仮想通貨(ビットコイン)の儲け方とは?注意点や儲けるコツを解説

仮想通貨は法定通貨や株式と同じく売買差益によって利益が得られる投資商品ですが、効率的に資産を形成するには、ステーキングやブロックチェーンゲームといった「その他の稼ぎ方」も押さえておく必要があります。

そこで今回は、投資家に役立つ様々な仮想通貨を稼ぐ方法、そして注意点やコツについても見ていきましょう。現在自身にマッチした手法が実践できていない方は、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨(ビットコイン)の儲け方とは

仮想通貨 設け方

仮想通貨の儲け方といえば、チャートをチェックしながら売買を行うスタイルをまず想像するかもしれませんが、実際はそこからさらに時間軸で細分化されており、特定の団体に預け入れて利息を得る方法まで存在しています。社会情勢や相場動向に応じて使い分ければ効率的な運用に繋がるため、ここでは現在多くの投資家が活用している手法を押さえておきましょう。

現物取引で売買差益を狙う

現物取引とは、口座資金と同等の通貨量を売買する仕組みであり、損益と完全に連動する特徴があります。具体的に、100万円分のビットコインを購入して5万円の下落が発生した際は、そのまま自身の資産額が95万円にまで減少するということです。

したがって、0円になることはあってもそれ以上のマイナスに膨れ上がるリスクがなく、比較的安全性の高い手法といえるでしょう。ただし、銘柄に十分な値動きがなければ利益自体が得られないことに加えて、基本的に「買い注文」しか行えない点には注意が必要です。

積立投資

現物取引の代表的な投資手法としては、日々少しずつ保有通貨量を増やしていく「積立投資」が挙げられるでしょう。大きな利益を得るには不向きといえますが、購入価格の平均化に加えてチャートを細かく分析する手間まで削減できるメリットを備えています。参考までに、株式やFXの世界では「ドルコスト平均法」という名称で古くから活用されており、チャートの変動を全く考慮しないことから、ある種外貨預金のような感覚で取り組むことが可能です。

ただし、いくら価格変動リスクが抑えられるとはいっても、強烈な下落トレンドが発生すれば当然資産は大幅に目減りします。そのため、もしチャレンジする際は将来的に価格の上昇が見込める銘柄を選定しましょう。

長期保有

先ほど触れた積立投資を合わせて、ある程度まとまった通貨量を数か月~数年スパンで保有し続ける方法も効果的な運用方法といえます。事実、2009年時点からビットコインを握り続けていた投資家は、最終的に500~700倍以上の評価額にまで膨れ上がっており、煩雑になりがちな売買手続きなどをほとんど行うことなく巨額の富を築きました。

ただし、イーサリアムなどのアルトコインでも同様のチャンスはありますが、極めて高度な先見性と「運」が試される手法であり、通貨によってはほぼ利益がでないケースもある点には注意しましょう。

レバレッジをかけて取引する

より効率的に資産を運用したい場合は、仮想通貨取引所から通貨を借り受ける「レバレッジ取引」もおすすめです。国内仮想取引所であれば2倍程度、bybitなどの海外プラットフォームなら口座資金に対して100倍に相当する取引が行えることから、先ほど触れた現物とは比較にならないほどの利益効率が得られます。

さらに、レバレッジ取引は「始めから売りエントリーする」空売り注文も利用できるため、相場の上昇だけでなく下落の値動きでもチャンスに変えられるのです。一方、後ほど解説する追証に関しては特に注意するべきであり、利益だけでなく損失も同程度に拡大する性質はあらかじめ押さえておかなければなりません。

主なトレードスタイル

レバレッジ取引は現物よりも多彩な立ち回りが実践できる分、いくつかのトレードスタイルを選択することが可能です。ここでは時間軸によって細分化されている以下の3種類を確認しておきましょう。

  • スキャルピング

数秒~数分程度で取引を完結させる手法であり、1度の利幅は少ない一方、細かい値動きでも利益が狙えるメリットがあります。
ただし、売値と買値の価格差であるスプレッドが広い仮想通貨には少々マッチしておらず、主にFXで用いられるスタイルといえるでしょう。

  • デイトレード

1日の間にポジションを決済するデイトレードは、先ほど触れたスプレッドのリスクをカバーしつつ、より大きな利益が見込めるスタイルです。ボラティリティの高い仮想通貨においては最も効率の良いといっても過言ではなく、多くの投資家が採用しています。しかしながら、たとえ損失が発生していても1日で手じまいする必要があるため、自身を律する管理能力が試されるでしょう。

  • スイングトレード

数週間~数か月もの間ポジションを保有し続けるスイングトレードは、価格変動が発生してもロスカットされないだけの資金量が要される一方、頻繁に取引を繰り返す必要がないメリットがあります。さらに、通貨の人気が高まり価格が上昇すれば大きな利益が得られるため、兼業投資家はもちろん、デイトレードとの並行運用も効果的といえるでしょう。

追証リスク

先ほど触れた通り、レバレッジ取引は口座資金を担保に通貨を借り受ける性質上、ある一定の含み損を抱えた際は「証券会社からの信用性を喪失」したと判断されて、強制的に保有ポジションが決済(通称:ロスカット)されてしまいます。実際のところその程度であれば多少なりとも自身の資産は残りますが、強烈な価格変動によってロスカットの執行が間に合わなかった場合は、損失相当額の保証金を追加で差し入れなければならないのです。

業界ではそういった仕組みを追証(おいしょう)と称しており、FXの世界では数千万円にも及ぶ負債を背負ってしまった投資家も存在します。一見すると大変危険性の高い要素に思えますが、あらかじめ損切りラインを(逆指値)をセットしておけばリスクを抑えられるため、万が一の自体に備えて必ず実施するようにしましょう。

ステーキングで増やす

先ほどは自身で取引操作を行う手法に触れましたが、仮想通貨は一定額を保有するだけで利益が得られるステーキングというサービスも存在します。

ここでは、初心者に向けて詳しい仕組みを確認しておきましょう。仮想通貨を構築しているブロックチェーンは、送金決済といったユーザー間におけるやり取りが発生した際、マイナーと呼ばれる作業者に報酬を支払ってトランザクション(取引記録)を処理させています。その際、天文学的な数値に及ぶ演算を行うことから、マイナー全体の計算結果の整合性を取るために、コンセンサスアルゴリズムというプロトコルを活用するのです。すなわち、自動的に答え合わせをする、という理解で良いでしょう。

一方、従来スタンダードとされていたプロセスでは、「膨大な量の回答を取りまとめる」だけでも多大な負担がかかり、大幅な処理遅延が発生するケースもありました。そこで、1つのソリューションとして考案されたのが、ガバナンストークンの保有量が多いマイナーの回答を採用するPoS(プルーフオブステーク)であり、あらかじめ参加者を絞って不要な手順の削減に成功したのです。

そして、ステーキングサービスは利息を対価に仮想通貨を預け入れる仕組みとなっており、実施している団体は「保有量が増える」ことで回答が採用されやすくなります。もちろんFXや株式には存在しない仮想通貨独自の手法であることから、より手間なく利益を得たい方には特におすすめといえるでしょう。

イールドファーミングを活用する

ステーキングと同じくある程度放置して運用できるのが「イールドファーミング」というサービスであり、こちらは価格変動による損失リスクはあるものの、通貨によっては比較的大きな利益が得られるでしょう。

具体的には、一定量の通貨を購入して相場の流動性を提供する仕組みとなっており、主にパンケーキスワップやユニスワップといった分散型取引所で行われています。新興通貨で値動きが不安定な分報酬も高く設定される傾向であるため、リスクを考慮しながら銘柄を選定してみてください。

マイニング報酬を稼ぐ

ブロックチェーンを用いている仮想通貨では、先ほど触れた取引処理を行ってマイニング報酬を得ることも可能であり、より多くの回答が採用されれば多額の収益を形成することができるでしょう。

ただし、マイナーになるには膨大な量の演算処理に対応した高度なコンピューターと特殊なスキルが必要となり、電力コストが賄えるだけの資金力も要されます。そのため、実際のところ個人レベルでは到底参加できる水準ではないことから、1つの知識として押さえておけば問題ありません。

ブロックチェーンゲームで稼ぐ

現在新たな主流として高い人気を誇るのが、ブロックチェーンゲームを活用したマネタイズであり、RPGからシューティングまで多彩なジャンルがリリースされています。特に、モンスターバトルを主軸としたAxie Infinityは、数万円分のNFTキャラクターを揃える必要があるものの、月間数十万円程度の収益を得る猛者も存在しており、海外には家を購入した上級者も表れました。

もちろん、ジョブトライブスやクロスリンクなどの国産ゲームであれば、完全に無課金でもビットコインなどが稼げることから、ユーザーの好みや方針で切り替えられる点も魅力です。

一方、ゲームによってはオンラインウォレットやマーケットプレイスのアカウントをセットする手間が発生するため、一定以上のリテラシーや知識は身につけておいた方が良いでしょう。そういった点に注意すれば、「遊びの中で仮想通貨が増えていく」革新的なプラットフォームといえます。

NFTを取引する

仮想通貨を稼ぐには、同じブロックチェーンで構築されたNFTの取引もおすすめであり、注目度の高まりに伴いユーザー数も日々増加しています。特に世界最大規模を誇るOpenseaや、仮想通貨取引所としても需要のあるバイナンス、Coincheckのマーケットプレイスは取引量が多く、購入と出品の双方で大きなメリットが享受できるでしょう。

また、芸能人やスポーツ選手、著名アーティストの作品も多数販売されているため、自身の好きなジャンルに絞って投資するのも効果的です。

自身で発行

NFTは現在様々なジャンルに対応しており、デジタルイラストに始まるアートはもちろん、スマホに眠る写真すら1つの作品として出品が可能です。また、Twitterのツイート画面をNFT化するマーケットプレイスも人気が高く、アナログ素材として存在する絵画をスキャンする手法も主流となりつつあります。

したがって、簡単な手続きさえ覚えれば誰でもクリエイターになれる上に、資産価値が見込まれれば高額で競り落とされる期待も持てるでしょう。事実、これまで全く資産価値が見込まれなかったものに数億円の値がつくケースも珍しくないため、少しでも興味があれば積極的にチャレンジしてみてください。

転売

NFTは自身で発行するだけでなく、第三者の作品をマーケットプレイスで転売することも可能であり、注文操作などの手順は増える一方、初心者でも比較的簡単にチャレンジできるメリットがあります。また、芸能人などが発行するNFTは大変注目度が高く、希少性が見込まれるほど転売価格も高額となる傾向です。

参考までに、バスケットボールの最高峰として名高いNBAの選手をモチーフにしたトレカは、定価約10万円から数千万円にまで高騰した事例も存在していることから、売り切れ前に入手できれば誰でも巨額の利益が得られるでしょう。ただし、取引の都度で発生する手数料や、そもそも原価を割れてしまうリスクもあるため、あくまでも不確実性と隣り合わせという点には注意が必要です。

ゲームのアイテムを売却

先ほど触れたブロックチェーンゲームは、レアアイテムやキャラクターがNFTで構築されているため、もちろんマーケットプレイスに出品することもできます。

事実、歴史上の偉人をモチーフにした大人気ゲーム「マイクリプトヒーローズ」は数十万円規模の高額で取引されており、「ジョブトライブス」における最上位レアリティのNFTも数百万円の値がつくほどです。当然入手するまでには多大な労力と時間が要されますが、仮想通貨の稼ぎ方としてはぜひ押さえておきたい手法といえるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)の価格が上昇するタイミング

仮想通貨 価格上昇 タイミング

ここからは、仮想通貨で大きな利益が得られる価格上昇のタイミングを確認しておきましょう。無駄なく効率的な運用を行うには重要なポイントであるため、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨取引所に上場された時を狙う

仮想通貨取引所に新たな銘柄として上場されれば、投資家全体からの注目度はもちろん実際の取引量も増加する可能性があり、通貨の価格も高騰するでしょう。実際に、ブロックチェーンゲームの開発に特化したエンジンコインは、CoincheckとGMOコインで取扱いが始まった際に大幅上昇を見せているため、投資を行う上では欠かさずに狙っていきたいタイミングといえます。

ただし、ほとんどの場合は「上場」ではなく「ニュースが発信された時」に買いが集まることから、常にアンテナを張って情報を収集しなければならない点には注意が必要です。

関連事業がローンチした時に購入する

仮想通貨取引所の上場と同じく、銘柄に関連するプロジェクトがローンチしたタイミングも大きなチャンスといえるでしょう。たとえば、対応サービスの増加や新たなゲームのリリースなどは特に狙い目であり、注目度や利便性が高いほど価格が高騰する期待が持てます。

また、NFT関連銘柄などはマーケットプレイスの動向にも強く影響するため、株式のように多角的な視点から分析するのがおすすめです。

上場前の銘柄を手に入れる

株式におけるIPOと同じく、仮想通貨取引所へ上場する前の新興銘柄を入手するのも効果的な戦略といえるでしょう。一見すると特殊なスキルが要されるようにも思われますが、バイナンスなどのプラットフォームで提供されている「ローンチプール」というサービスを用いれば、誰でも期待値の高い通貨を獲得できます。

ただし、確実に価格が高騰する補償はないことから、対応サービスや運営企業の情報をよく考察して選定するようにしてください。

儲けるためのおすすめ仮想通貨5選

仮想通貨 儲ける おすすめ

価格上昇が見込まれるタイミングが理解できたところで、次は投資におすすめの仮想通貨を確認していきましょう。現在銘柄の選定が行えていない方は、ぜひ参考にしてください。

ビットコイン

ビットコインは仮想通貨の祖とも呼べる存在であり、現在運営しているすべての取引所で購入できるメジャー通貨です。ボラティリティが非常に高いことから、価格変動に振り回されがちなデイトレードよりも積立投資といった長期保有の方が適しており、下落したタイミングを狙えばより大きな利益が得られるでしょう。

参考までに、2021年12月時点の価格は580万円程度を推移していますが、将来的には1,000万円に到達する可能性もゼロではないほどのポテンシャルを秘めています。

エンジンコイン

ブロックチェーンゲームの開発に特化したエンジンプラットフォーム上で発行される仮想通貨であり、現在最も注目度の高い銘柄の1つとなっています。現在の価格は450円程度と安価な部類に入りますが、ほんの半年程度で3倍の価格高騰を見せており、少額資金でもまとまった量をストックできる点も魅力といえるでしょう。

ポルカドット

ポルカドットは異なるブロックチェーンとの接続を実現するブリッジ機能を搭載しており、高い有用性に注目が集まっています。また、2022年5月頃にリリース予定のポルカファンタジーにも実装されることから、取引量の増加も期待できる上に、今後上場する取引所が増えればより大きな利益が狙えるでしょう。

ただし、国内で上場している取引所は比較的少ないため、基本的にはバイナンスや分散型取引所を利用するのがおすすめです。

DEAPcoin

今から仮想通貨取引にチャレンジする上では、DEPcoinも押さえておいた方が良いでしょう。2021年12月現在は5円程度と安価な価格帯ですが、人気ゲームであるジョブトライブスに起用されていることから、将来的なポテンシャルは十分に見込めます。

今のうちに5,000円程度で1,000通貨ストックしておけば、価格高騰が発生した際に大きな利益が得られるため、将来有望な銘柄を求めている方はぜひチャレンジしてみてください。

TOWN

TownStarというブロックチェーンゲームのガバナンストークンであり、2ヶ月程度で5倍にまで価格を伸ばした銘柄です。実際のところ知名度だけで見れば比較的ニッチな部類に入りますが、ゲーム自体の収益性が高水準であることから、今後より多くのユーザーを獲得する可能性があります。

一方、国内で上場しているところは1社も存在しないため、パンケーキスワップなどの分散型取引所を利用しなければなりません。

イーサリアム

イーサリアムは市場において比較的古い銘柄ですが、NFTの開発環境として再注目されており、いまだ根強い人気を誇っています。ボラティリティも高いことからデイトレードの運用に適しており、ほとんどの取引所で取り扱っている点も魅力といえるでしょう。

ただし、2021年12月時点の価格は50万円程度と比較的高額な部類に入るため、ある程度まとまった通貨量を保有するには多額の資金が必要となる点には注意が必要です。

儲けるためのおすすめ仮想通貨取引所6選

仮想通貨 儲ける 取引所

ここからは、仮想通貨で儲けるためにおすすめの取引所を6つ解説します。いずれも優位性の高い運用が行えるため、きちんと押さえておきましょう。

Coincheck(コインチェック)

国内最大の規模を誇るコインチェックは、初心者にも扱いやすい取引ツールに加えて安価な手数料も魅力のプラットフォームです。

さらに、独自運営のNFTマーケットプレイスも多くのユーザーを獲得しており、人気の高いブロックチェーンゲームや著名人のアイテムを取り扱っていることから、仮想通貨を運用する上ではマストツールといっても良いでしょう。金融庁の認可も受けているため、安定した運営体制を求めている方にもおすすめといえます。

Binance(バイナンス)

数百種類の仮想通貨を取り扱う世界最大規模の取引所であり、独自トークンのバイナンスコインも投資対象として有望です。また、先ほど触れたローンチプールやステーキングサービスも提供しているため、幅広い手法を実践したい場合は特にメリットの多いプラットフォームといえるでしょう。

さらに、マーケットプレイスであるバイナンスNFTも有用性が高く、コインチェックとあわせてアカウントを開設するのがおすすめです。

bybit(バイビット)

海外取引所のバイビットは取扱い銘柄自体は少ないものの、100倍レバレッジを活用したダイナミックな運用が行えるでしょう。さらに、米ドル価格に連動しているUSDT(テザー)を口座資金として利用できる点も魅力であり、価格変動リスクを最小限に抑えることが可能です。

また、国内取引所には見られないボーナスキャンペーンも利用できるため、より効率的に資金を増やしたい方はぜひ利用してみてください。

Crypto GT

Crypto GTは最大500倍ものレバレッジを提供しており、入出金手数料が無料に設定されている点も魅力といえるでしょう。また、海外FXで広く採用されているゼロカットシステムが利用できるため、先ほど触れた追証を支払う必要がないメリットもあります。

そして、仮想通貨以外にも法定通貨や株価指数といったCFDも取り扱っていることから、幅広い投資を行いたい方には特におすすめです。

UniSwap

運営団体の存在しない分散型取引所の代表格であるUniSwapは、国内では購入できない銘柄を多数取り扱っており、ステーキングやイールドファーミングも行えます。実際に運用するにはコインチェックなどの国内取引所を経由して資金を送金する必要がありますが、そういった手間を考慮しても利用価値は高いといえるでしょう。

参考までに、独自トークンのユニスワップも有望な投資対象であるため、ぜひ参考にしてください。

PancakeSwap

UniSwapと同じく多くのユーザーから利用されているPancakeSwapは、安価な手数料と独自トークンであるCakeも高い人気を誇っています。また、一般的な仮想通貨取引所は口座を開設する際に煩雑な手続きが必要となる一方、Pancake Swapの場合は本人確認不要ですぐに取引が始められるため、思い立ったその日に目当ての通貨が手に入るでしょう。

ただし、金融庁の認可を得ているわけではないことから、突発的に利用が制限される可能性がある点には注意してください。

仮想通貨取引の注意点

仮想通貨取引 注意点

ここからは、仮想通貨を取引する上での注意点について解説します。現在投資を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ボラティリティが高い

仮想通貨市場は法定通貨や株式よりも格段にボラティリティが高い特徴があり、1日で数十万円の価格変動が発生するケースも珍しくありません。したがって、精度の低い分析によって不利なポジションを保有すれば、大幅に口座資金を減らしてしまうだけでなく、ロスカットによって撤退せざるを得ないリスクもあるのです。

ただし、裏を返せば効率的に資産が増やせるメリットも期待できることから、社会情勢や相場動向を的確に分析して、優位性の高い運用を行っていきましょう。

オンラインウォレットが乗っ取られるリスク

仮想通貨やNFTを保管するオンラインウォレットは、需要が拡大するにつれて高水準のセキュリティ機能が実装されていますが、ユーザーの不注意によって乗っ取られてしまうリスク自体は払拭しきれていません。そして、その中でも特に以下の固有コードは盗み見られれば甚大な被害が発生する可能性があり、第三者に知られないような秘匿性のある保管方法が求められています。

  • シークレットリカバリーフレーズ(シーズフレーズ)

10個の単語をランダムに発行したコードであり、異なるデバイスからでも自身のアカウントにログインできます。そのため、万が一盗まれればオンラインウォレットそのものが奪われるに等しく、保管していた資産が永久に戻ってこないリスクもあるでしょう。

  • 秘密鍵

先ほどはアカウントに関するコードでしたが、こちらは同じく重要な「送金」を管理しており、盗難されると資金自体が持ち逃げされてしまう可能性があります。オンラインウォレットを利用する際は、上記の2つを厳重に管理しつつ、自分自身も紛失しないように注意してください。

詐欺コインが販売されているケースがある

仮想通貨は現在8,000種類を超える銘柄が発行されており、健全な企業や団体が運営しているケースも多い中、資金の持ち逃げを前提とした「詐欺コイン」も存在します。事実、韓国発の大人気ドラマであるイカゲームを連想させるように仕向けた「イカコイン」が分散型取引所に上場した際は、数億円の資金を集めた後に突如として市場から撤退し、多くの投資家が持ち逃げの被害に遭いました。

また、「必ず利息が得られる」「今後価格が上昇する可能性が高い」といった誘い文句で購入を勧める悪質な業者も少なくないため、表面的な情報に踊らされずにきちんと分析した上で購入しましょう。

法整備で自由度が低下する可能性がある

ブロックチェーンを用いた仮想通貨は比較的歴史の浅い新興領域であり、現在は特別な資格や資本がなくとも参入できる自由度の高い市場が形成されています。しかしながら、今後法整備が進む中でユーザー層が限定される可能性もゼロではなく、場合によっては一部の金融機関しか銘柄が発行できなくなるケースもあるでしょう。

もちろん盗難被害や詐欺行為に対する抑止力となる期待も持てますが、従来のようにフレキシブルな運用が行えなくなるリスクについては常に想定しておかなければなりません。

まとめ

本記事では仮想通貨の稼ぎ方や投資における注意点を解説していきました。仮想通貨は現在大変自由度の高い市場が展開されており、単純な売買差益だけでなくステーキングやNFTといった様々な運用が実践できます。

一方、FXや株式とは比較にならないほどのボラティリティによって損失が拡大しやすい点には注意が必要であり、詐欺コインを掴まないためにも正しい情報をピックアップしなければなりません。現在仮想通貨投資を検討している方は、ぜひ本記事を参考に効率的な運用を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close