シャチハタなどがNFTを活用した電子印鑑を共同開発へ

シヤチハタ株式会社と株式会社ケンタウロスワークス、早稲田リーガルコモンズ法律事務所は、ブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」を共同開発することで合意しました。

NFTは偽造不可の鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータのこと。

「NFT印鑑」は、印影データをNFT化することで、印鑑保有者の情報と印影情報を結びつけた固有性を持つ電子印鑑です。

押印された印影から押印者を証明するだけでなく、従来の電子印鑑が抱えていた印影の偽造リスクの問題をブロックチェーンの特徴である改ざん耐性を活用して解決します。

シヤチハタが長年培ってきた電子印鑑に関わるノウハウをベースにケンタウロスワークスの持つブロックチェーン技術を取り入れ、早稲田リーガルコモンズ法律事務所の法的知見をもとに様々な電子契約システム間で利用できるサービスとして提供していくとしています。

「NFT印鑑」サービス概要

参照元:PR Times

電子契約では書類に印影が表示されないサービスが多く、書類が締結済みか分からないというデジタル時代特有の悩みが生じています。

押印の痕跡が一目で分かる「見読性」を備えるとともに、押印者の本人性を証明する機能を備えた「デジタル時代の新たな印影(印鑑)」のニーズが高まっています。

NFT印鑑が押印された電子文書には、印鑑保有者およびNFT化された印影の情報が刻印され、押印の記録は改ざん困難なブロックチェーンに記録されるため「いつ、誰が、何に押印したのか」という証拠を確実に残すことが可能です。

「NFT印鑑」3つのポイント

「NFT印鑑」のサービスには以下の3つのポイントがあります。

1.利用者本人の識別・証明ができる日本初のNFTを活用した電子印鑑

印影データをNFT化することで実現する唯一無二の固有性を持った電子印鑑。

利用者情報と電子印鑑を結びつけることで、本人の識別や証明ができるだけでなく、プロセスを変えずにデジタル化が可能となります。

2.ブロックチェーンの技術により高い信頼性を実現

Japan Contents Blockchain Initiative(JCBI)が運営管理する自立分散型で高い信頼性が担保されたコンソーシアムチェーンによって、高度なセキュリティに配慮しつつ信頼性を確保できます。

3.プロセスを変えないDXにより、電子決済のプラットフォームへ

今後、様々な電子契約プラットフォーム間で利用できるように拡張します。

どんなシーンでも「NFT印鑑」を用いて電子決済ができる未来が実現します。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000005556.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close