MetaMaskでNFTを確認する方法|NFTの入手方法についても紹介

本記事はMetaMaskを利用して、保有しているNFTを確認する方法を知りたいというユーザーに向けた記事です。まずはMetaMaskとNFTについて解説し、MetaMaskで保有しているNFTを確認する方法と、その入手方法について紹介します。
これからNFTを入手し、MetaMaskを利用したい方は参考にしてください。

MetaMaskとは?

MetaMask とは

MetaMaskはイーサリアム系のトークンを管理することに特化した仮想通貨ウォレットです。ウォレットとは仮想通貨の財布のようなもので、トークンの管理やプラットホームなどのサービスと連携して決済をスムーズに行えます。

例えばNFTマーケットプレイスのOpenSeaと連携することで、スムーズにNFTの購入を行うことが可能です。そして本記事の中盤でも詳しく説明しますが、OpenSeaなどで購入して保有しているNFTの確認もMetaMaskを利用することが可能です。

NFTとは?

NFT とは

NFTとは「Not Fungible Token」の略で、日本語に直訳すると非代替性トークンと言います。つまりNFTとはコピーができないトークンで、これまで簡単に複製が可能だったデジタルデータと異なる新しい技術です。

唯一無二の価値を持つ

これまでのデジタルデータは複製をすることが簡単にでき、単一の価値を持つことができませんでした。しかしNFTは複製ができないため、唯一無二の価値を持ちます。

イーサリアムのブロックチェーンを活用することで各デジタルデータに識別できるコードが付けられ、単一のデジタルデータにすることができるからです。シリアルコードが付いた絵画のようにデジタルデータ扱うことができ、NFTはこれまでの複製可能なデジタルデータとは違う唯一無二の価値があります。

誰でも作成できる

NFTは最先端の技術を利用するので、作成することが難しいと思う方が多いです。しかし実際は、NFTの作成は簡単で誰でも行うことができます。

NFTは画像・動画・音楽などデジタルデータにできれば対応でき、Photoshopなどのアプリを使って作成することができます。作成したデジタルデータをOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスを展開しているプラットホームで登録を行えば、NFTとして発行することが可能です。

MetaMaskで保有しているNFTを確認する方法

MetaMask NFT確認方法

それでは保有しているNFTをMetaMaskで確認する方法を説明します。MetaMaskでNFTを確認する際に注意しなければいけないことが、ブラウザ版のMetaMaskではNFTの確認ができないということです。

アプリ版のMetaMaskを利用すればNFTの確認を行えますので、本記事ではそちらの方法について説明します。

MetaMaskのアプリを開く

ブラウザ版のMetaMaskしか持っていない場合はアプリ版のMetaMaskをダウンロードしましょう。ブラウザ版を設定していればアプリ版もスムーズに起用することができます。

アプリ版のダウンロードが完了しましたらアプリを開いてください。

「コレクティブルの追加」を押す

MetaMaskのアプリを開くとウォレットのページに「トークン」と「コレクティブル」の表示があります。NFTの確認を行う場合は「コレクティブル」に進んでください。

ページを進むと「+コレクティブルの追加」という表示がありますので、これを押します。「+コレクティブルの追加」を押すと画面が切り替わり、次の入力に進みます。

NFTのアドレスとトークンIDを確認する

続いて所有しているNFTのコレクティブルアドレスとトークンIDを確認します。NFTのコレクティブルアドレスとトークンIDはOpenSeaなどのNFTを購入したプラットホームにアクセスし、保有しているNFTのページを開くと確認することができます。

NFTのページに「Contract Address」「Token ID」と表示されているので、それぞれメモをしてください。

コレクティブルアドレスとトークンIDを入力する

NFTのコレクティブルアドレスとトークンIDの確認が完了しましたらMetaMaskのアプリ版に戻り、コレクティブルアドレスとトークンIDの入力を行います。「アドレス」と「ID」にそれぞれ入力を行なったら「追加」を押してNFTを追加する作業は完了です。

自身のNFTが追加されていることを確認する

上記の作業が完了すれば、MetaMaskのアプリ版で保有しているNFTをいつでも確認することが可能です。アプリを開き「コレクティブル」に進むと追加したNFTが表示されます。

スマートフォンで保有しているNFTを常に確認したい方は、上記で紹介した一連の手順を参考にしてください。

NFTを入手する方法

NFT 入手方法

ここからはNFTを入手する方法について説明していきます。NFTを入手する手順は以下の通りです。

  • 取引所の口座開設をする
  • MetaMaskへ送金する
  • NFTマーケットプレイスへログインする
  • 出品されているNFTを確認する
  • 作品を選んで購入する

それぞれの項目について説明します。

取引所の口座開設をする

まずはNFTを購入するための資金を準備するため、仮想通貨の取引所で口座を開設します。口座開設を行いたい仮想通貨取引所の公式ページにアクセスし、口座開設の申し込みを行いましょう。

口座開設の大まかな流れは以下の通りです。

  • メールアドレスの登録とパスワードの設定
  • 氏名、住所などの個人情報の入力
  • 本人確認書類の提出
  • 二段階認証の設定

口座開設には本人確認書類が必要ですので事前に準備しましょう。以下が本人確認書類の一例です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

本人確認書類の提出後に審査が行われ、完了しましたら取引所を利用することができます。入金を行いNFTを購入するための仮想通貨を準備しましょう。

MetaMaskへ送金する

NFTマーケットプレイスでNFTを購入するには、連携しているMetaMaskへ仮想通貨の入金が必要です。取引所で準備した仮想通貨をMetaMaskに送金しましょう。

MetaMaskへの送金手順は以下の通りです。

  • 取引所で「コイン送金」のページにアクセスする
  • MetaMaskを開きアカウントの「アドレス」をコピーする
  • 取引所の「コイン送金」のページに戻りMetaMaskの「アドレス」を入力する
  • MetaMaskに送金したい仮想通貨を選択し、送金したい数量を入力する
  • 入力に間違いがないかを確認し、MetaMaskに送金する

以上の手順で取引所からMetaMaskに仮想通貨を送金することができます。

NFTマーケットプレイスへログインする

MetaMaskへ仮想通貨の送金が完了しましたら、NFTマーケットプレイスへログインしましょう。NFTマーケットプレイスは国内外で展開されています。

本記事では人気のNFTマーケットプレイスとして以下の5つを紹介します。

  • OpenSea(海外)
  • Rarible(海外)
  • SuperRare(海外)
  • Coincheck NFTβ版(国内)
  • Adam by GMOβ版(国内)

それぞれのNFTマーケットプレイスにはアート系NFTが豊富、ゲームアイテム系NFTに強いなどの特徴があります。また手数料なども違う場合がありますのでそれぞれ確認しましょう。

出品されているNFTを確認する

NFTマーケットプレイスの出品ページで出品されているNFTを確認しましょう。一覧やカテゴリーごとに見たり、好みのNFTを自由に検索することが可能です。

また、気になるNFTがあれば選択して詳細を確認することができます。価格や作成者の情報もNFTを購入する際には重要になりますので、細かく確認しましょう。人気のNFTクリエイターなどを事前に調べておくとスムーズです。

作品を選んで購入する

NFTマーケットプレイスを閲覧し好みのNFTが見つかりましたら、作品を選んで購入しましょう。NFTを選択し詳細ページに進みます。

改めて価格などの情報を確認して問題がなければ購入ボタンを押して購入しましょう。決済が無事に完了すればNFTの購入は完了です。

購入したNFTは前述の手順でMetaMaskアプリ版を利用してスマートフォンで確認ができます。以上がNFTを入手する方法です。

まとめ

本記事ではMetaMaskとNFTの解説、MetaMaskを利用してNFTを確認する方法に加えNFTの入手方法について紹介しました。NFTは今後さらに世界中で需要が高まると期待されています。

本記事のポイントは以下の通りです。

  • MetaMaskで保有しているNFTを確認するにはアプリ版のダウンロードが必要
  • 保有しているNFTのコレクティブルアドレスとトークンIDを確認し、MetaMaskに入力する

以上のポイントを踏まえMetaMaskのコレクティブルにNFTを追加すれば、いつでも保有しているNFTの確認を行えます。本記事を参考にぜひ試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close