LINE、NFTを活用した新たなデジタル景品の実証実験を開始

LINE株式会社は、キャンペーンプラットフォーム「LINEで応募」にて、NFTを活用した新しいデジタル景品の実証実験を開始すると発表しました。

実証実験が行われるのは8月31日から9月2日まで。

実証実験を始める経緯

「LINEで応募」は、LINEを通じて誰でも簡単に応募ができるキャンペーンプラットフォーム。LINEアプリを利用しているユーザーであれば、アンケートへの回答や、対象商品の購入で企業のキャンペーンに応募することが可能です。

これまで「LINEで応募」のデジタル景品はLINEポイントが主流でしたが、ブランドごとのターゲットに合致した景品展開、他社景品との差別化などが課題となっていました。

また、一般的なデジタル景品としてはスマホ用壁紙などのデジタルアイテムを景品として配布する試みが数多く行われていますが、複製が容易であることが課題となっていました。

そこで注目したのがNFTです。ブロックチェーン上で発行されたデジタルトークンであり、デジタルアイテムの固有性や保有していることを証明できる仕組みであるNFTは、唯一無二でコピー不可能なデジタルアイテムとして各社で様々な取り組みを開始しています。

ただし、従来のNFTは特定の暗号資産の導入や追加の際に専用アプリのダウンロードなどが必要でした。

このような状況を受けて「LINEで応募」では、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」基盤のNFTを活用。LINEユーザーであれば誰でも簡単に扱える新たなデジタル景品を配布する実証実験を始めます。

デジタル景品の特徴

本デジタル景品は、様々なキャラクターやコンテンツとコラボレーションすることでオリジナル性の高いデジタル景品が展開可能なデジタル トレーディングカードです。

静止画だけでなく、動画などを組み合わせることも可能です。

企業が手軽に販促施策に活用できるようシステム開発の必要がない「パッケージ化」した販売を想定しているといいます。

また、ユーザーが受け取ったデジタルトレーディングカードは、デジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」において「LINE Blockchain」基盤のNFTアイテムが取引できる「NFTマーケットβ」で2次流通も可能。

今後はYahoo! JAPANが運営する日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」での売買も予定しています。

実証実験概要

参照元:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/3880

8月31日から開始する実証実験では、クイズに回答すると先着で「BROWN & FRIENDS」のデジタル トレーディングカードがもらえるキャンペーンが行われます。

さらに期間中に日替わりでもらえるデジタル トレーディングカードを3枚集めるとシークレット版のデジタルトレーディングカードがもらえるそうです。

3日間で20万枚のデジタル トレーディングカードを配布するNFTを活用した取り組みは国内最大規模。今回の実証実験を通して各種検討事項の洗い出しを行い、本格始動に向けて準備を進めます。

参考:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/3880

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close