MetaMaskをChrome版で利用する方法を徹底解説!

本記事では、MetaMaskの特徴及びメリット・デメリットを述べた上で、Chrome版の利用方法を解説します。そのため、MetaMaskの利用しているが、MetaMaskを使う上でChrome版の利用を検討している方は参考にしてください。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskとは

MetaMaskは、仮想通貨(暗号資産)専用の財布のことです。イーサリアム(ETH)や、イーサリアムをベースに発行されたERC-20トークンを保管・管理することができるWeb上のウォレットになります。

また、イーサリアムのブロックチェーンと連動したサービスの決済に利用したり、ブロックチェーンゲームと連携させることができます。

仮想通貨ウォレットの機能を持つ

MetaMaskは、仮想通貨(暗号資産)専用の財布でありウォレットとしての機能があります。取引所などでも仮想通貨は管理はできますが、取引所がハッキングなどの被害を受けた場合、管理していた仮想通貨がすぐに取り出せなくなることがあります。

ウォレットで管理することで、自分で危険にさらさない管理をすることでリスクを抑えることができます。また、取引所だけでなくウォレットでも仮想通貨を保有することで、分散して資産を管理できます。

決済機能が付与されている

MetaMaskは各サービスと連携させることで、ブロックチェーン上のサービスにおいてスムーズな決済を実現することができます。また、決済機能は3種の決済速度を選択することができます。高速、平均、低速があり速度が早いほど手数料は高くなります。

MetaMaskは複数のアカウント管理ができるため、家族のメンバーごとに分けたりや、用途別に仮想通貨の管理をすることが可能です。

Web版とアプリ版の2種類がある

MetaMaskには、Webブラウザ(Google Chromeなど)の拡張機能として利用する「Web版」と、スマホなどにアプリをインストールして利用する「アプリ版」の2つのタイプがあります。自分にとって使いやすい方を選択すれば問題ありません。

本記事ではChrome版の利用方法について記載します。詳しくは、「MetaMaskをChrome版で利用する方法」の見出しよりご確認ください。

MetaMaskを利用するメリット

MetaMask メリット

MetaMaskを利用するメリットは、日本語対応していること、OpenSeaと簡単に連携できること、複数のウォレットを作成できることが挙げられるので解説します。

日本語対応している

MetaMaskは日本語に対応しています。設定画面より、「一般」から現在の言語がありますので、日本語を選ぶことで即時に反映されます。

日本人にとっては、言語設定が日本語に対応しているだけで安心感が違います。お金に関わる設定や取引なので、母国語で対応できれば誤った操作によるリスクを減らすことができるので不便に感じないで利用できます。

仮想通貨に関連するサービスは日本語対応していないところもまだ多いので、言語設定から検討することも重要な要素の一つとなるでしょう。

OpenSeaと簡単に連携できる

MetaMaskは大手マーケットプレイスであるOpenseaとの連携が容易であることが挙げられます。OpenSeaは、NFTマーケットプレイスの最大手です。

NFTの売買を行う際にはOpenSeaを使っている方が非常に多く、注目を集めているプラットフォームとなっています。そのため、Openseaとの連携が容易であることは売買をするうえで利用がしやすいということなのでウォレットの選択肢として必要な要素であることになります。

複数のウォレットを作成できる

MetaMaskには複数のウォレットを作成できる機能があります。アカウントを複数追加することができるので、アカウントごとに異なるイーサリアムのアドレスを使用可能となります。

したがって、使用用途を分けてイーサリアムのアドレスを複数作成することができます。アカウント追加の手順は、「作成」を選択しアカウント名を入力するだけなので簡単に作成できます。

家族のメンバーごとに分けたり、用途別に仮想通貨の管理をすることができるので使い勝手がよく利用可能です。

MetaMaskを利用するデメリット

MetaMask デメリット

MetaMaskにはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。ハッキングされた過去や対応仮想通貨銘柄、対応ブラウザについて確認しましょう。

ハッキングされた過去がある

MetaMaskは秘密鍵がわかるとウォレットを複製され、一気に送金させられる事例があります。また、MetaMaskの特徴として送金時の2段階認証がなく、ウォレット保有者は送金させられたことにすぐに気づかないので対応が遅れてしまいます。

そして、ネットに繋げる特徴なので無線LANから侵入され、直接ウォレットを起動させられることもあります。Metamaskを他サービスと連結させる場合には、そのサービスが信用できるかどうかの確認も怠らないようにしましょう。

対応している仮想通貨銘柄が少ない

MetaMaskはイーサリアムとイーサリアムのブロックチェーン上の仮想通貨しか扱えません。コインチェックやビットバンクなどの取引所では、扱っている仮想通貨をすべて管理することが可能です。

しかし、MetaMaskはイーサリアムや、イーサリアムをベースに発行されたERC-20トークンを保管・管理することができるWeb上のウォレットとしての性質上、他の仮想通貨には対応できません。そのため、MetaMask以外のウォレットを複数持つことや取引所を使うなど自身が扱う仮想通貨との兼ね合いが必要となります。

対応ブラウザが限られている

MetaMaskは対応ブラウザが限られています。今後、対応ブラウザが増えるかもしれませんが、現状は下記ブラウザが対応しています。それ以外は対応していません。

  • Google Chrome
  • Brave Browser
  • Firefox
  • Safari
  • Microsoft Edge

そのため、普段使いのブラウザで使えるのであれば問題ないかと思います。概ね使用率の高いブラウザをカバーしていますが、例えば普段はインターネットエクスプローラーを使っている人などはブラウザを切り替えて対応しなければいけません。

MetaMaskをChrome版で利用する方法

MetaMask 利用方法

MetaMaskは、いくつかの対応ブラウザにのみ対応していることを述べましたが、本記事ではChrome版を選択して利用方法を記載します。順序だてて確認しましょう。

公式サイトにアクセスする

最初に、MetaMaskの公式サイトにアクセスをしましょう。Metamaskは時々偽物があるので、必ず正しいURLからインストールしましょう。

MetaMaskをChromeにインストールする

MetaMaskの公式サイトに遷移しましたら、「Download」ボタンをクリックし、「Install MetaMask for Chrome」ボタンをクリックします。Chromeウェブストアに遷移するので、「Chromeに追加」ボタンをクリックして「拡張機能を追加」ボタンを押せばインストールは完了です。

パスワードを設定する

「MetaMaskへようこそ」画面より「はじめる」ボタンをクリックします。「MetaMasは初めてです」画面より『ウォレットの作成』ボタンをクリックします。

そして、「MetaMaskの品質向上のご協力のお願い」画面より「同意します」ボタンをクリックします。その後パスワードを入力し利用規約にチェックをいれたら「作成」ボタンをクリックして「次へ」ボタンをクリックします。

シードフレーズを設定する

「シードフレーズのバックアップ」画面が出ましたら、黒い部分をクリックしてシードフレーズを表示させます。でてきたワードを大切に保管してください。

おすすめは「紙に書いて保存」することです。シードフレーズは誰にも教えてはいけません。

シードフレーズが流出するとあらゆる情報がすべて抜き取られてしまいます。シードフレーズをメモしたら「次へ」ボタンをクリックし、シードフレーズどおりに単語を選択していき、終了したら「確認」ボタンをクリックします。確認が終われば「全て完了」ボタンをクリックして終了です。

まとめ

MetaMaskの特徴及びメリット・デメリットを述べた上で、Chrome版の利用方法を解説しました。MetaMaskをChromeで使うことはとても簡単ですので、デメリットやセキュリティにだけは気をつけて便利な仮想通貨ウォレットを駆使していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close