NFTを活用したJリーグオフィシャルライセンスゲームが誕生

​​株式会社OneSportsは、アクセルマーク株式会社と共同開発中の新作スポーツブロックチェーンゲームにおいて、株式会社Jリーグとライセンス契約を締結したことを発表しました。

Jリーグとのライセンス契約締結により、プロスポーツリーグライセンスを使用する国内初のブロックチェーンゲームとなります。

Jリーグ800名以上の選手が実名実写で登場

本作は、2021明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の全42クラブ800名以上の選手が実名実写で登場。ユーザーはクラブのオーナー兼監督となり、自身のクラブを作り上げてリーグの頂点を目指します。

基本的に無料ですぐにプレイすることが可能です。

従来のソーシャルゲームでは実現できなかった「ゲーム内で育成した選手カードをNFT化することでユーザー間での売買が可能」になるのが特徴で、ユーザーは実際のスポーツシーンのような体験ができます。

詳細については、順次発表される見通しです。

国内初のプロスポーツリーグ公式ライセンスゲーム

スポーツを題材としたブロックチェーンゲームは世界中で楽しまれており、モータースポーツ、野球、欧州のプロサッカークラブなどのブロックチェーンゲームが提供されています。

一方で日本ではプロスポーツリーグのオフィシャルライセンスを受けたブロックチェーンゲームはいまだに提供されておらず、本作は国内初のプロスポーツリーグオフィシャルライセンスゲームとなります。

本作は、LINEが独自に開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたプラットフォームで提供される予定。国内8900万人の利用者に親しまれているインターフェースからブロックチェーンの操作ができること、安心して取引ができる環境が整備されていることなどから、暗号資産やブロックチェーンに馴染みのない人々を含めたより多くのユーザー層の利用を見込めるという判断だといいます。

OneSportsは本作で開発するブロックチェーンゲームエンジンの他スポーツやグローバルでの展開を視野に入れて事業を推進していくとしています。

アクセルマークは以前よりNFTを活用したゲームの企画、パブリッシングに取り組んでいて、本作でもユーザーに安心して楽しんでもらうための環境整備を進めていくということです。

参考:https://www.onesports.co.jp/news/340/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close