パ・リーグがNFT事業に参入。西武がプロ野球初のNFT商品販売開始

プロ野球のパシフィック・リーグ6球団が設立したパシフィックリーグマーケティングはNFTコンテンツを扱うプラットフォームの運営を開始しました。

運営する販売プラットフォームは「PLM COLLECTION(PLMコレクション)」。9月7日に埼玉西武ライオンズの公式アイテムの販売が始まりました。

NFTコンテンツの販売は日本プロ野球界では初めてです。

栗山選手の2000安打記念コンテンツなど4種類のNFT商品が販売

参照元:PRTimes

今回「LIONS COLLECTION(ライオンズコレクション)」として販売されるNFTは、埼玉西武ライオンズの栗山巧選手の通算2000安打達成を記念して開発したコンテンツなど4種類。栗山選手が9月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2000安打を達成した際に球場で掲げた記録達成パネルや、西武線沿線などで通算2000安打達成に向け展示されていたカウントアップパネル「KURI-METER」など、一部の商品はNFT化されたデジタルデータと現物をセットにして数量限定で販売されます。

対象商品は順次追加される予定。パリーグマーケティングは今後、PLM COLLECTIONに二次流通機能を実装し、 ユーザー同士の売買も可能にしていく計画です。

新型コロナウイルスのパンデミックで観客の動員制限などがかかる中、西武ライオンズは新たな収益源を確保するための取組みを模索してきました。

NFT商品の一次販売による売上と 将来的に二次流通を通じて発生する還元金は、新たな売上として計上されるそうです。

パリーグマーケティング「大変光栄。今後の展開に期待を」

パリーグマーケティングの事業開発本部NFTコンテンツ事業ディレクターの高木隆氏は、以下のコメントを発表しました。

「西武ライオンズと歴史的な一歩である日本プロ野球界初のNFTコンテンツ事業を開始することができ、大変光栄です。NFTの本質的な価値はデジタルデータの唯一無二性およびオンラインとオフラインの融合による、コンテンツホルダーファンの皆さまへの新たな『価値創造』にあると考えております。将来的には、ファンが集うコミュニティ創生や他コンテンツホルダーさまのプラットフォームサービスの構築も視野に革新的なNFT事業領域において挑戦してまいります。今後の展開にご期待ください」

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000144.000019259.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close