仮想通貨のデビットカードを徹底解説|機能とおすすめを知って便利に換金!

ブロックチェーンに端を発する仮想通貨やNFTは近年新たな投資商品として注目を集めていますが、その際ネックになりがちなのが「換金」です。

「取引所で換金するのは面倒」「もっと便利な方法が知りたい」

本記事ではそのような方に向けて、仮想通貨のデビットカードの機能や国内外のおすすめについて解説していきます。現在悩んでいる方は、本記事を参考により利便性の高い環境を構築していきましょう。

仮想通貨デビットカードとは

仮想通貨デビットカード とは

一般的なデビットカードといえば、店舗やECサイトでカード払いを行った際に連結させている銀行口座から引き落としされる仕組みとなっています。したがって、わざわざ現金を引き出す手間がなく、クレジットカードとも異なり利用可能額や信用情報を気にする心配がないメリットもあるのです。

しかしながら、「仮想通貨」に特化したデビットカードはさらに特殊な性質を持ち合わせているため、ここでは概要や国内外の違い、種類を把握しておきましょう。

仮想通貨デビットカードの概要

先ほど触れた通り、デビットカードとは自身の口座からダイレクトに引き落しが行われる機能を持っています。そして、そういった仕組みを仮想通貨の領域に応用したのが「仮想通貨デビットカード」であり、ブロックチェーン上の情報を保管・管理しているオンライウォレットや仮想通貨取引所の口座に対応しているのです。

すなわち、資産運用で増やしたビットコインやイーサリアムをそのまま商品の購入などに利用できるため、投資家はもちろん現金とは異なる新たな選択肢を求めている方からも注目を集めています。

国内外の違い

通常のクレジットカードにも国内外で様々なブランドが存在しますが、その特徴に関しては仮想通貨デビットカードも変わりません。そして、海外企業が発行しているものは手数料や維持費用が比較的高い印象であり、そもそも日本居住者は登録自体が行えないケースもあります。

実際のところ国内のカードだけでも不自由を感じることはほとんどありませんが、現在検討している方はあらかじめ押さえておいた方が良いでしょう。

種類

デビットカードには大きく分けて2つの種類が存在しており、それぞれで引き落しの流れがお異なっています。たとえば、プリペイドタイプは公共交通機関が発行している定期券に付帯したチャージ機能のように、あらかじめ一定額をプールして利用する形です。

したがって、仮想通貨を日本円などの法定通貨に換金する必要があり、ひと手間かかってしまう点に注意しなければなりません。一方、もうひとつのウォレットタイプは自身が保有する口座、あるいはオンラインウォレットからダイレクトに引き落しが行われることから、先ほどよりも少ないステップで支払えるでしょう。

国内で利用できるおすすめデビットカード3選

国内 デビットカード おすすめ

ここでは、日本居住者が国内で利用できるおすすめの仮想通貨デビットカードを3つ解説します。いずれも多くのユーザーが活用しているため、ぜひ参考にしてください。

バンドルカード

国内大手の仮想通貨取引所であるCoincheckがバンドルカードと連携したものであり、ビットコイン円建てのチャージ機能が搭載されています。参考までに、バンドルカードは「誰でも作れるVisaプリペイドカード」としてオンラインショッピング用のバーチャルカードにも対応しており、もちろん一般的なリアルカードも発行可能です。

そして、Coincheck口座から指定金額分のビットコインが引き落とされる流れですが、万が一何かしらのエラーが発生した場合には、きちんと返金処理が行われる点も安心材料といえるでしょう。

マネパカード

マネパカードは国内外でプリペイドカードを提供しており、国内仮想通貨取引所であるZaifとも連携しています。したがって、チャージを行うにはZaifの「マネパカード出金&チャージ」という項目から「出金&チャージ金額」を指定した後、国内のマスターカード加盟店にて利用が可能です。

入会金・年会費・管理費などはZaifとマネパカード双方無料と大変低コストなサービスである一方、1日あたりのチャージ金額が10万円に制限されている点に注意してください。

TenXカード

TenXカードは2018年にサービスを停止していますが、過去の実績や運営企業が類似カードを展開する可能性もあるため、ここで触れておきたいと思います。シンガポールの「TenX」というプロジェクトによって運営されているウォレットタイプのデビットカードであり、国内外のVISA加盟店で利用できていました。

支払いにおいては事前にビットコイン・イーサリアム・ダッシュコインなどをチャージしておけば自動引き落としが行われるため、手間なく利用したい方には特に利便性の高いカードといえるでしょう。

海外で利用できるデビットカード3選

海外 デビットカード

次は海外で利用できるデビットカードについて解説します。先ほど触れた通りほとんどの場合国内では利用できませんが、市場全体のシェアは徐々に拡大傾向です。現在検討している方はきちんと把握しておきましょう。

Wirexカード

イギリスで仮想通貨決済に特化したプラットフォームを手掛けるワイレックスは、マスターカードと連携したデビットカードを発行しており、主にヨーロッパで利用されています。そして、Wirexカードは9種類の法定通貨と10種類の仮想通貨に対応しつつ、安価な送金コストや利用額の0.5%がビットコインとして還元される高水準サービスを提供している点が話題となり、ローンチからわずか数時間で1万以上の申し込み件数を獲得しました。

xapoカード

香港のオンラインウォレット企業が提供しているxapoカードは、ビットコインを用いたVISA経由の支払いシステムを搭載しているヨーロッパエリア限定のデビットカードです。2017年以降日本人の利用は制限されていますが、通常のウォレットよりも格段に安全性の高いディープコールドストレージという方法を採用しており、セキュリティにおいてはトップレベルといえるでしょう。

bitpayカード

アメリカの大手仮想通貨関連企業であるBitPayがマスターカードと連携しており、支払いを実行した店舗に対して、利用者の仮想通貨を法定通貨に自動換金した上で送金するスキームを持っています。また、利用の際はあらかじめチャージする手間がありますが、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムに加えて各種ステーブルコインと豊富な銘柄に対応している点は魅力といえるでしょう。

さらに、bitpayカードはアップルペイに追加できる事に加えて、サムスンペイ・グーグルペイといった世界的決済サービスとの提携も見込まれています。

仮想通貨デビットカードの注意点

仮想通貨 デビットカード 注意点

ここからは、仮想通貨デビットカードを利用する上での注意点を確認していきましょう。税制、ATMでの出金といった大切なポイントに触れていくため、ぜひ参考にしてください。

デビットカードの税制

仮想通貨デビットカードにはプリペイドとウォレットタイプが存在しますが、これらはどちらを利用しても確定申告が必要となる可能性があります。具体的に、プリペイドカードはチャージと同時に換金を行うと「通常の仮想通貨取引と同様」に利益を確定したと見なされてしまうのです。

また、ウォレットタイプにおいてはカード利用の際に運営企業が法定通貨へ換金したタイミングで課税されることになります。一方、年間20万円のラインや所得控除による増減次第で不要となるケースもあるため、仮想通貨デビットカードを検討する方は、確定申告の制度も考慮するようにしてください。

キャッシュカード機能

仮想通貨デビットカードの中にはキャッシュカードの機能が搭載されているケースもあるため、盗難被害に遭わないよう最大限取扱いに注意しなければなりません。さらに、ATMで出金を行えば、もちろん利用可能額についても減少してしまう点にも注意しましょう。

まとめ

本記事では仮想通貨デビットカードの概要や注意点、国内外のおすすめについても解説してきました。現在のカードは大きく分けて、プリペイドとウォレットタイプの2種類が存在しており、仮想通貨を法定通貨に換金した後、自動的に企業が決済を行ってくれるかの違いがあります。

また、海外デビットカードに関しては日本居住者が発行できないケースがほとんどであり、ヨーロッパエリアでしか対応していない可能性もあるのです。そのため、現在仮想通貨デビットカードに興味を持っている方は、それらの特徴や税制などにも注意しながら選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Close