LINE BITMAX Wallet、「NFTマーケットβ」にて二次流通を開始

LINEのグループ会社でブロックチェーン事業を手がけるLVC株式会社がアートやゲーム、アニメなどのNFTを二次流通させる取り組みを始めました。

NFT アイテムのコンテンツ料の設定が可能に

参照元:https://note.com/line_blockchain

LINEの「NFTマーケット(β版)」は、デジタル資産を管理できるウォレット「LINE BITMAX Wallet」内にあり、デジタルコンテンツを所有するIP(知的財産)ホルダーやクリエイターは9月17日からNFTアイテムにコンテンツ料金を設定することが可能となりました。

IPホルダーやクリエイターは、発行したNFTがLINEのNFTマーケットでユーザー間で売買されるたびに、収益の一部を永続的に受け取れます。

LINEとヤフーの協業にも注目

国内で約8900万人のユーザーを抱えるLINEはトークンエコノミー構想を掲げています。

子会社のLVCを通じて独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」と、暗号資産の「LINK」を開発。ブロックチェーン上で展開するサービスを作ってきました。

LVCは暗号資産交換業者として、暗号資産の取引サービス事業を運営しています。

LVCは2020年8月にウォレットの「LINE BITMAX Wallet」をローンチ。2021年6月には、ウォレット内でNFTマーケットの運営を始めました。

同NFTマーケットでは、出品されたアイテムをサービスごとにまとめて閲覧できる機能も追加。LINEは今後、NFTマーケットのUIとUXをさらに向上させ、年内にはNFTマーケットの正式版をスタートさせる方針です。

また、ヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEは2021年3月に経営統合を完了させ、あらゆる事業領域での連携を強化させており、国内外での成長が期待されるNFT事業においてもLINEとヤフーとの協業が注目されています。

LINEとヤフーは今年の冬をメドに、LINE Blockchain上で発行されたNFTアイテムを「ヤフオク!」で出品・落札できる準備を進めています。

これまでNFTの売買は暗号資産やブロックチェーンに精通しているユーザーを中心に増加してきましたが、Zホールディングスは一般のユーザーが簡単に売買できるNFTマーケットプレイスの構築を目指しているのです。

参考:https://www.coindeskjapan.com/123055/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close