バンダイナムコとZVCがdouble jump. tokyoに出資

ヤフーとLINEを傘下に持つZホールディングス(ZHD)のベンチャーキャピタルとバンダイナムコ、暗号資産取引サービスのbitFlyerホールディングスがNFTやブロックチェーンゲーム事業を運営するdouble jump.tokyoに出資しました。

double jump.tokyoが第三者割当増資を実施

double jumpは9月3日、ZHDのコーポレートベンチャーキャピタルであるZ Venture Capitalに対して第三者割当増資を実施したと発表。バンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブ、bitFlyer Holdingsもそれぞれdouble jumpへの出資を行いました。

double jumpは2018年4月に、ブロックチェーンゲーム開発をコア事業に設立。同社が開発したイーサリアム・ブロックチェーンベースの「My Crypto Heroes」は世界的な人気を集めました。

また、NFT関連事業の拡大も急ピッチに進めており、スクウェア・エニックスやセガと共同でNFTコンテンツを開発する計画が明かされています。

NFT市場が拡大を続ける北米市場でもdouble jumpは事業展開を始めています。

カナダのDapperLabs社は、独自ブロックチェーンの「Flow」上でトレーディングカードゲーム「NBA Top Shot」を運営していますが、double jumpはFlowブロックチェーン上でのNFTとゲーム運用を開始しました。

大手企業が続々とNFT事業に参入

国内では今年、大手上場企業によるNFT事業への参入が相次いでいます。

マネックスグループ傘下で暗号資産取引サービスを手がけるコインチェック(Coincheck)は2021年3月、国内では初となるNFTマーケットプレイス(ベータ版)を開設。その後、GMOインターネットグループとLINEが同様に、独自のマーケットプレイスを立ち上げ、楽天も2022年春をめどにNFT事業を始める計画を明らかにしています。

また、サイバーエージェントは子会社の CyberZを通じて、NFTコンテンツの開発を進める一方で、メルカリは暗号資産とNFTをあつかう事業開発を進めています。

 

参考:https://www.coindeskjapan.com/120400/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close