MetaMask(メタマスク)とは?特徴や使い方を完全解説!

MetaMaskは仮想通貨を管理するためのウォレットです。ウォレットとは仮想通貨のための財布のようなもので、仮想通貨の管理保管に適しています。

今回の記事ではMetaMaskの特徴や使い方、MetaMaskに入金するまでの流れをメリット・デメリットを交えて解説しますので参考にしてください。

MetaMaskとは?

MetaMask とは

MetaMaskはイーサリアム系の仮想通貨を管理に特化した仮想通貨ウォレットです。イーサリアム系の仮想通貨を扱うユーザーには必須のウォレットと言えます。

また、イーサリアムのブロックチェーン上で展開されるサービスと相性が良いので利便性が高いです。イーサリアム系の仮想通貨ユーザーは必ずチェックしましょう。

仮想通貨ウォレットの一種

前述の通りMetaMaskは仮想通貨ウォレットの一種で、イーサリアム系の仮想通貨を管理するのに適しています。ウォレットで管理するメリットとしては万が一、仮想通貨の取引所がハッキングされたとしてもウォレットで仮想通貨で保管していればリスクを抑えられるという点です。

取引所で仮想通貨を管理するよりもウォレットで管理する方がより安全といえます。またMetaMaskはウェブウォレットと呼ばれるタイプのウォレットで、ブラウザの拡張機能で利用できるため、初期費用が必要ない点もメリットと言えます。

アプリでも利用できる

MetaMaskはPCのブラウザ拡張機能で利用する他にアプリをダウンロードして利用することもできます。このためiPhoneやAndroidなどのスマートフォンでも簡単に利用することが可能です。

PCを毎度立ち上げなくてのMetaMaskを確認できたり、出先で手元にPCがない場合でも問題なく利用することができます。アプリ版を利用する場合はあらかじめブラウザでMetaMaskの入手が必要になりますのでその点だけ注意が必要です。

ぜひMetaMaskをダウンロードした際は、手軽で便利なアプリ版も同時に利用してください。

決済機能を備えている

MetaMaskはイーサリアムのブロックチェーン上で展開されているサービスと非常に相性が良いので、各サービスと連携させて決済機能をつけることができます。例えばNFTマーケットプレイスを提供してるプラットフォームのRaribleとMetaMaskを連携させることで、NFTの購入決済をスムーズに行うことが可能です。

決済機能がないウォレットですと一回一回プラットフォームに送金してから決済となりますので、手間がかかります。MetaMaskはそういった手間が一切ないので非常に便利です。

MetaMaskの使い方

MetaMask 使い方

ここからはMetaMaskの使い方を取引所からの入金方法から開設します。本記事では例として、国内の仮想通貨取引所のコインチェックからMetaMaskにイーサリアムを送金する手順をお伝えします。

まだ仮想通貨取引所を開設していない方にも分かりやすい解説となっていますので、参考にしてください。

コインチェックの口座開設を行う

まずMetaMaskへ送るイーサリアムを準備するためにコインチェックの口座開設を行います。コインチェックの口座開設は公式サイトにアクセスをして口座開設フォームに進んでください。

メールアドレス登録が完了しましたらページを進んで行き電話番号や氏名、住所などの個人情報を入力していきます。最後に運転免許証などの身分証で本人確認を行い、審査の結果を待ちます。

最短で手続きを行なった当日中に口座の開設が完了し、取引が可能です。

コインチェックに日本円を入金する

コインチェックの口座開設が完了しましたら、次に開設した口座へ日本円を入金します。コインチェックでは以下の3種類の入金方法が可能です。

  • 銀行口座からの入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

コンビニ入金はコンビニのレジからの入金、クイック入金はインターネットバンクを利用した入金ですので即時反映させることができます。銀行口座からの入金は手数料が安いというメリットがありますが、入金の反映に多少時間がかかるといったデメリットもあります。

この3種類の中からいずれかの入金方法を選択し、コインチェックに日本円を入金してください。

イーサリアムを購入する

コインチェックの口座に日本円の入金が完了しましたら、イーサリアムの購入を行います。コインチェックにログインをして画面にある「販売所」を選択してください。

販売されている仮想通貨の一覧が表示されますので、その中からイーサリアムを選択し購入を行います。購入したいイーサリアムの数量を入力し、日本円でイーサリアムを購入をクリックすればイーサリアムの購入は完了です。

MetaMaskをインストールする

次に、MetaMaskのインストール手順を説明します。MetaMaskのインストールはブラウザの拡張機能で行いますが、本記事では例としてGoogleChromeを使い説明を進めていきます。

まずはchromeウェブストアからMetaMaskを選択して「Download now」をクリックしてください。画面に「Install MetaMask for Chrome」と表示がされますので、こちらをクリックします。

その後、chromeウェブストアにて「Chromeに追加」をクリックし拡張機能を追加してください。この作業が完了しましたらGoogleChromeにMetaMaskがインストールされています。

ウォレットを作成する

MetaMaskのインストールが完了しましたらウォレットの作成を行います。MetaMaskを立ち上げ初期設定に入りましょう。

画面に「ウォレットの作成」という表示がありますので、選択し設定を進めていきます。ページを進んで行きますとパスワードの設定画面になります。

ここで設定したパスワードはとても重要ですので、忘れないように保存してください。

パスフレーズを保存する

パスワードの設定が完了しましたらパスフレーズの保存に進みましょう。パスフレーズとはウォレットの復元に必要なものになります。

万が一PCの故障などでMetaMaskのデータが消えてしまったなどのトラブルからデータを復元するのに必要です。パスフレーズとして画面に12語の英単語が表示されますので、忘れずに保存しましょう。

イーサリアムをMetaMaskへ送金する

MetaMaskのウォレットが準備ができましたら、いよいよコインチェックからイーサリアムを送金します。まずはMetaMaskにロングインし、アカウント名が表示されている箇所をクリックしてください。

そうしますとMetaMaskのアドレスがクリップボードにコピーがされます。このアドレスにイーサリアムを送金する流れです。

続いてコインチェックを立ち上げてください。ページ内の「送金と受け取り」からイーサリアムを選択します。

「送金先リストの編集」にコピーしたMetaMaskのアドレスを貼り付けて追加します。送金するイーサリアムの金額を入力して送金するをクリックすれば送金作業は完了です。

MetaMaskのメリット

MetaMask メリット

MetaMaskには様々なメリットがありますが、本記事では以下の3点のメリットについて説明します。

  • トークンをまとめて管理可能
  • ブロックチェーンゲームを利用できる
  • 手数料の設定が自由

項目ごとに一つずつ解説を行っていきます。

トークンをまとめて管理可能

MetaMaskでは複数のウォレットを作成することで、イーサリアムやその他のイーサリアム系トークンをまとめて管理することができます。複数のウォレットを使い分けられるので、使用用途ごとにウォレットを切り替えられたりと管理がとても楽です。

ウォレットによってはアドレスをトークンごとに設定しなくてはならないので、手間がかかりますがMetaMaskではそのような煩わしさはないです。またアカウントの切り替えも簡単にできるので、家族などの複数のアカウントでMetaMaskを利用することもできます。

ブロックチェーンゲームを利用できる

ブロックチェーンゲームで得たイーサリアム系の仮想通貨やNFTをMetaMaskを利用すれば簡単に管理することができます。例えばブロックチェーンゲームや、NFTマーケットプレイスのプラットフォームであるディセントラランドとMetaMaskを連結させれば簡単に決済を行うことが可能です。

MetaMaskはイーサリアムベースのプラットフォーム、サービスとの相性がとても良いので、ブロックチェーンゲームやNFTマーケットプレイスを利用したい方にはおすすめです。

手数料の設定が自由

MetaMaskは仮想通貨の送受信を行う際にかかる手数料の設定を自由に行うことができるというメリットがあります。イーサリアムのブロックチェーンでは送受信の処理ができる量が決まっているため、取引の量が上限を超えてしまった時は手数料の高い順から処理されていく仕組みです。

手数料は以下の3つの処理スピードを選択して決めます。

  • 高速
  • 平均
  • 低速

処理スピードが速くなるほど手数料が高くなるため、適切な設定をすることで手数料を抑えることが可能です。また送受信をする時間帯によっても手数料は変わりますので、手数料が安い時間帯を狙うのもポイントとなります。

MetaMaskのデメリット

MetaMask デメリット

イーサリアム系のウォレットとして優秀なMetaMaskですが、たくさんメリットがある反面デメリットがいくつかあります。本記事ではMetaMaskのデメリットとして以下の3つを挙げさせていただきます。

  • 互換性のある通貨が限られている
  • 対応ブラウザが少ない
  • ハッキングされた事例がある

それぞれについて説明していきます。

互換性のある通貨が限られている

MetaMaskはイーサリアムベースの仮想通貨に適したウォレットですので、ビットコインなどイーサリアムベース以外の仮想通貨では利用できません。この互換性が限られている点がイーサリアムのデメリットです。

MetaMaskはイーサリムとイーサリアムベースの仮想通貨をサポートすることに特化したウォレットですので、それ以外の仮想通貨を管理するにはMetaMask以外のウォレットが必要となります。イーサリアムベースの仮想通貨のみを扱うユーザーであれば、MetaMaskのみでも対応できます。

対応ブラウザが少ない

MetaMaskに対応しているブラウザが少ないというデメリットがあります。現在MetaMaskに対応しているブラウザは現在以下の4つです。

  • GoogleChrome
  • FireFox
  • Opera
  • Brave

MetaMaskは利用するときはこの4つのブラウザから選択する必要があります。しかしMetaMaskの需要の高まりから今後は対応するブラウザが増えてくると予想されています。

また対応しているブラウザはどれもメジャーなものですので、普段利用している方も多いのではないでしょうか。

ハッキングされた事例がある

MetaMaskは過去にハッキングされてしまったことがあります。2021年4月に約80億円相当の仮想通貨がDeFiプロジェクトのEasyFiのウォレットから盗まれるという事件が発生しました。

原因はMetaMaskの脆弱性をハッキングされてしまったと言われており、MetaMaskおよびホットウォレットのリスクを表すことになりました。事件後はリスクの改善も行われていますのが、自身でできる対策としてパスワードやパスフレーズのしっかり管理するなど予防に努めましょう。

まとめ

MetaMaskはイーサリアムとイーサリアムベースの仮想通貨に特化したウォレットです。イーサリアム系のサービスと連携して決済機能があるなど、イーサリアム系のユーザーにとって必須のウォレットと言えます。

ブラウザの拡張機能で無料で利用することができ、アプリをダウンロードすればスマートフォンでも気軽に利用することが可能です。ぜひMetaMaskで快適な仮想通貨の管理を行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close