒の価値を引き出します。

実物資産への投資は近年注目されはじめ、特に酒への投資は日本だけでなく世界中で注目されています。

UniCaskは2021年中に世界的に希少価値のある蒸留酒の樽をNFT化し、一般の方でも購入可能となるサービスを正式リリースする予定です。

ユーザーがより便利にNFTを扱えるようにパブリックチェーンとの提携の交渉も始まっているそうです。

蒸留酒の樽と紐づくNFTを今後ゲームやコレクションといったNFTならではの形で使い、楽しめるように開発していくとしています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000086385.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close