MetaMaskのログイン方法とは?パスワード管理の注意点も解説

MetaMaskは世界中で人気のイーサリアム系トークンのウォレットです。本記事ではログイン方法やパスワードの管理に関する不安を抱えているユーザーに向けてMetaMaskの概要とログイン方法の解説に加え、パスワードを紛失した際の対処法とパスワード管理における注意点を紹介します。

MetaMaskユーザーやこれから利用したい方は参考にしてください。

MetaMaskって何?

MetaMask って何

MetaMaskはイーサリアム系トークンの管理に特化した、世界中で人気の仮想通貨ウォレットです。イーサリアムのブロックチェーン上で作成されたサービスと連携させると決済機能が付き、各サービスの決済をスムーズに行うことができます。

イーサリアムトークンを管理できる

MetaMaskはイーサリアムトークンの管理に特化したウォレットです。イーサリアムやイーサリアムベースのERC-20トークンを管理することができます。

MetaMaskはイーサリアムのブロックチェーン上で展開されるプラットホームのサービスと連携することで、決済機能が付いたりと利便性が高くイーサリアム系のユーザーには必須のツールです。例えばNFTの購入ができるOpenSeaと連携させることで、マーケットプレイスでの決済をスムーズに行うことができます。

複数デバイスからアクセスできるウォレット

MetaMaskは複数のウォレットを作成し同時に管理することが可能です。使用目的やトークンごとにウォレットを使い分けることができるので、様々なイーサリアムベースの仮想通貨をまとめて管理することができます。

アカウントの切り替えも簡単にできますので、複数のアカウントを作成しても使いやすいです。またMetaMaskはブラウザ版とアプリ版がありPC、スマートフォンなど様々なデバイスで利用することができます。

アプリ版を利用すると保有しているNFTを手持ちのスマートフォンで確認をすることができ、手軽に操作を行うことが可能です。

MetaMaskのログイン方法

MetaMask ログイン方法

ここからMetaMaskのログイン方法を説明していきます。MetaMaskのログインは以下の手順を踏めば簡単に行うことができますので、参考にしてください。

  • MetaMaskのログイン画面にアクセス
  • 自身のパスワードを入力
  • マイページにアクセス完了

それぞれ説明します。

MetaMaskのログイン画面にアクセス

まずはMetaMaskを開きログイン画面にアクセスします。ブラウザ版、アプリ版問わず好きなデバイスを利用してください。

保有しているNFTを確認する場合は、スマートフォンからのログインが必要です。

自身のパスワードを入力

MetaMaskのログイン画面にアクセスしたら自身で設定したパスワードの入力を行います。ログイン画面の「enter password」に設定したパスワードを打ち込み、「LOG IN」をクリックしてください。

パスワードに間違いがなければログインできます。

マイページにアクセス完了

パスワードに間違いがなく無事にログインができれば、MetaMaskのマイページにアクセス完了です。MetaMaskへのログインは、初期設定で不具合がなければ簡単に行うことができます。

ログアウトもマイページから簡単にでき、こまめに行うことで不正アクセスのリスクを抑えることも可能です。

パスワードを失念した場合の変更手順

パスワード 変更手順

ここからの解説はMetaMaskのパスワードを忘れてしまった場合の変更手順についてです。本記事では例としてChrome版の変更手順を紹介します。

パスワードの変更は以下の手順を踏んでください。

  • シードフレーズを確認する
  • アカウントをロックする
  • ログイン画面でインポートを行う
  • 新しいパスワードを設定する
  • 復元をクリックする

シードフレーズを確認する

MetaMaskのパスワードを変更する事前準備としてシードフレーズの確認をしましょう。シードフレーズとは、MetaMaskの初期設定時に表示される12個の英単語のことです。

後ほど行うインポートと新しいパスワードを設定する作業で使用しますので、メモなどに控えておきましょう。このシードフレーズは不正アクセス防止のために他人に見せたり、紛失しないように注意してください。

アカウントをロックする

パスワードを変更するためにMetaMaskのアカウントをロックします。アカウントのロック方法は以下の通りです。

  • MetaMaskのメインページからアカウントのアイコンをクリックする
  • アカウントのドロップダウンが表示されたらその中の「ロック」をクリックする

以上でアカウントのロックは完了です。

ログイン画面でインポートを行う

アカウントのロックが完了しましたらログイン画面で事前に準備していたシードフレーズをインポートします。ログイン画面の中にある「シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする」を選択してください。

英語表記の場合は「Import using account Secret Recovery Phrase」と表示されています。

新しいパスワードを設定する

画面が切り替わりましたら新しいパスワードを設定します。「ウォレットシークレットリカバリーフレーズ」のボックスに準備していたシードフレーズを間違わないように入力してください。

シードフレーズの入力が済みましたら、「新しいパスワード」のボックスを入力します。確認のために「パスワードの確認」のボックスにも「新しいパスワード」と同じパスワードを入力してください。

復元をクリックする

新しいパスワードを入力したら最後に「復元」をクリックします。シードフレーズのやパスワードの入力に間違いがなければMetaMaskのパスワード変更は完了です。

MetaMaskのパスワード変更手順は簡単ですが、シードフレーズがないと変更ができないので保管には注意しましょう。

MetaMaskのパスワードについて注意すべき点

MetaMask パスワード 注意点

本記事ではMetaMaskのパスワードについて注意すべき点を以下の4つにまとめました。

  • 人には絶対に教えない
  • 流出のリスクがある場合にはすぐに変更する
  • 類推されにくいパスワードを設定する
  • シードフレーズも失念すると復元ができない

こちらもそれぞれ詳しく説明していきます。

人には絶対に教えない

MetaMaskのパスワードは、人には絶対に教えないでください。MetaMaskは仮想通貨を管理するウォレットです。

言わばウォレットは仮想通貨の金庫ですのでMetaMaskのパスワードを他人に教えるということは、自分の金庫の鍵を渡すのと同じことです。MetaMaskのパスワードを知っていれば不正アクセスを簡単に行うことができ、保有している仮想通貨の流出リスクが高まります。

MetaMaskのパスワードは他言しないようにしましょう。

流出のリスクがある場合にはすぐに変更する

パスワードが流出してしまった可能性がある場合は、すぐにパスワードの変更を行いましょう。前述の通りMetaMaskは仮想通貨の金庫であり、パスワードはその鍵です。

パスワードが流出してしまったらMetaMask内の仮想通貨が盗まれてしまうリスクが高まります。MetaMaskのパスワード変更は手順さえ把握しておけば作業は簡単なので、パスワードが流出したリスクがある場合は必ずすぐに変更しましょう。

類推されにくいパスワードを設定する

MetaMaskのパスワードは類推されにくいパスワードを設定すると、不正アクセスのリスクを抑えることができます。一般的に類推されにくいパスワードは、12文字以上でランダムに様々な文字数字が使われている配列と言われます。

またMetaMask以外のサービスで使用しているパスワードと違う設定にすると、さらにリスクを抑えることが可能です。類推されにくいパスワードを生成するツールもあり、自動で設定することもできます

シードフレーズも失念すると復元ができない

パスワードと同時にシードフレーズも失念してしまうとMetaMaskのアカウントを復元することは不可能です。この場合、MetaMaskで管理していたイーサリアムなどの仮想通貨を全て失ってしまいます。

それほどパスワードとシードフレーズは重要ですので、MetaMaskの初期設定を行う際は必ず保存して失くさないように保管してください。シードフレーズの紛失が不安な方はPCやスマートフォンのメモ機能だけではなく、紙に書くなどリスクの分散を行いましょう。

まとめ

本記事ではMetaMaskの概要とログイン方法の解説、パスワードを紛失した際の対処法とパスワード管理における注意点を紹介しました。

MetaMaskは保有する仮想通貨を管理する重要なツールです。パスワードの管理は自身の仮想通貨を守るためにも慎重に行いましょう。

またシードフレーズもパスワード同様にアカウントの復元などに必要ですので、必ず紛失しないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close