仮想通貨NFTとは?データが資産になる仕組みや関連銘柄についても解説

新興技術であるブロックチェーンを応用した仮想通貨NFTは、2021年初頭から著しい市場成長を遂げており、全体的な取引量についても増加傾向です。一方、データが資産になる仕組みや具体的な投資手法が分からない方も多く、興味とは裏腹に参入できないケースも少なくありません。

そこで本記事では、仮想通貨NFTの基本知識や稼ぐ方法、おすすめの関連銘柄を解説していくため、現在興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

仮想通貨NFTとは

仮想通貨NFT とは

ここではまず、仮想通貨NFTの仕組みや特徴について解説します。現在急速にシェアが拡大している領域であり、その爆発的な経済効果と多様性は将来的な社会の在り方すら変貌させ得るポテンシャルを秘めているのです。

ただし、世界的に注目されている理由や裏側を知らなければ効果的な投資は行えないため、初心者はきちんと押さえておきましょう。

仮想通貨NFTの概要

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称であり、「非代替性トークン」という意味を持っており、厳密には仮想通貨と違う存在です。たとえば、仮想通貨は同一銘柄であればすべて同じ価格と識別情報を持っており、異なる通貨間におけるレートの相関性もあることから、他のものと入れ替わっても価値と認識が変わらない「代替性トークン」とされています。

一方、NFTはブロックチェーンの機能によって改ざん不可能な固有IDが付与されているため、現状存在するデータはそれぞれ明確に価値が異なるのです。さらに、発行者と所有者を誰でも閲覧できる点も利便性が高く、これまで実現が難しかった「デジタルコンテンツの唯一性」を担保することにも成功しています。

仮想通貨NFTの仕組み

仮想通貨NFTはブロックチェーンを応用した新興技術であり、単なる画像やイラストといったデジタルコンテンツに「所有者」「取引履歴」「識別ID」といった固有情報を付与して資産に昇華させています。そして、誰でも発行できる自由度に加えて、二次流通によるロイヤリティなどの従来にはなかった機能も搭載しており、クリエイターはもちろん出版業界、スポーツチームと徐々に活用の場を拡大させているのです。

また、売買プラットフォームとなるマーケットプレイスに関しても特別な資格や許認可は不要であることから、投資家と企業双方にとって有用な技術といえるでしょう。

仮想通貨NFTが注目されている理由

仮想通貨NFTの登場はここ数年の市場において最もセンセーショナルな出来事の1つであり、様々な領域に新たなビジネスモデルをもたらしています。たとえば、これまで比較的販路が限定されていたイラストや音楽業界に与えた恩恵は非常に大きく、遊んでお金が稼げるブロックチェーンゲームの誕生にも深く関わっているのです。

さらに、メタバースの確立に加えてバーチャルファッションといった革新的なジャンルでも活用されていることから、その有用性の高さこそが最大の注目理由といって良いでしょう。事実、SNSのリードカンパニーであるFacebook社がMETAに社名を変更した際は投資家に対する強烈なインパクトとなり、大手ファッションメーカーのナイキ社も同領域に足を踏み入れています。

また、スクエアエニックスなどのIPホルダーに関してもNFTの実装にポジティブであるため、今後のさらなる成長性についても注目するべきです。

仮想通貨NFTで稼ぐ方法

仮想通貨NFT 稼ぐ方法

ここからは、仮想通貨NFTの代表的な稼ぎ方を3つ解説します。これまでは無料で取引されるケースがほとんどだったデジタルコンテンツに数億円の価値が見出されることも多いため、現在興味を持っている方はこのチャンスを逃さぬようきちんと把握しておきましょう。

マーケットプレイスでのNFT売買

仮想通貨NFTはブロックチェーン上に構築される特殊な性質を持っているため、「NFTマーケットプレイス」という専用プラットフォームを利用しなければなりません。具体的には、NFTの発行、クリエイターとしての出品、そして第三者から購入したアイテムの転売が行えるようになっており、オークションだけでなくシンプルに固定価格で売買することも可能です。

肝心の金額は「自身の裁量」で設定できるため、安価なNFTを仕入れて原価以上販売している投資家も多くなっています。

NFTを作成

先ほど触れた通り、NFTは誰でも発行できることから、自身が得意な作品を出品して買い手がつけば利益が得られます。具体的なジャンルとしては、スマホに眠っている風景写真やイラストに加えて、音楽ファイル、テキストと様々であり、特別な製作スキルを保有していなくともクリエイターになれるのです。

また、発行手続きだけなら無料で行えるケースも多いため、どんなものが売れるかを気軽に試してみるのもおすすめとなっており、もし高値がつきそうなデータを保有していない場合は、ある程度のフィーを支払ってプロに外注しても良いでしょう。

NFT関連銘柄を売買

NFTはデジタルコンテンツを活用した投資だけでなく、運営企業やブロックチェーンの動向にあわせて価格が変動する関連銘柄を購入することもできます。たとえば、ブロックチェーンゲームの開発に特化したエンジンコインや、大人気コンテンツのガバナンストークンであるサンドボックス、ファントークンに特化したチリーズなどが挙げられるでしょう。

これらが対応しているNFT関連事業の需要が高まれば、利用量増加に伴う価格高騰が見込めるため、先手を打って購入しておけば売買差益が得られるのです。

仮想通貨NFTが期待されている分野

仮想通貨NFT 分野

先ほど触れた通り、仮想通貨NFTの有用性は現在多くの領域において活用されています。ただし、効果的な運用を行うにはより深く理解する必要があるため、ここでは特に期待値の高い5つの分野を掘り下げていきましょう。現在投資を検討している方は、きちんと把握して参入ジャンルを絞り込んでみてください。

アート

デジタルアートを現実に存在する美術作品同様の価格で販売できる特性は、NFTが見込まれてきた本質的な活用方法であり、これまで低賃金且つ限られた販路で活動してきたアーティストにとってはある種のソリューションといっても過言ではないでしょう。事実、従来のデジタルコンテンツは容易に複製できる上に、制作者との関連性を証明する術がなかったことから、どれだけ優れた技術が注がれていても無価値として扱われるケースが多かったのです。

しかしながら、NFTはそういった業界全体における問題を払拭し、尚且つロイヤリティ機能を利用した二次流通報酬まで実現しました。そういった背景により、クリエイターの保護とこれまで以上の将来的な発展が見込まれるため、投資を行う上では最初に押さえておくべき分野といえます。

音楽

NFTの用途は静止画だけに留まらず、「音」を商品として販売する音楽分野においても広く活用され始めています。また、単なる音源のNFT化だけでなく、アーティスト監修の限定グッズや特定の個人に向けたメッセージを付帯させることでさらなるモデルを確立しており、販売活動を通したコミュニティの形成もファン層との距離感を縮める手法として注目されているのです。

参考までに、多くのスマッシュヒットを支えてきた天才的な音楽プロデューサーとして知られるzeddは、NFTマーケットプレイスであるNifty Gatewayにて自作の音楽とアートを組み合わせたNFTを販売し、オークション形式で約1,300万円もの高値がつきました。

ゲーム

日本のみならず世界のカルチャーを支えてきたゲーム分野においてもNFTは貢献しており、特にPlay to Earn(遊んで稼げる)を現実のものとしたブロックチェーンゲームの誕生は「業界の革命」、あるいは近未来の到来といっても過言ではありません。具体的に、従来のゲームコンテンツは取得したアイテムに現実的な価値が見出されることはなく、運営がサービスを停止すれば当然無に帰することになりました。

しかし、システム自体をブロックチェーン上に構築することでアイテムをNFTに、そしてゲーム内通貨はビットコインやイーサリアムへの変換が可能となり、半永久的に存続し続ける資産として保有できるようになったのです。実際のところゲームクオリティ自体はまだまだ発展途上ですが、今後はPS5などの主力据置機に匹敵するグラフィックが楽しめる期待も持てるでしょう。

チケット

コンサートや試合観戦チケットとのシナジーは仮想通貨NFTを知る上で重要なポイントであり、ブロックチェーンが持つ有用性を示すモデルともいえます。たとえば、これまでは好きなアーティストや音楽イベントチケットと「購入した人物」を紐づけるシステムが存在しなかったために、違法転売が横行する自体に発展し、そういった状況を解消するにはIDチェックなどの極めて非効率的な手法しか存在しませんでした。

一方、NFTチケットという形で販売することで、購入者以外の第三者の利用を抑止できる上に、オンライン配信の入室制限も行えるようになったのです。具体的な活用例としては、スポーツ観戦や音楽ライブを筆頭に、デジタルアートなどの発表イベントに参加するためのオンラインチケットが挙げられるでしょう。

もちろん限定アイテムを特典として付与すればさらなる経済効果が生まれるため、今後主流になり得る可能性は十分といえます。

仮想空間の土地

Facebook社の運営方針転換が示す通り、仮想通貨NFTとメタバースの未来は現在急激に注目度が高まっているトピックスといえるでしょう。一見するとSFチックな空想にも思えますが、ブロックチェーンゲームのThe Sandboxやディセントラランドでは既にブラウザ上に存在する土地を現実と同じように購入して、自身のゲームを設置、あるいは商店を開くことが可能であり、転売して利益を得ている投資家ももちろん存在します。

また、現実世界における所有者の所在は契約書や登記簿を参照するしかありませんが、NFTで構築された仮想土地であれば「誰が」「いつ」取得したかが簡単にチェックできる上に、売買履歴についても過去に遡れるのです。現在は比較的限定されたシェアに過ぎませんが、細田守監督の「サマーウォーズ」で描かれたように、メタバース内に社会インフラが導入される可能性も当然ゼロではないでしょう。

NFTを売買できるNFTマーケットプレイス3選

NFT マーケットプレイス

ここからは、NFTの売買におすすめなマーケットプレイスを3つ見ていきましょう。売買や発行といった基本機能は共通しているものの、もちろんそれぞれで異なる特徴を備えていることから、より効率的に運用するためにもぜひ参考にしてください。

OpenSea(オープンシー)

OpenSeaは世界最大級のNFTマーケットプレイスであり、2017年に大型資金調達を発表してからわずか4年ほどで月間流通総額3000億円を達成しました。そういった実績により市場における注目度も高く、デジタルイラストを手掛けるBeepleや、VRアートの若きトップクリエイターであるせきぐちあいみさんといった著名アーティストから活用されています。

そのため、高額アイテムに巡り合えるチャンスが多く、無料でNFTを発行できるサービスや初心者でも分かりやすいサイトデザインも大きな魅力です。

Rarible(ラリブル)

2020年からサービスを展開しているRaribleは、比較的新興プラットフォームでありながら高品質なアート作品を中心に手掛けることで他社との差別化に成功しており、Openseaと並ぶ需要を獲得しています。さらに、RARIというガバナンストークンは単体の投資には不向きである一方、保有量に応じて運営方針に関する投票権が与えられる機能を有しているため、より深くNFTに携わりたい方にはおすすめのマーケットプレイスといえるでしょう。

Coincheck NFT(β版)(コインチェック)

Coincheck NFT(β版)は2014年からサービスを提供している国内最大手の仮想通貨取引所が運営しているマーケットプレイスです。多くの手数料を無料に設定していることに加えて、10種類を超える仮想通貨で売買が行える点も他社とは一線を画すメリットといえるでしょう。

さらに、ローンチ時点から「CryptoSpells」「The Sandbox」といったモンスターコンテンツのアイテムを取り扱っていることから、多角的な運用においてはマストといっても過言ではないプラットフォームです。

NFT関連銘柄のおすすめ仮想通貨5選

NFT 関連銘柄

ここからは、NFT関連銘柄としておすすめの通貨を5つ解説していきます。現在は大変多くの種類がリリースされていますが、効率的な投資を行うには特徴やサービスをきちんと把握しなければなりません。本記事で取り上げるものはいずれも将来的な成長が期待されているため、現在チャレンジを検討している方はぜひ参考にしてください。

エンジンコイン

エンジンコインはエンジン社が運営しているエンジンプラットフォームにて発行される仮想通貨であり、国内で上場している取引所は少ないものの確かな需要と期待値を獲得しています。具体的には、特殊スキルがなくてもブロックチェーンゲームが開発できる機能や、従来の仮想通貨よりも格段に向上した処理速度を備えており、今後は異なるネットワークへのブリッジサービスも展開予定なっています。

そして、特に注目を浴びたのはオンラインゲームのヒットコンテンツであるマインクラフトとの連携です。マイクロソフト社とのパートナー契約が生み出したこのコラボレーションは、「通常のゲームにも資産性を付与できる」という革新的な仕組みのモデルでもあり、今後のさらなる可能性を示唆するイベントともいえるでしょう。

サンドボックス

サンドボックスは仮想土地を展開する「The Sandbox」で使用されているガバナンストークンであり、主に海外仮想通貨取引所に上場しています。今後を判断する材料としては、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストといったモンスターコンテンツを手掛ける大手ゲーム開発企業のスクエア・エニックス社から出資を受けている、そして国内大手仮想通貨取引所のCoincheckが実際に仮想土地を購入している点が挙げられるでしょう。

さらに、その他大手企業も注目していることから、現状のみならず将来的にも人気を高めていく期待が持てる仮想通貨です。

チリーズ

チリーズは海外スポーツクラブとファンとの距離感をより縮めるためにローンチされたプロジェクトであり、「ファントークン」という新しいファンビジネスのツールとして注目を集めています。参考までに、ファントークンとは主にサッカーや野球などのスポーツクラブチームが発行する仮想通貨を指しており、保有量に応じてスター選手の肉声が収録されたNFTや開会イベントへの参加権、限定のチームシャツなどが得られる仕組みです。

そして、チリーズはそういった機能を持つファントークンの取引における標準的な通貨として開発されており、専用アプリ、あるいは取引所で交換できます。実際のところ、ウイルスパンデミックがスポーツ業界に与えた経済的ダメージは計り知れない規模となっており、仮想通貨を用いた収益の拡大は一筋の功名ともいえるでしょう。

そのため、今後はアイスホッケーや格闘技、アメフトといった世界的な人気を誇るジャンルにも波及する可能性があり、比較的安価で購入できる今が投資のチャンスです。

ディセントラランド

ディセントラランドはイーサリアムブロックチェーン上に構築されたVR専用プラットフォーム内で利用されているガバナンストークンです。取引所の指標となるティッカーシンボルは「MANA」とされており、2017年に行われたICO(Initial Coin Offering)ではわずか30秒程度で約26億円もの資金調達を成功させた市場における有望株となっています。

具体的には「Rプラットフォーム」としてメタバースを作りだし、その中に存在するアイテムやコンテンツをNFTとして販売できる特徴を持っていることから、主要関連銘柄の1つに挙げられるケースも多く、ディセントラランドのマーケットプレイスが利用されるほど価格高騰が見込めるでしょう。

フロー

NFTの黎明期にどの企業よりも早くブロックチェーンゲームに参入したDapper Labs社が開発したブロックチェーンのトークンであり、同社は「CryptoKitties」や「NBA Top Shot」で業界におけるリードカンパニーとしてのポジションを確立しました。そして、フローの注目ポイントはそのハイクオリティなブロックチェーン技術とされており、利用者数の増加に伴い処理速度が低下するスケーラビリティ問題の払拭に成功したのです。

さらに、2021年には米ドルの価格にペッグしているフローUSDというステーブルコインも登場したことから、今後の利用量増加による連動的な価格高騰も期待できるでしょう。

NFT関連銘柄の選び方

NFT 関連銘柄 選び方

ここからは、NFT関連銘柄を選ぶ際のポイントを3つ解説していきます。先ほど触れた銘柄の中から上手く選びだせない方は、ぜひ参考にしてください。

関連事業やプロジェクト

すべてのNFT関連銘柄には、ブロックチェーンゲームなどの対応プロジェクトが存在しており、市場における人気度によって利用量が変動する性質を持っています。たとえば、仮想土地の購入率が高まればサンドボックスの需要が高まり、エンジンプラットフォームで構築されたゲームがヒットすると、ガバナンストークンであるエンジンコインの価格高騰要因になるのです。

そのため、NFT関連銘柄の価格動向を探るには関連事業やサービスの情報をキャッチして、どれだけユーザーが多いか、今後見込まれる成長性を判断してみてください。参考までに、ゲーム分野だけでなくアプリ開発や医療業界、企業インフラに特化した通貨もあるため、自身が知見のある領域で選んでみるのもおすすめです。

現状の時価総額

仮想通貨の時価総額ランキングも重要な指標であり、上位銘柄ほど流通量が多く需要も大きいという判断が可能です。また、先ほど触れた情報の信ぴょう性も高まるため、いくつかの判断材料と合わせて活用するのがおすすめとなっており、値動きの安定性とボラティリティを計る基準としても役立つでしょう。

海外の予測情報を収集

多くのNFT関連銘柄は国内仮想通貨取引所で取り扱っておらず、どちらかといえば海外投資家の方が価格予測情報の収集に優位といえます。したがって、海外市場に特化したメディアを利用するのがおすすめであり、英語に自信があればTwitterを活用しても良いでしょう。

まとめ

本記事では仮想通貨NFTの概要や特徴、関連銘柄の選び方についても解説してきました。NFTは従来困難とされていたビジネスモデルを数多く世に実現させてきた新興技術であり、イラストや音楽業界に始まり、スポーツ、不動産、ゲームと多彩な領域で活用されています。

そして、そういった市場動向はそのままNFTの資産価値向上に繋がるだけでなく、関連銘柄の価格にも大きな影響を及ぼすのです。事実、エンジンコインなどはリリース当初から数倍以上の価格変動を見せた経緯もあることから、比較的安価に購入できる今こそが狙い目といえるでしょう。

もちろん先ほど触れたマーケットプレイスで転売に取り組むのもおすすめであるため、現在興味のある方は、ぜひ本記事を参考に仮想通貨NFTの投資にチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close