集英社、『ONE PIECE』活版印刷作品を販売

株式会社集英社はマンガアート販売事業「集英社マンガアートヘリテージ」にて、尾田栄一郎氏の代表作『ONE PIECE』の連載1,000話・コミックス100巻発売を記念し、活版印刷作品「The Press」10点の販売を開始すると発表しました。

『ONE PIECE』の活版印刷作品、抽選販売申し込みは10月3日まで

参照元:PRTimes

集英社マンガアートヘリテージは「マンガを、受け継がれていくべきアートに」というヴィジョンのもと、2021年3月にスタートしたマンガアート販売の新事業。活版印刷作品には、来歴を永続的に記録するためにブロックチェーンとNFT技術を利用しています。

抽選販売申込受付期間は、2021年9月25日〜10月3日です。

『ONE PIECE』1話〜1000話のなかから、名シーンをセレクト。現在では希少になった1960年代製のハイデルベルク大型活版印刷機でプリントします。

強い圧力をかけて刷られることで印刷面が凹む、独特の表情。活版印刷に特化してその表現が進化してきた、マンガの歴史に敬意を表すシリーズでもあります。

用紙は1829年に創業されたドイツの製紙会社GMUND社の「グムンド・コットン マックスホワイト」。美しさはもちろん長期の保存性にも優れたコットン100%のファインペーパーが使用されます。

1000話の最終見開きを作品化したプリントには、この話が掲載された「週刊少年ジャンプ」を実際に印刷した樹脂板がセットになっています。

各作品20枚以下の限定販売

エディションは各作品16〜20枚に限定。その価値を保証し、次の世代へと引き継いでいくために、スタートバーン株式会社のブロックチェーンNFT証明書発行サービスを採用しました。

また様々な文化と交流する試みとして『ONE PIECE』x 活版印刷機 x チェロによるスペシャルムービーを制作。『ONE PIECE』の名シーンを印刷する活版印刷機の機械音と、四家卯大・坂本弘道のチェロの「トリオ演奏」が「集英社マンガアートヘリテージ」サイトで公開されます。

大人気マンガのNFT進出に、大きな注目が集まることは間違いありません。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000269.000011454.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close