仮想通貨はゲームで稼げる!NFTゲームの特徴や人気のタイトルを解説

売買差益やステーキング、ローンチプールといった多彩な手法が用意されている仮想通貨投資ですが、現在はゲームで稼ぐ方法も主流になりつつあるのです。そこで本記事では、「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」を実現した仮想通貨のゲーム(通称:NFTゲーム)の概要や稼ぎ方、おすすめのタイトルについても解説していきます。より安全で楽しくマネタイズを行いたい方は、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨のゲームとは

仮想通貨ゲーム とは

まずは仮想通貨のゲームが持つ概要や魅力について解説します。現在最も勢いのある分野の1つであるため、初心者はきちんと把握しておきましょう。

仮想通貨が遊んで稼げる

ブロックチェーン上にゲームが構築されているため、クエストやランキング上位の報酬を仮想通貨として受け取ることが可能です。たとえば、放置系RPGとして人気の高い「クロスリンク」は、ビットコインに加えてIOST、AlgoRandという3種類の銘柄が「ただ遊ぶだけ」で手に入り、TownStarという街づくりシミュレーションでは独自開発のTOWNトークンを採用しています。

そして、仮想通貨取引所やオンラインウォレットに移行すれば当然日本円に換金できることから、通常の投資とは異なる大変ハードルの低いマネタイズ方法といえるでしょう。

自由に開発できる

一般的なオンラインゲームは一定以上の規模を持つ企業やエンジニアしか作れませんが、NFTゲームはブロックチェーンに接続さえすれば誰でも開発が行えるのです。もちろん、年齢や資格、国籍に関係する条件も一切存在しないため、現在存在するオープンプラットフォームの中では最も自由度が高く、合理的な環境といえるでしょう。

また、特定のゲーム内でもオリジナルのNFTアイテム、あるいはキャラクターの発行機能が実装できることから、プレイヤーは遊びを通した様々なマネタイズが可能となっています。

半永久的にアイテムが残る

従来のゲームコンテンツはカセットやディスク、あるいは固有サーバーを用いて運営していました。そのため、もしサービスが終了すればそれまで収集したアイテムやゲーム内通貨、キャラクターステータスのすべては消滅することになり、まさに時間の浪費に他ならなかったのです。

しかし、仮想通貨のゲームはレアアイテムやキャラクターがNFTとして構築されていることから、プレイヤーは万が一運営が倒産したとしても、半永久的にブロックチェーン上に残り続ける資産が手に入るでしょう。

仮想通貨のゲームの稼ぎ方

仮想通貨ゲーム 稼ぎ方

ここからは、仮想通貨のゲームで稼ぐ方法を5つに分けて確認しておきましょう。もちろんコンテンツによって詳細な条件などは異なりますが、基本的にはすべて共通しています。現在興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

ゲーム内のミッション報酬

ある特定のミッションやクエスト、トーナメントにおける報酬は仮想通貨のゲームにおいて最もスタンダードな稼ぎ方であり、対応ブロックチェーンによって様々な銘柄が付与されます。たとえば、3つのシリーズを展開するヒットコンテンツ「ジョブトライブス」は、使用するキャラクターのレアリティによって報酬額が変動するシステムを採用しており、最高位のLegendaryに至っては月間数十万円相当のDEAPcoinを獲得する猛者も多数存在するほどです。

さらに、バトルの成績をスコアリングするランキングバトルは1位のプレイヤーに対して「数千万円規模」の賞金を設定しているケースもあることから、興味のあるタイトルがあればとことんまで極めるのがおすすめといえるでしょう。

NFTを売却する

ゲーム内のキャラクターやアイテムはNFTで構築されているため、オンラインウォレットに移行すればもちろんマーケットプレイスで売却が可能です。そして、驚愕すべきは全体の取引価格であり、入手困難とされる最上位レアリティに関しては数百万円で取引されています。さらに、販売する際はレベルやスペック、特殊スキルなども加味されることから、ある程度育成すればより高額で買い手がつく可能性もあるでしょう。

一方、ゲームによってはある程度課金しなければNFTが手に入らないケースがある点には注意した方が良いでしょう。具体的に、「エグリプト」というモンスター育成RPGを無課金で遊んだ場合のレアキャラクター出現確率は「0.001%以下」と少々現実的ではない数値です。また、ノーマルレアリティの場合はそもそもNFTですらない可能性もあるため、自身がチャレンジするゲームの使用はよく確認しておいてください。

ゲームの関連銘柄に投資する

NFTゲームで採用している仮想通貨に投資するのも大変おすすめの稼ぎ方であり、人気が高まれば爆発的に価格が高騰するかもしれません。たとえば、TOWNstarの独自トークンであるTOWNはゲームリリースから比較的間もない期間で数倍にまで価格が上がっており、分散型取引所などで仕入れておけばゲーム報酬と合わせた二重の収益が得られるでしょう。

ただし、あまりにマイナーな通貨はCoincheckやGMOコインといった一般的な取引所には上場していない可能性があるため、バイナンスなどの海外プラットフォームか、パンケーキスワップを利用するのがおすすめです。

NFTをレンタルする

すべてのNFTゲームで実施しているわけではありませんが、保有しているキャラクターを他のプレイヤーにレンタルして「利用料」を徴収することも可能です。特にレベルが高く強力なスペックを備えている場合は高額で貸しだせるケースがあるため、2~3対程度を用意しておけば、わざわざプレイしなくとも不労所得が形成できるでしょう。

一方、プレイヤー同士のマッチング自体は「Discord」というSNSを通じて自身で行わなければならないケースも多いことから、用語や流れにある程度慣れてからチャレンジするようにしてください。

ステーキングサービス

NFTゲームによっては、イーサリアムなどを運営に預け入れて報酬が受け取れる「ステーキングサービス」を実施しており、最初の手続きだけを済ませれば継続的にオンラインウォレットへ支払われます。こちらも不労所得という点においてはレンタルと似通っていますが、他のプレイヤーを見つける必要がない上に、NFTを用意しなくても始められる点は初心者向けといえるでしょう。

ただし、ステーキング自体はバイナンスなどの仮想通貨取引所でも提供しているため、あえてNFTゲームで行うよりも、その他のマネタイズと併用するのがおすすめです。

最新仮想通貨ゲーム14選

仮想通貨ゲーム 最新

ここからは、2021年現在の最新仮想通貨ゲームを14タイトル解説していきます。いずれも魅力的なコンテンツとなっているため、ぜひ参考にしてください。

Crypto Spells(クリプトスペルズ)

日本最大クラスの人気を誇るクリプトスペルズは、オリジナルのカードデッキで他のプレイヤーとバトルを繰り広げるNFTゲームであり、美しいグラフィックや戦略性が問われるルール設定が人気理由とされています。

また、3枚しか組み込めない「クリプトスペルズ」というカードは、戦局を左右するほどの強力なスキルを備えており、レアリティの高いキャラクターはマーケットプレイスでも高値で売却が可能です。さらに、ランキング上位者には破格の賞金も用意されていることから、やり込む価値は十分にあるでしょう。

CrossLink(クロスリンク)

放置ゲームとして名高いクロスリンクは、自身のキャラクターを派遣して「アイテムを収集してもらう」という独特なシステムのNFTゲームです。したがって、1日に2,3回程度アプリを操作すれば仮想通貨を稼ぐことが可能となっており、現在はビットコインだけでなくIOSTとAlgoRandにも対応しています。

参考までに、無課金で稼げる金額は1日に5~20円程度と少額ですが、そもそも複雑なバトルをこなす必要がないことから、8割型不労所得といっても良いでしょう。一方、特定のエリアに出現するボスの討伐に参加すれば、1度に数千~数万円が手に入る可能性もあるため、幅広いマネタイズを行いたい方にはおすすめです。

Jobtribes(ジョブトライブス)

先ほど触れたジョブトライブスはキャラクターの職業を選択するのではなく、医者やイラストレーター、DJといった「職業自体を擬人化」したカードゲームとなっています。ゲーム内のワールドにはフリーランスや公務員といった属性で細分化されており、毎月2回の給料日にはDEAPcoinが獲得可能です。

具体的な稼ぎ方としては、通常クエストのクリア報酬やランキング、そしてNFTの売却がメインであり、上級者の中には年間数百万円を稼いでいる猛者も存在します。ただし、効率的に稼ぐには強力なNFTを購入しなければならないため、ある程度の初期費用が発生する点には注意しましょう。

パズル×ジョブトラ

ジョブトライブスのパズルゲームであり、ステージごとに設定された特定の条件をクリアすれば、自動的にDEAPcoinが付与されます。実際のところ職業によるアドバンテージはそこまで存在しませんが、比較的取り組みやすいゲームシステムやシンプルな稼ぎ方は初心者向けの仕様です。

一方、現在はまだ開発途上のNFTゲームであるため、ステージ数は50程度と少なめになっており、あまりハイペースで進めてしまうと運営のアップデートを待たなければならない可能性もあるでしょう。その点にさえ注意すれば、あまり試行錯誤せずとも仮想通貨が稼げるNFTゲームです。

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)

マイクリプトヒーローズはNFTゲーム業界において欠かせないヒットコンテンツであり、世界規模の人気を誇っています。昔懐かしいドット絵のキャラクターでパーティーを編成し、数々のクエストをこなして仮想通貨を稼ぐシステムです。

また、ゲーム内のNFTはすべて歴史上の偉人がモチーフとなっており、織田信長やマザーテレサ、ライト兄弟といった有名どころは数十万円で売却できるでしょう。さらに、ガバナンストークンのMCHCも順調に価格を伸ばしているため、関連銘柄投資においても有望なコンテンツといえます。

BRAVE FRONTIER HEROES(ブレイブフロンティアヒーローズ)

累計約4,000万ダウンロードを誇るブレヒロと、世界規模の人気を獲得したマイクリのコラボレーションであるブレイブフロンティアヒーローズは、3人パーティーでクエストを進める仕組みはそのままに、より多彩なアイテムで戦略が構築できます。もちろんマイクリと同じブロックチェーンで構築されているため、互いのNFTを相互に利用することも可能となっており、両方を並行してプレイすればより効率的なマネタイズが行えるでしょう。

参考までに、具体的なバトルはほぼ自動でスクロールされていくことから、通勤などのちょっとした隙間時間で十分遊べます。

クリプ豚

クリプ豚(トン)はNFTで構築された豚のキャラクターを競争させるシステムであり、動作性の低さが指摘されがちなNFTゲームの中でも、大変スムーズに操作できる点も魅力といえるでしょう。また、それぞれのNFTは模様や装備が詳細に異なっており、交配を繰り返すことで少しずつレアリティが高められます。

そして、クリプ豚で作りだせるキャラクターの総数は実に3京6,000兆と天文学的な数値であることから、やり尽くして飽きてしまうという状態にはまずならないでしょう。

EGGRYPTO(エグリプト)

世界樹から生まれる卵を収集するエグリプトは、極めて低確率で出現する「レアモン」の獲得を目指すNFTゲームです。スマホアプリの軽快な操作性やクエストをこなしていくシンプルなシステムも魅力であり、比較的平等なゲームバランスを構築している点も高評価となっています。

ただし、ゲーム内ではほとんど仮想通貨が得られないことに加えて、NFTも入手しにくいことから、マネタイズというよりも純粋にプレイを楽しみたい方におすすめといえるでしょう。ビジュアルや世界観に関しては大変ソフトな可愛らしい雰囲気であるため、モンスターを眺めながら癒されたい場合には最適です。

Axie Infinity(アキシーインフィニティ―)

数あるNFTゲームの中でも特に稼げると評判のアキシーインフィニティ―は、「アキシー」というキャラクターを用いてクエストやミッションをこなしていくシンプルなシステムを採用しています。本場のフィリピンではゲームの収益だけで生活しているプレイヤーも多く、中には家を購入したベテランまで存在するため、ある程度時間を割いてでも没頭する価値はあるでしょう。

ただし、最初に3体のキャラクターを揃える際、最低でも2万円程度は必要となることから、完全に無課金でプレイしたい方にはおすすめできません。また、パソコンにプログラムをインストールすると、全体の動作が重くなってしまうデメリットもあり、現在検討している場合はあらかじめ注意が必要です。

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)

2022年の5月頃にリリース予定のポルカファンタジーは、スクエアエニックスの元重鎮や遊戯王デュエルモンスターズのカードグランプリで3度王者を勝ち取った人物が運営に携わっている注目コンテンツです。現状まだ詳細なシステムは公開されていませんが、既に一部のアイテムは高額で販売されており、独自のマーケットプレイスも多くのユーザーから活用されています。

また、ゲーム自体のコンセプトが「日本のオタク文化とクリエイターの支援」であるため、今後展開されていくプロジェクトに関しても期待値が高く、NFTゲーム業界に新たな旋風を巻き起こす可能性もあるでしょう。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandboxは現在最も勢いのあるNFTゲームの一角であり、業界内でもいち早くメタバースを取り入れた人気タイトルとなっています。ゲーム内の仮想土地は独自通貨であるサンドボックスなどを用いて売買が可能であり、明確に所有権が割り振られていることから、転売はもちろん自身のオリジナルアイテムを設置して商店を開くなど、大変自由度の高い環境です。

一見するとニッチな領域にも思えますが、現在は数々の大手企業が参入しており、メタバースへの関心が高まるにつれてThe Sandboxの需要も拡大していく期待が持てるでしょう。

MIR4(ミル4)

ミル4の魅力は、ブロックチェーンで構築されたNFTゲームとは思えないほどの3D技術でしょう。滑らかな動作性と美麗な世界観は一瞬で引き込まれてしまうほどにハイクオリティであり、キャラクターの外見を自由に設定できる点も人気理由の1つです。

一方、仮想通貨を得るには一定のレベルに到達してから、「採掘」という作業を行う必要があるため、マネタイズには比較的時間がかかるデメリットには注意してください。

CryptoKanojo(クリプトカノジョ)

NFTで構築されたガールフレンドで遊ぶクリプトカノジョは、バトルや育成ゲームではなくただ交流を深めていくだけの恋愛シュミレーションとなっています。そのため、戦略性やスキル発動の爽快感を求めている方には向いていませんが、往年のヒット作である「ときめきメモリアル」などを好んでいた場合は最もマッチしたNFTゲームです。

さらに、キャラクター同士を配合する「フュージョン」機能を用いれば、売却時の価格が高められる上に、他のプレイヤーへレンタルしてもマネタイズが行えることから、収益性に関しては他のタイトルと比較しても申し分ありません。

SORARE(ソラーレ)

実在のサッカー選手をNFTトレカにしたソラーレは、現実に行われている試合結果がそのまま保有しているカードのスコアに反映される仕組みです。そのため、最初は低価格でも今後の成績次第では高額アイテムに変貌する可能性を秘めており、ある程度の先見性が要される点も人気理由の1つといえるでしょう。

また、ゲーム内でもランキング戦に参加が可能ですが、最低でも5枚を揃える必要があり、導入時に付与される選手だけでは太刀打ちできない点には注意が必要です。もちろん強力な選手を揃えれば優位性を持って運用できるため、ある程度のコストを投じる算段は立てておくのがおすすめといえます。

仮想通貨のゲームの注意点

仮想通貨ゲーム 注意点

ここからは、仮想通貨ゲームにチャレンジする際の注意点を確認しましょう。いずれも効率的な運用を行うには重要なポイントであるため、ぜひ参考にしてください。

初期費用が掛かる場合がある

NFTゲームによってはある程度のキャラクターをマーケットプレイスで購入する必要があり、場合によっては数万円の初期費用が発生します。たとえば、先ほど触れたアキシーインフィニティでは最初の3体を揃えるために最低でも2万円、より効率的なスタートダッシュを切るには10万円を投じなければならないのです。

また、たとえ無課金で始められるとしても、有償のキャラクターを保有していた方が確実に他のプレイヤーとの差がつけられるため、効率的に稼ぎたい場合は必要経費と割り切った方が良いかもしれません。ただし、大前提としてNFTは転売が行えることから、一旦出費が発生したとしても不要に感じた場合はまた日本円に戻すことが可能です。そのため、一般的なゲームにおける課金とは根本的な性質が異なる点は認識しておいた方が良いでしょう。

ゲームクオリティが全体的に低い

ミル4やクリプ豚に関しては据置ゲームと同程度のグラフィックを備えていますが、全体的なクオリティはまだまだ発展途上であり、ほとんどの場合は簡易的なスクロール形式か一昔前のスマホアプリのようなシステムに収まっています。

ただし、日々新たなタイトルが発表される中で少しずつ技術が向上しているため、いずれ払拭できる問題ではあるでしょう。近い将来はPS5などと遜色ないゲームでマネタイズが行える可能性もゼロではないことから、今後の動向はよくチェックしておくのがおすすめです。

取引が混み合うと動作遅延が発生する

NFTゲームはあくまでもブロックチェーン上に構築されたプラットフォームであるため、アイテムの発行や入手、配合といった機能を行う際は必ず取引記録を処理する「マイニング」というプロセスが発生します。したがって、土日や連休中といったプレイヤーが集中しやすいタイミングは、処理件数自体が増加する傾向であり、ゲームの動作自体が遅延する可能性もあるでしょう。

ただし、PolygonやFlow、IOSTといったスペックの高いブロックチェーンを採用していればある程度の改善は期待できることから、こちらも改善し得る注意点ではあります。

まとめ

本記事ではNFTゲームの特徴やプレイする際の注意点、そしておすすめのタイトルについても解説してきました。従来のゲームコンテンツはサービスが終了すればすべての労力が無駄に終わるだけでなく、当然ゲーム内の通貨やアイテムも現実世界で通用する価値は持ち合わせていませんでした。

しかし、ブロックチェーンで構築されたNFTゲームは、ミッション報酬や特典をそのままマーケットプレイスで売却することが可能であり、海外には生計を立てるどころか家を購入する上級者まで存在するほどです。ゲームによっては合う程度の初期費用が必要となる点には注意が必要ですが、もし不要と判断すれば転売して日本円に戻せるため、通常の課金とは全く性質が異なるといえるでしょう。

現在興味を持っている方は、ぜひ本記事を参考に投資とは別のマネタイズを行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close