MetaMaskへの入金は簡単?入金されない場合の対処法についても解説

イーサリアムのウォレットとして有名なMetaMaskですが本記事ではその特徴や入金方法、入金されない場合の対処法などを具体的に解説します。MetaMaskはイーサリアム系の仮想通貨を扱う場合に必須のウォレットですので、ユーザーの方は本記事を参考にしてください。

MetaMask(メタマスク)の特徴

MetaMask 特徴

MetaMaskは仮想通貨ウォレットの中で、イーサリアムベースの仮想通貨やサービスに適しているウォレットです。本記事ではMetaMaskの特徴を以下の3つにまとめました。

  • 仮想通貨の財布の役割
  • 決済速度を自分で設定可能
  • アプリとブラウザで利用できる

それぞれの特徴について解説します。

仮想通貨の財布の役割

ウォレットは仮想通貨を管理するためのツールで、Web上で仮想通貨の財布の役割があります。MetaMaskはイーサリアムベースの仮想通貨を管理するためのウォレットです。

イーサリアムベースのプラットホームやサービスと連携することで決済機能が加わり、プラットホーム内での決済を行うことができます。例えばNFTマーケットプレイスのOpenSeaとMetaMaskを連携するとNFTの購入をスムーズに行うことができ、利便性が高いです。

また複数のウォレットを作成することができるので、様々な仮想通貨を同時に管理することができます。

決済速度を自分で設定可能

MetaMaskは決済速度によって手数料が変わります。決済速度は自分で設定することができ、自由に手数料を決めることが可能です。

MetaMaskではブロックチェーンでイーサリアムなどの送金や受け取りを行う際に発生するガス代が手数料としてかかります。イーサリアムのブロックチェーンでは1秒間で処理できる仮想通貨の量が決まっているため、手数料を多く払うことで送金速度を上げれる仕組みです。

速度は以下の3つから選択でき、速度が上がるにつれて手数料が高くなります。

  • 低速
  • 平均
  • 高速

その時々によって適切な速度が変わりますので、設定を最適化することで手数料の払い過ぎを防げます。

アプリとブラウザで利用できる

MetaMaskはアプリ版とブラウザ版があり、PCとスマートフォンの両方で使用することができます。ブラウザ版はGoogleChromeなどのブラウザの拡張機能を使い無料でダウンロードすることが可能です。

アプリ版をスマートフォンにインストールする前に、ブラウザ版で設定を済ませておくとスムーズに利用することができます。アプリ版をスマートフォンにインストールしておけば、出先などでPCがない場合でも手軽にMetaMaskを使用することができるので便利です。

またスマートフォンでMetaMaskを利用すると、保有しているNFTの確認を行うこともできます。

MetaMaskへ入金する方法

MetaMask 入金方法

それではMetaMaskへ仮想通貨を入金する方法を解説します。ここで解説する入金方法の手順を追っていけば簡単に入金を行うことが可能です。

本記事では基本となるブラウザ版の入金方法を解説しますが、ブラウザ版の入金方法を覚えてしまえばアプリ版でも簡単に行うことができます。

MetaMaskの公式サイトへアクセス

MetaMaskの公式サイトへアクセスします。トップページ内にある「Download」を押してください。

画面が進みブラウザ版かアプリ版かの選択になりますので、「Chrome」を押しブラウザ版でのダウンロードで進めていきます。

ウォレットの作成

画面が切り替わったら「Chromeに追加」を押し、ダウンロードします。さらに画面が切り替わったらMetaMaskの設定を行いましょう。

「ウォレットの作成」を押し画面を進めてください。

パスフレーズを保存する

次はパスワードの設定とパスフレーズの保存を行います。ここで設定するパスワードはMetaMaskにロングインする際などに必要ですので、紛失しないように保管してください。

パスワードの設定が完了しましたらパスフレーズの保存を行います。進んでいくと「秘密のバックアップフレーズ」と表示された画面に切り替わりますので、このページでパスフレーズを保存してください。

パスフレーズとして12語の英単語が表示されますので、メモなどで保存します。パスフレーズはPCの不具合などからMetaMaskのデータを復元する際に利用しますので、必ず失くさないように保管しましょう。

ウォレットの作成が完了

パスフレーズの保存ができましたらMetaMaskのウォレット作成は完了です。これでMetaMaskを利用して仮想通貨を受け取ったり、送金を行うことができます。

次はMetaMaskに入金する仮想通貨を準備するために取引所の作業を進めましょう。

取引所でイーサリアムを購入する

MetaMaskに入金するイーサリアムを取引所で購入して準備しましょう。まずは仮想通貨取引所で口座開設を行い、日本円を入金します。

取引所の口座に入金が完了したら、日本円でイーサリアムを購入してください。注意点としてイーサリアムの価格は常に変動しますので、購入前に価格の確認を行いましょう。

MetaMaskのアドレスをコピーする

仮想通貨取引所でイーサリアムの準備が完了しましたら、MetaMaskに戻りMetaMaskへの送金用アドレスをコピーします。MetaMaskのアドレスの確認方法は、MetaMaskのアカウントページでアカウント名をクリックするとクリップボードにコピーされ完了です。

このアドレス宛にイーサリアムを送金します。

送金先アドレスに入力する

MetaMaskのアドレスをコピーできたら再び仮想通貨取引所に戻り、イーサリアムの送金を行います。取引所のページ内にある送金ページに進み、送金する仮想通貨としてイーサリアムを選択してください。

送金先の入力画面が表示されたら先ほどコピーしたMetaMaskのアドレスを入力します。

入金内容を確認する

送金先にMetaMaskのアドレスを入力したら、送金するイーサリアムの金額などの入金内容を確認します。アドレスや金額などの入力に不備があると、スムーズにMetaMaskに送金することができないので注意が必要です。

入金が完了

仮想通貨取引所からMetaMaskへイーサリアムの送金を行ったら、無事にMetaMaskに入金されたかを確認します。MetaMaskを開き、アカウントページでイーサリアムの数量が増えていることが確認できたら無事に入金完了です。

様々なサービスと連携してMetaMaskを活用してください。

MetaMaskに入金されない場合の対処法

MetaMask 入金されない 対処法

前述の説明でMetaMaskへの入金方法は理解していただけたと思います。ここから解説する内容はMetaMaskに入金されない場合の対処法についてです。

本記事では以下の2つを挙げます。

  • ネットワーク設定を確認する
  • 入金先アドレスが間違っていないか確認する

ネットワーク設定を確認する

MetaMaskへ入金されない場合はネットワークの設定を確認しましょう。仮想通貨によって使用するネットワークを変更する必要があります。

ネットワークの変更はMetaMask内の設定に入り、ネットワークの項目から行うことが可能です。イーサリアムを送金する場合は「ERC20」というネットワークを設定します。

ネットワークの設定が間違っている状態で別のネットワークで送金してしまうと、仮想通貨が消失する可能性がありますので十分に注意してください。ネットワーク設定の間違いでのリスクを抑えるために、馴れないうちは少額の送金で確認しましょう。

入金先アドレスが間違っていないか確認する

MetaMaskに入金されない場合、ネットワークの設定が正しければ入金先のアドレスが間違っていないか確認してしましょう。ネットワーク設定の間違い同様、入金先アドレスを間違ってしまうと仮想通貨が消失してしまいます。

原因に関わらず仮想通貨の誤送信は資金の消失に直結し、復元できる可能性は限りなく低いです。仮想通貨を送金する際は必ず確認を行ってください。

まとめ

本記事ではMetaMaskを利用しているユーザーに向けて、入金方法と入金されない場合の対処法について説明しました。MetaMaskへの入金は本記事の手順を参考に行えば簡単に行うことができます。

注意点としては以下の2つを挙げました。

  • ネットワーク設定を確認する
  • 入金先アドレスが間違っていないか確認する

ネットワークの設定やアドレスが間違っていると送金が失敗するだけではなく、送金した仮想通貨が消失してしまうので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close